09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    いけばな

    2011'05.09 (月)

    生花一種生 燕子花

    生花一種生 燕子花(拙作)「いけばな」の記事が、
    みなさまに喜んでいただいているようなので、
    嬉しくなっちゃった。
    調子に乗って、第4弾です。

    と言って選んだのが、また燕子花。
    だって、好きなんだもの♪

    カキツバタは、普通、水辺に生えていますよね。

    我が家のカキツバタも、
    2年前までは、田んぼで育てていたのですが、
    わけあって田んぼは埋められちゃったので、
    カキツバタは少しだけプランターに残しました。
    近所の用水池にも、内緒で少し植えて来ました。
    そうやって、花材として将来使えるように、
    家の周りの大自然のあっちこっちに、
    私の植物をひそかに育てています。

    カキツバタは、普通、池の中に、水に浸かって咲いていますよね。
    でも、この植物が本当は水に浸かりたくないって、知っていました?

    春になり、地下水位が上がってくると、燕子花は雨期の到来を感じ、
    「たいへんだ、早く花を咲かせないと、水没して子孫が残せない」
    と思って、つぼみを伸ばし始めるのだそうです。
    水かさが増えると、たいへんだ、たいへんだ、とどんどん咲く。

    え~本当?
    私も嘘だと思ったの。
    それで、苗を買って使わない田んぼに植えてみたんですよ。

    本当でした。
    常に水をはっていると、嫌がって、2、3年で株全体が陸の方に移動してしまう。
    そして、そのまま陸にしておくと、花が咲かなくなりました。
    やっぱり水は要るんです。でも水が好きなわけではないらしい。
    微妙な花ごころ…。
    花の季節だけ、田んぼに水をたっぷり入れて、他の季節は水を抜いてやるの。
    水位の調整で、1月に珍花(季節はずれに咲く花の事)を咲かせる事もできました。
    逆境にあって花は美しく咲く。本当に驚かされます。
    それを私に教えてくれた仙人も、若い頃、これをやってみたのではないでしょうか…。

    今回の写真は、5年くらい前の研究会での作品です。
    4月27日の記事の写真とはだいぶ趣が違うと思います。
    5月中旬の表現です。
    季節が進むと、もっと妖艶になったり、老練になったり。
    燕子花は四季を通じて生けられる、楽しみの多い花材。
    だから、私は燕子花が大好きです
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体一種生 (伝書)生花別傳 (花器)竹 (花留)花配り (花材)カキツバタ 


    01:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    お花大好き,かきつばた大好き,さすがですね。いけばなの作品が掲載されると,やはりお花の先生としてのコメントとなりみていてうれしくなります。今後も是非,作品を載せて解説して下さい。勉強になります。

    夢を実現する今日の一言
    「他人の喜びを自分の喜びにすれば,人生は喜びで満たされる」
    隊長   
     2011年05月09日(月) 09:00 | URL | コメント編集

    ★隊長さんへ

    まだ先生じゃないのに、偉そうなこと書いちゃった、ちょっと恥ずかしくなりました。
    > 「他人の喜びを自分の喜びにすれば,人生は喜びで満たされる」
    すばらしい言葉ですね。
    ブログで、文章に書くことで、自分がどんなにいけばなが好きか、再認識しました。
    そして、応援いただいて、前へ進む勇気が湧いてきます。本当にありがとうございますe-466
    おはな   
     2011年05月09日(月) 11:56 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |