11月≪  2019年12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫01月
    いけばな

    2011'07.21 (木)

    はす 花展の花 制作過程

    はすの自由花(拙作)の制作過程を公開します。
    こういうのは普段、あまりひと様にお見せすることはありません。
    花展で、自分の最高の完成作品を見ていただくのが、本来のあり方ですからね。
    でも前にも書きましたが、2年間の試行錯誤の中で、考えすぎちゃった結果、
    花展当日の作品が、完成度の一番高い状態とは、私には思えないのです。
    他になりわいを持っていて、いけばなに集中できる時間の制約も相当あったので、
    仕方ないと言えば仕方ない。とは言え、あ~修行不足、トホホ。
    だからそれを補うためにも、今、皆さんに、いっしょに見ていただくことで、
    私は勉強し直そうと思います。

    1①これが最初の素案です。
     古いものから順に並べてあります。
     写真をクリックすると少し大きくなります。
     ガラスの中に「白い人」が入っているのがわかりますか?

    2②それから少し考えて、縦長になりました。
     花展会場の席の割当サイズは、縦横だけ決まっていますが、
     上は天井まで使ってよいのです。
     「大きいほうが目立つ」という打算が働いたのかも…?
     ここまでは自宅での試行錯誤です。

    3③これは稽古場での練習です。
     襖の模様が映って綺麗でしょう?
     私が一番気に入っているのはこれ。
     先生が後でじっと見ていたので、
     気持ちが引き締まって
     緊張感のある作品に
     なっていると思います。
     この作品を作っているとき、
     私の頭の中にあったイメージは
     「夢見る蓮」でした。
     小さなかわいい蓮のつぼみが
     水面下で、明日大きな花を咲かせる
     夢を見ている。
     うしろの大きな花は、
     手前の小さいつぼみが見てる夢、希望の現れなのです。
     だから、本当は開花が欲しかったのだけど、
     花展の前の週に台風が来て、蛇池があんな事になってしまい…。
     7月15日の記事 ロータス タイフーン

    4④ところが、残念なことに、「夢見る蓮」の意図は、
     先生に上手く伝わりませんでした。
     「つぼみが水没していると、花がおぼれているように見える。」
     と指摘され、水面より上に出すように指導がありました。がっかり。
     これは花展1ヶ月前のリハーサル。

    15⑤本番は、なんだか面白みのない作品になってしまいましたね。
     でも、制作過程を通して、蓮の扱い方に慣れて、2日間ちゃんと
     きれいに咲いていましたから、それだけでも良かったのかな?
     花展は私ひとりのものではないので、
     先生にはきっと深いお考えがあったのでしょう。

    16⑥これは横から見たところです。
     大きなつぼみは、水の中ではなく、外にあります。
     ガラスの花器の水レンズを通して、
     花が、より巨大に見えるようになっているのです。
     ①の素案の「白い人」も同様のトリックですよ。

    蓮づくしは今日で終りです。ご覧いただきありがとうございました。
    ハス関連の記事を全部見るには、ここをクリックしてください
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)自由花  (花器)ガラス (花留)剣山 (花材)ハス 


    20:20  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    蓮の花、意外と小さかったんですね。
    トリックも考えて・・・
    私、水の中の蓮が好きかな・・・
    水中花みたいで・・・

    でも、先生には逆らえませんが、
    人それぞれ好みが有りますよね。
    そんな風に感じました。
    太巻きおばば   
     2011年07月22日(金) 01:47 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    やっぱりそう思われますか?うれしいですv-344
    小さいつぼみが、水中にあっても、自然ですよね~。

    先生がそう思わなかったのは、きっと何か理由があるのでしょうね。
    ずっとそばにいるのに、それを理解できなかった私は、まだ修行が浅いのでしょうか。
    私は将来、先生のような仙人になりたいので、がんばります。
    ただ、先生もたまには、変な時もありますよ。それがやっと飲み込めて来たこのごろです。
    矛盾してる?えへへv-8
    おはな   
     2011年07月22日(金) 14:46 | URL | コメント編集

    ★蓮

    生け花大好きさんはじめまして!
    蓮をいけばな展に・・・ぉお大挑戦ですね、
    水揚げ難しくつい避けてしまいます、

    水揚げ、茎からしっかり入れても
    半日でしぼしぼ、、、、涙、
    巻葉と、鐘木葉は昨年はずいぶん長持ちました、
    とびきりの秘伝あるの?
     
    明日、蓮一色生けますよ、
    朝五時に蓮田に、わくわくしてます。
    雪月花   
     2011年07月24日(日) 11:59 | URL | コメント編集

    ★雪月花さんへ

    雪月花さん、ようこそおいでくださいました。
    いけばな大好き!のお仲間が増えてうれしいです。

    > とびきりの秘伝あるの?

    ハ~イ、秘伝ありますよ!!!仙人から伝授された秘策がいくつか。
    でも、雪月花さんが先生に教わったことと、たぶんいっしょかな?
    教わった知識は、実体験して始めて身につくので、
    明日、いっぱい蓮と戯れてきてくださいね!
    蓮一色、楽しみですね!
    ぜひ雪月花さんのブログに載せてください。
    拝見させていただきますe-266
    おはな   
     2011年07月24日(日) 19:53 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |