11月≪  2019年12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫01月
    私のこと

    2015'03.26 (木)

    啓翁桜私は桜の季節に生まれました。
    満開の桜の道を、母は産院に向かったそうです。
    男の子のような産声を上げて 生まれた子は、
    丸々と太って大きく、黒々と髪の濃い、
    でも母にとっては期待外れの女の子でした。
    入口にしがみついて、なかなか病室に
    入ってこようとしない八つ年上の姉。
    鰹の角煮を作って、毎日病室に通って来た父。

    私に、記憶があろうはずが無いその景色を、
    見覚えているような気がするのは、なぜかしら。
    私は桜と、姉と、父が煮る鰹の角煮が大好きです。

    啓翁桜さて、今月初旬の私の教室で、桜をいけました。
    これは啓翁桜と言って、緋寒桜の系統です。
    染井吉野のお花見の季節に先駆けて開花し、
    栽培も比較的容易で、切花に向いている品種です。

    2月に咲く緋寒桜(ヒカンザクラ)
      (河津桜など、濃ピンク系)
    3月に咲く彼岸桜(ヒガンザクラ)
      (染井吉野、枝垂桜など、薄ピンク系)
    4月に咲く山桜・里桜(ヤマザクラ・サトザクラ)
      (大島桜、墨染桜など、白色系)

    池坊の伝花の桜は、通常、山桜・里桜でいけます。
    それはいろいろと決まり事に則っていけなければなりませんが、
    緋寒桜は伝花の扱いをしませんので、あまり難しく考えずにのびのびといけます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    02:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    春が誕生日ですか!!
    桜もお祝いしてくれて。
    人には色々な思いでもありますね。

    ユーアイネットショップうちまる   
     2015年03月26日(木) 06:12 | URL | コメント編集

    ★うちまるさんへ

    さまざまの こと思ひ出す 桜かな
    ですね。
    思えば遠くへ来たもんだ
    でもありますよ。
    おはな   
     2015年03月26日(木) 12:33 | URL | コメント編集

    さくらの季節のお誕生、なんかとってもロマンを感じますね。
    日本人程さくらを愛する人種はいないと思います。

    さくらを活ける。  
    いいですね〜!  羨ましい限りです。





    きりか   
     2015年03月30日(月) 13:57 | URL | コメント編集

    ★きりかさんへ

    伝書の桜の生け方ってとっても難しいのですが、
    緋寒桜は必ずしも伝花の扱いをしなくて良いって、知ってました?
    初心者向けに教室で教えるにあたり、もう一度しっかり復習しました。
    生徒を持つのは自分の勉強になります。
    おはな   
     2015年03月31日(火) 01:22 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |