08月≪  2019年09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫10月
    昔がたり-読みきり

    2011'07.08 (金)

    クチナシは夕暮れに香る

    近所のクチナシ蒸し暑い夕暮れのこと。
    ふと濃厚なクチナシの香りが漂ってきた。
    パソコン作業の手を止め、窓の外に目をやると、
    白い花が、ぼうっと光って遠く浮かび上がって見えた。
    逢魔刻(おうまがとき)の薄闇に、
    まるで何かを誘っているかのように。
    M先生の家は3軒向こうにある。

    M先生は「立派な教育者」と皆に言われていた。
    40年前に新築のここへ引っ越して来て、
    10年経って妻が心臓病で亡くなり、
    5人の娘が、
    少し年の離れた末の息子の面倒を見て育てあげた。
    娘たちは、みんな一流大学を出て、
    そしてそれぞれ立派な家に嫁いで行った。
    しかし末の息子にはなかなか嫁が来なかった。
    あの時代。車のセールスマンをしていて帰宅はいつも夜中だから、
    出会いのチャンスが少ない環境だったのかもしれない。
    父と息子、男ふたりの生活が、長くなった。

    時が経ち、何度かのお見合いの末やっと、息子に立派な嫁がやってきた。
    音楽大学を出てピアノの先生をしている、若くて美しい、ほっそりした女性だった。
    嫁入り道具のトラックも、たいへんな数で、
    誰よりも、この結婚を喜んでいたのは、M先生だった。
    幸せが、始まるはずであった。

    嫁の様子がおかしくなったのは、1年後くらいだったか。
    顔色が。ものごしが。
    おどおどと、まなざしが空を泳ぐ。
    もとより線の細いからだが、消えてなくなるほど細くなっていった。
    おめでたい話も無いまま、3年。そして彼女は去っていった。

    M先生は世間が認める「立派な教育者」だ。
    家の中で、何が起きたのか、誰も知らない。
    その頃のクチナシの木は、背丈ほどの大木であった。
    むせるほど、たくさんの花が咲き誇っていた。

    5年たって、M家に次の嫁が来た。
    今度の人は、体格も良く、見るからにパワフルな女性だった。
    ほどなく近所の家の嫁たちとグループを結成し、
    どこかの誰かの悪口を大きな声で楽しく言い合っていた。
    品は悪いが、とにかく元気な人であった。
    半年で、子どもも生まれて、M家はにぎやかになった。

    その頃から、M先生のシャツとパンツとステテコが、
    2階のベランダの物干場に、毎日ひと組だけ、ぶら下がるようになった。
    息子夫婦の洗濯物とは、別の場所、別の時間に。
    M先生が、晩のおかずを買いにスーパーへ、独りでスクーターにまたがって行くのを、
    近所の人たちは黙って見送った。

    M先生は世間が認める「立派な教育者」だ。
    家の中で、何が起きていたのか、誰も知らない。
    冷夏で米不足が起きた年、クチナシの木は、上半分が枯れた。

    3番目の子どもが生まれると、息子夫婦は新居を建てて出て行った。
    M先生は、一人、古家に取り残された。
    クチナシと、M先生はだんだん小さくなっていった。
    相変わらず、一人分のおかずを買いに、スクーターで出かけて、
    相変わらず、シャツとパンツとステテコが2階のベランダに、はためいていた。

    雨不足の猛暑の夏、M先生は嫁いだ長女の家に引き取られ、
    その後、5人の娘の嫁ぎ先を転々とした後、
    老人ホームへ入所し、1年後に心臓発作で亡くなった。
    ホームにおいても、お年寄り仲間に「先生」と呼ばれて、尊敬されたそうだ。
    98歳の大往生であった。

    家はその後、永く無人となっていた。
    クチナシは、花を咲かせることも、香りを発することも無かった。
    私は、木は枯れたのだと思っていた。
    家は人手に渡り、ほとんどの庭木が切られて中古住宅として売りに出された。

    そして今年、忘れ去られたクチナシの切り株から、白い花が咲いたのだ。
    家は新しい住人を欲している。
    お盆が近い。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:15  |  コメント(9)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    ★ご心配をおかけしました

    おかげさまで、母も私も小康状態になりました。
    ご心配くださった皆様、本当にありがとうございました。e-465
    応援もたくさんいただいて、感謝、感謝です!e-466
    おはな   
     2011年07月08日(金) 23:36 | URL | コメント編集

    ★小説?

