09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    おいしいもの

    2011'06.29 (水)

    名残の紫陽花

    今日は大学病院の通院日なので、朝のうちに近所を散歩して、
    道に咲いていた花たちの写真です。15分間の散歩でこれだけ見られます。
    あれ?紫色の花が多いですね。(クリックすると大きくなりますよ。)
    紫陽花 紫陽花 紫陽花 山紫陽花

    蛍袋? 矢車草? デルフィニューム? 露草

    紫陽花 紫陽花 近所猫 紫陽花
    6月もあとわずかです。
    7月に入ると紫陽花も色あせてしまいますから、そろそろ見納め。
    (秋になり、緑色になった花も、花材としておもしろいけですどね。)
    そういえば、春先は黄色い花が多い気がします。
    季節ごとに花の色の傾向があるって、なんとなく感じるのは私だけかな。

    紫陽花の水菓子私がOLになった頃、会議にお茶を入れるのは女性の仕事でした。
    季節感たっぷりの和菓子は、喜ばれたものです。
    テーブルの上に、冷たい麦茶と、紫陽花の水菓子。

    難しい議論をした後のおじさまたちが、休憩室に入ってきて、
    お菓子を見て、子どものような歓声をあげます。私もうれしかった。
    暑い中、和菓子店へ歩いていって、一生懸命考えて買ってきたのですから。
    今どきは、そういう仕事はあまり評価されなくなったようですが、
    女性には深夜の残業より、女性の良さを生かした仕事もあるような気がします。

    楽しいとか、うれしいとか、涼しげとか。効率という定規では測れないもの。
    そういう多様な価値観が、不景気で殺伐とした今こそ、大切なんじゃないでしょうか。

    (金曜日、もし雨が降っていたら、今年最後の紫陽花の自由花を載せますね。)
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    18:01  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    こんにちは,いよいよ明日から新任地での勤務となります。
    花は紫陽花から蓮にバトンタッチですね。
    毎回楽しみにみています。場所が変わっても拝見します。
    隊長   
     2011年06月30日(木) 15:13 | URL | コメント編集

    ★隊長さんへ

    そうだ!これから蓮の季節ですね。v-344
    盛夏の燕子花も楽しみましょう。
    夏は楽しみが多いですね!!!

    明日からも、元気にお仕事がんばってください。応援しています!!!
    おはな   
     2011年06月30日(木) 18:19 | URL | コメント編集

    ★職場での女性

    職場によってお茶のサービスはそれぞれでしょうが、女性が女性らしく働くというのには賛成です。
    男性とは根本的に、生理的にも違うのですから頑張りすぎないほうがいいと思うのです。

    負けまいと女性が部下の男性に男っぽい言葉を使う人がいますが、不愉快ですよね。
    毅然と標準語で喋ればいいのです。

    おはなさん、記事を拝見して、気が合うーって感じです。
    白秋マダム   
     2011年06月30日(木) 22:35 | URL | コメント編集

    ★白秋マダムさんへ

    わぁ、うれしいなあv-343
    本当にそうですね。
    男性の真似をするのでは、女性であることがもったいないですよね。
    世の中、女性と男性が半分ずつなのだから、
    お互いのよいところを出し合って、相乗作用で、いい仕事につながればよいと思います。

    実は、母が最初に倒れたのは、
    私が、深夜残業を、毎日命じられていた時期なのです。
    (直接的には、職場の極端な人減らしが原因。
     1998年の男女雇用機会均等法改正の<女性の深夜残業制限の撤廃>を盾にされました。)
    ほとんど家に帰れず、家族にも、たいへんな負担をかけてしまいました。
    私が難病を最初に発症したのも、その頃です。
    あまりの過労に思考力が落ちて、自分の体調の異変に気がつくのが遅れました。
    自分や家族の健康と人生を、もっと大切に考えるべきだったと、痛切に反省しています。

    仕事、育児、介護、…生きること全般が、
    普通の生活のサイクルの中で、無理なくまわっていくような、
    成熟した社会が、早く日本にも来て欲しいと思います。
    おはな   
     2011年07月01日(金) 12:16 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |