11月≪  2018年12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫01月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    私のこと

    2015'03.10 (火)

    三寒四温

    生花正風体二種生 桃と菜花まだ四寒三温くらい?
    少し暖かくなって気が緩んだところへ、
    この寒さが身に沁みますねぇ。
    爆弾低気圧の強風で
    一晩中家鳴りがして、夕べは寝不足しました。

    お稽古は、順調です。
    ひな祭りの前は、
    桃と菜花の生花正風体二種生を生けました。
    ピンクと黄色が春らくて可愛い配色でしょう?
    写真は私の作品ですが、
    材料の向こうに生徒の手が写ってます。
    彼女はとっても筋の良い人で、
    1本1本一生懸命考えながら生けています。
    きっと上手くなりますよ。探求心のある人は、
    道の付く日本文化に向いています。
    私は本当に人に恵まれているんですよ。生花正風体二種生 桃と菜花

    私は前日に、花屋さんに花材を取りに行ったり、
    教える手順を考えたり、資料をプリントしたり、
    そんな時間がとても楽しく、自分の勉強にもなります。
    できればずっとこうして
    楽しくお花に触れていたいと思います、神様。

    実は。迷っています。頚椎症の手術。
    肩や手がとても痛く、ブロック注射は効かないし、
    11月よりだんだん悪くなっているような。
    そろそろ結論を出さなければならないようです。

    でも 怖い。
    経験をお持ちの方がおられたら、教えてください、手術して良かったですか?
    お医者さんが無口なので、どう考えればよいのか分からず、とても悩んでいます。
    インターネットには情報はあふれているけれど、よけい混乱します。
    お花をまたすぐに、そしてこれからもずっと、いけられるようになるのかしら。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    22:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    手術をするとロスが大きいし、
    悩むところですが、かなり、悪い状態。

    予約しても診察に数年はかかるような
    有名な整骨院の先生だとまた判断違うのでしょうが。。
    ユーアイネットショップうちまる   
     2015年03月11日(水) 06:05 | URL | コメント編集

    ★こんばんは。

    四温より三寒多く思へぬか(南亭)

    ・・・・・・(汗

    年々気候がおかしくなってきましたね。
    そのうち日本も冬と夏だけになってしまいそうです。

    それはそうとして、
    良い生徒さんに恵まれましたね^^!
    良き師、良き教え子に巡り合えることは、
    なによりも幸せなことだと思います。

    これは企業にいても同じことですが、
    企業は上司を選べないし部下も選べないのです。
    ですから両方に恵まれた社員はよほどの幸運といえるでしょうね。

    順調な、おはなクラブ・・・

    でもまだ頸椎症の手術で迷っておられるのですね。
    お辛い決断、お察しします。

    実は私のブロ友さんにも
    同じ症状を抱えている方がいます。
    何度も主治医を替えて今は薬で抑えているそうです。

    ほんとうはその方を紹介しようかと思ったのですが、
    頸椎症の原因は人様々だと思いますので、
    こんなのはどうでしょうか。

    「ブログ 頸椎症」で検索してみてください。
    頸椎症で悩む多くの方々が書き込んでおられます。

    少しでもお役に立てれば・・・


    NANTEI   
     2015年03月11日(水) 19:53 | URL | コメント編集

    ★うちまるさんへ

    田舎住まいなので選べるほど病院が無いのです。
    難病、体力、交通事情、情報の量と質、色々な制約の中で、
    最善の道を探り当てるのは、自分一人ではたいへんです。
    おはな   
     2015年03月14日(土) 15:36 | URL | コメント編集

    ★NANTEIさんへ

    花は、今は、
    私の技術云々より、相手(生徒)の意欲に火を付ける方法を模索しています。
    上手く火がついた時に、私の左手が、充分に教えられる手でいたいと思うのです。

    でも、
    私にはどんな治療方法の選択肢があるのか、
    お医者さんが無口なので、よく見えないのですよ。
    先生は、大病院で手術していた腕は良いのですけど。
    開業して経営の方に力が行っちゃったのかしら。

    私の人生と価値観を眺望して助言してくれる友人が必要です。
    できればそういうお医者さんがいたら良いのですが。

    昨日のNHK特報首都圏で、
    癌患者が医師のおざなりの対応に信を置けず、
    インターネットなどの奇をてらった医療情報に惑わされて、
    治療の時期を逸してしまう、そういう人が結構いる と放送していました。
    http://www.nhk.or.jp/tokuho/program/150313.html

    癌に限らず、どんな治療方法を選ぶかは、本人が決めるべきことですよね。
    その後の人生にかかわることですから。そして正しい判断のためには、
    本人の病状や程度と、選択できる治療方法と、それに伴う将来像と、先生の意見を、
    わかるように説明して聞かせる努力は、医師の最低限のつとめではないでしょうか。
    医師のための医療ではなくて、患者のための医療のはずですから。

    こうして書いていると、自分の頭が少し整理されてくるので助かります。
    いつもありがとうございます。
    おはな   
     2015年03月14日(土) 15:36 | URL | コメント編集

    風邪を引いたのがかれこれ1ヶ月程前で、どうやら拗らせたようです。
    未だに咳と夕刻に発生する熱に悩まされています。

    頚椎症の手術をされるか悩んでいるようですが、これは大きな決断ですね。
    実は私は関節リュウマチにサンディエゴに来てからなりました。
    体中の関節をぐるぐる回りながら炎症を起こし、ひいては骨が変形していくというこれも難病の一つのようです。  
    原因が未だに究明されていない為に完治もしないとされています。 
    でも今は治療薬が沢山出てきて一時的に痛みを抑え、早い時期に投与すれば関節の変形までに至る事は防げるようです。
    私が診断された頃はまだそんな薬はなかったので、自分にあった薬に巡り会うまで
    結構時間がかかり、数カ所の関節が侵されて元には戻らない状態です。

    そんな中、足指関節がひどくなってきて歩行に支障をきたすようになり、手術を
    勧められました。 とりあえず左足全ての指を手術したのですが、これが失敗。
    3年後位に他の先生をみつけ、試しにと右足を手術しました。 
    術方式も最初と違い、術後関節が曲がるようにできたのです。
    喜んで、最初にした左足もその先生にお願いしましたが、これは2度目なので
    同じ方式はもう使えません。 
    そんなこんなで、3度の足の手術をしたあと、結果は本当に10年後とおそ〜くなってから徐々に現れてきました。
    神経を損傷していると思うのですが、しびれ感は常にあり、正座はできなくなりました。 歩行に苦労するため靴選びが本当に大変です。

    別におはなさんを怖がらせるわけではありませんが、人体にメスを入れるという事は必ず何らかの損傷が併発するものだと実感したのです。
    おはなさんの頚椎症とはもっと大変な難病だと思います。
    もし手術をされると考えておられるなら、主治医の選択に要注意です。
    そして、10年、20年後の術後経過にどんな影響が考えられるのかしつこい位に
    お話を聞いて納得されてから受けるべきではないでしょうか?

    きりか   
     2015年03月20日(金) 13:10 | URL | コメント編集

    ★きりかさんへ

    日本は今、スギ花粉の最盛期。
    私も目花喉がひどくて、
    ユーカリオイルを焚いて寝ています。
    喉の違和感にユーカリオイルお薦めですよ。

    私の難病は筋痛性脳脊髄炎(ME)と言います。
    (頚椎症は難病ではありません。)
    身体の痛み、関節の炎症、免疫力の低下、疲労感が主症状の病気です。
    未解明な病気ですが、自己免疫疾患系統で、
    膠原病やリウマチにも近いとされています。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%A2%E6%80%A7%E7%96%B2%E5%8A%B4%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

    西洋医学でまだ未解明の病気なので、
    東洋医学の対症療法でやり過ごしている、とういう状態です。

    免疫異常は身体のあらゆる場所で悪さをします。
    それに人間は心も体も含めて、全身で一個の人間です。
    もしかしたら頚椎症も無関係ではないのかもしれませんね。
    でも今の日本のお医者さんにはゼネラリストがあまりいませんから、
    それとこれを結び付けて対処してくれる人・機関が無いのです。

    筋痛性脳脊髄炎は、まだ日本の厚労省には認可されてない病気です。
    (アメリカ、カナダ、ヨーロッパではとっくに認可されていますが。)
    なので正式にはこの病名では健康保険も使えません。
    さらに、認可されていない病気は、日本の医大では教えませんから、
    一般的なお医者さんはこの病気の存在さえ知りません。
    知らない病名を持ち出されるとお医者さんはプライドが傷つく。
    だからこの病名を言うとあからさまに診療拒否されることも多いです。
    なので、他の病気でお医者さんにかかるとき、私は難病の事ことは伏せています。

    頚椎症は、治療方法があるから、まだ良いんですよ。
    ただ、将来の事を見据えて、
    (手術するかどうか)自分の方針がまだ定まらないだけなんです。
    慎重すぎるかもしれませんけど。
    だから体験した人のご意見は貴重です。
    ありがとうございます。

    椎間板ヘルニアの手術をしたときは、若かったので、
    あまり考えなかったんですけどね。
    おはな   
     2015年03月23日(月) 01:56 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。