    おはなさん、凄い、すごい!
    これ実話ですか、それとも創作?
    エスプリの効いたショートショートですよ。

    わたしはクチナシって口無しだと長いこと思っていました。
    物言わずとも香りで存在を知らせる、と、、、。

    お身体お大事にね。
    白秋マダム   
     2011年07月09日(土) 01:46 | URL | コメント編集

    ★白秋マダムさんへ

    > 物言わずとも香りで存在を知らせる

    私もそう思います。
    クチナシの香り、とても魅惑的ですよね。
    夏の宵の残熱が見せた幻のような…白い花。

    励ましを、ほんとうにありがとうございました。e-466
    おはな   
     2011年07月09日(土) 20:20 | URL | コメント編集

    ★お歌を思い出しました

    はじめまして、ブログ拝見させていただいています。

    くちなし、大好きなお花です。
    甘い香りと小さい白いお花。
    我が家の鉢のくちなしは、まだ咲いてくれません。

    お話を読んで、
    「くちなし」高野喜久雄作詩/高田三郎作曲の
    お歌を思い出しました。素敵な歌なんですよ。

    どうぞ、お身体お大事になさってくださいね。

    nukuisaki   
     2011年07月09日(土) 22:40 | URL | コメント編集

    ★nukuisakiさんへ

    nukuisakiさん、コメントありがとうございます。

    クチナシが人の心を揺さぶるのは、あの甘い香りのせいでしょうか。
    口無しという名前も、とても意味深ですよね。
    子どもの頃、うちの庭に咲いていたクチナシは、クリーム色の一重の花でした。
    あの、香りの甘さが強すぎて、実は、私にはちょっと恐かったのですよ。

    長じてバニラやジャスミンの香りを知り、
    クチナシはかわいいもんだと思うようになりました。

    また是非お越しください。
    おはな   
     2011年07月10日(日) 00:23 | URL | コメント編集

    なんだか悲しいお話ですね。
    M先生、一生懸命子育てもしたと思います。
    でも、老後は寂しかったかも。

    傍から見たら、寂しそうですが、
    くちなしが物語ってるかしら、
    決して寂しくなんか無かったよって・・・
    太巻きおばば   
     2011年07月10日(日) 02:41 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    私の記憶のM先生は、みんなが一目置く、カクシャクとした長老でした。
    あまり、かわいそうなイメージは無かったですねぇ。心の内は分かりませんが。

    今年、クチナシが咲いて、私はなんだかほっとしたような気がしましたよ。
    あぁ、先生、一人でもやっぱりここがいいんだね~、って。あ、ふたりかな??
    おはな   
     2011年07月10日(日) 12:12 | URL | コメント編集

    ★大好きなお花

    クチナシのお話。。
    時間をかけて小説を読んでいるように
    画を想像しながら楽しませてもらいましたあ

    オーストラリアにもクチナシはあるんです!
    どうしてか?香りを嗅いだ途端にホッとしました。。

    全ての家庭に歴史や逸話、、ありますよね。。



    おはなさん、、
    あまり無理をなさらないようにね。。♡
    ぼるんちゃん   
     2011年07月10日(日) 19:27 | URL | コメント編集

    ★ぼるんちゃんへ

    私、やっぱり、無理してるのかな~。

    応援してもらえるのが、すごくうれしくて、張り合いがいいものだから…。
    みんなに見てもらうには、ちゃんと記事更新しなくちゃ、とか。
    ぼるんちゃんみたいにがんばらねば、とか。いろいろ考えちゃうの。
    書き出すと、止まらなくなるのです。今回は、ちょっと長い話になりましたね。

    少し、更新ペースダウンしようかと思ってます。
    どうか見捨てずに、また訪問してくださいね~。

    ところで、
    クチナシ染めって、すてきな黄色ですよ。♡
    子どもの頃は苦手な香りだったのだけど、
    大人になって、いろいろ知ってから、
    クチナシに、愛着を感じるようになりましたよ。
    おはな   
     2011年07月10日(日) 23:01 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |