11月≪  2019年12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫01月
    いけばな

    2011'06.24 (金)

    「悪女」

    「悪女」と聞いたらどんな想像をしますか?
    妖艶な熟女?キュートな小悪魔?
    いけばなで「悪女」を表現するとしたら、どんな花?どんな花器?

    自由花を生けるとき、既製の花器をめったに使わないと、私は以前に書きました。
    「花展」などは、特にそうです。
    十分な制作時間を与えられ、作品に独自性を求められる場だからです。

    しかし、そうでない場合もあります。
    花器を作る道具も時間もない、「コンテスト」や「研修」のような場面。
    もらった課題に即座に反応して、より良い作品を作るには、
    完成まで強い集中力を保てるかどうかと、
    創造力の源である知識、それを具現化する技術
    をどれだけ自分の中に蓄えているか、が勝負になります。

    自由花「悪女」(拙作)今回の写真は、そういう状況での作品です。
    午前の講義後、各自テーマを設定し、
    午後の実習2時間で制作すること。
    決めたテーマを途中で変更できないように、
    みんなの前で発表してから制作に望む。
    そういう条件で、
    自由花におけるテーマの重要性
    を勉強する、すばらしい機会でした。

    許された制作時間はたいへん短く、
    研修所には売店もありますが、
    花器を製作する十分な資材は置いてないので、
    研修所の花器庫から花器を拝借するのが
    この場合は、現実的です。

    さあ、みなさん、この写真から、
    私が午前中に掲げたテーマを
    推察していただけるでしょうか?
    って、とっくに自分でばらしてますよね
    そう、「悪女」です。

    これから生けるいけばなのテーマは「悪女」。
    午前の講義の最後に、私がこれを発表した時、先生には
    ちょっとしたヒットだったらしく、黒板にでかでかと「悪女」と書かれてしまいました。
    もう、あとからこっそり変更のしようがありません。

    世界三大美女のクレオパトラ、楊貴妃、ヘレネは、同時に三大悪女と言われますが、
    それは、男性を魅了する力で歴史の流れを変えたことが「美人」とされる所以。

    いけばなも、より多くの人の心を魅了するのが大きな目的。
    (もちろん、それがすべてではありませんが)
    人の心をつかんで釘付けにし、作品の前を立ち去りがたくできたなら、
    いけばな作者 冥利に尽きるというものです。

    さて、私の作品は、ちゃんと悪女になったでしょうか?
    わかりません。
    それは、この花を見てくださる、みなさんの感性が決めること。

    この年、私は学院の優秀賞をいただくことができました。
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)自由花 (花器)陶器 (花留)オアシス (花材)アンスリューム (花材)オクラレルカ (花材)ゴールデンスティック (花材)カスミソウ 


    23:48  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    ★悪女?

    とても充実した記事に勉強させられました。
    未知なる分野を垣間見た悦びです。

    この作品で賞をお取りになったのですか?
    素晴らしい!!

    ただ拙い私の鑑賞力では悪女には見えず、上昇志向をもった明るい
    キャリアウーマンを想像しました。
    モダンで清潔感あふれ、はっきりとした色使いに魅せられます。
    角度を変えた写真を拝見したいものです。

    悪にはとてもつもなく強いパワーを持っているという意味もあり、
    その点では有能なキャリアウーマンは悪女でしょうか。
    少なくとも競争相手にとってはそうでしょうね。
    白秋マダム   
     2011年06月25日(土) 10:35 | URL | コメント編集

    ★白秋マダムさんへ

    > 上昇志向をもった明るいキャリアウーマン
    > 有能なキャリアウーマンは(競争相手にとって)悪女

    すてきな見解です!ありがとうございます。
    的のど真ん中を射ていますよ。さすがはマダム!

    私の「悪女」の概念はまさにその方向です。
    抜きん出た能力や魅力を持っていなかったら、悪女には成り得ないと思うのです。
    作品がそれを表現しきれていないのは、私の力不足ですが。
    テーマの選び方としては、成功してますでしょ?

    私が受講していた研修は合計20回で、課題と講師が毎回変わり、
    20回分の合計得点で、たしか、30人に1人くらいに賞が出ました。
    だから、具体的にどの作品が高評価だったのかは、分かりません。

    ですが、信じて疑わないのも、大いなるパワーですよね。
    若くて、体調を壊していなかった頃は、私も悪女を目指していたのかもしれません。
    おはな   
     2011年06月25日(土) 19:44 | URL | コメント編集

    悪女!!曲の詩にも使われるように
    とっても印象深い言葉。。
    悪女としては、、、毒が足りない?笑

    凛としていてかっこいい
    洗練された女性を想像しましたよ!
    でもこの「悪女」というテーマがとっても
    斬新で忘れられないタイトルですよね。
    これはきっと先生も一本取られた!!って感じだったでしょうね。

    いつも優しくて温かいおはなさんの作品とは
    思えないような作品だな~って思いました!
    意外性がまた印象に残るんですけどね!!

    ぼるんちゃん   
     2011年06月27日(月) 19:41 | URL | コメント編集

    ★ぼるんちゃんへ

    このテーマ、ちょっと無謀だったかもしれないですね。e-263
    たぶん、いかにも弱っちい私が「『悪女』の自由花をいけます。」って言ったギャップが、
    先生には受けたんじゃないかな~って想像してるんですけど。
    悪女っぽい人が「『悪女』という作品を作る」って言ったら、いろんな意味で恐いでしょ?

    ところで、クレオパトラも楊貴妃もヘレネも、
    有能で、洗練されたキャリアウーマンだっただろうと、
    私には思えるのですが、いかがでしょうね?
    おはな   
     2011年06月27日(月) 23:55 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |