11月≪  2018年12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫01月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    おいしいもの

    2014'07.06 (日)

    できるだけ幸福でいるために

    ひやむぎ信仰ではなく哲学の話です。

    前回の記事にいただいたコメントで、
    少し考えることがあり、思索の時間を
    過ごしました。雨も降っていましたし。
    (普段使ってない頭だから疲れましたよ。)
    問かけられた趣旨は、
    「同級生にメロンをご馳走になって格差を
     意識してしまった子どもは幸福かどうか」
    私からお返ししたコメントは次の通りです。



    ★○○さんへ
    難しいので少し時間をいただきました。
    答えはNOです。でも今からでもYESにすることが可能かと。

    美味しく食べればメロンも○○さんもお互いに幸福。
    そのためにメロンは自分から○○さんのところへ食べられに来たのです。
    お友達もきっと、美味しく食べて欲しかっただけでしょう。

    お釈迦様は最初は幸福な王子様だったのに、
    頭が良過ぎるから、人生について深く考え込んで不幸になってしまい、
    考えるのをやめるべきだと観じてまた幸福になりました。

      格差なんて、宇宙の気まぐれで起きた事象を、とやかく考えても意味ありません。
      食べるもの・寝るところ・着るものと健康が有れば、あとは大差は無い。
      私は少し鈍いので、格差の概念を理解したのも、ごく最近です。
      さらに都合の良いことに、物忘れも早いです。

    そもそも物事の価値には絶対が無いのです。
    喉の乾いた姫君には、わらしべ長者の持っていた蜜柑が値千金であったように。
    そのメロンは誰に食べられたかったでしょうか。 メロンにとって、
    強く欲している人のところへ届くことが、より価値のある結果だと思いませんか?
    だからメロンは喜んで○○さんのところへ食べられに来たのです。

    私の考え方です。失礼いたしました。




    コメントは簡潔に書くためかなり端折っています。
    本意を酌んでいただけたかどうか少し不安です。
    会ってお話しすれば早いのでしょうが、できないので。

    学生時代、私の好きなのは哲学と心理学と古典文学と化学でした。
    (いけばなには、どれもとても役に立ちますが、
     社会人としては役に立たないものばかりですよね。(笑))
    哲学の授業で、思想家1人を研究して、
    夏休み明けに1時間のレクチャーをするという課題がありました。
    抽選でブッダが当たって、頭を抱えてしまいましたが、
    今思うと、本当に良い勉強をした夏でした。

      2年前、僧侶の対談をテレビでみました。
      「あの角を曲がると漆の木が生えている、
      と聞くと人は、その曲がり角に近づくほど肌が痒くなる。
      それほど人間は精神の生き物です。」と話していました。
      故に、放射能のような見えない恐怖を克服するのは尚のこと、と。
      それを聞いて、私、とても楽になりましたよ、怖いのは当たり前なんですもの。
      放射能は誰だって怖い。理屈こねて平気なふりをしている人の方が絶対、変。

    五蘊はすべて空であると観ずるまでに、
    お釈迦様でさえ、どれほどの思索が必要だったでしょう。
    ましてや、凡人の私たちに(ゴメンナサイ)、
    自分より美味しいものを食べている他人を羨ましがらないなんて、
    めったにできる芸当ではありません。それで良いんです。
    自分の中に沸き起こった心の波が、
    でも実は自分が勝手に決めている相対評価の結果であって、
    波自体は実体のないものだと気付けば、気が楽にはなりませんか?
    仏教哲学はけっこう役に立つ道具ですよ。

    「格差」も「放射能」も実体がありますが、
    そういう世界で、自分ができるだけ幸福でいるためのひとつの方法です。
    一番美味しいタイミングで食べて、メロンを幸せにしてあげること。
    私の考え方です。失礼いたしました。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    グッと心の中に浸み込むようなコメント。
    読んでとても感動です。
    ユーアイネットショップうちまる   
     2014年07月07日(月) 06:00 | URL | コメント編集

    ★うちまるさんへ

    自分に実践できないことを書いています。
    お恥ずかしい屁理屈です。
    おはな   
     2014年07月07日(月) 17:48 | URL | コメント編集

    ★管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
       
     2014年07月07日(月) 18:41 |  | コメント編集

    ★鍵コメさんへ

    たいへんな苦労をされたんですね。

    私は自分にできないことを書いています。
    経験は鍵コメさんがはるかに先輩ですから、
    私の書いたことは全部、屁理屈。

    私は今、良い生け花の先生になろうとしているので、
    埃の積もった古い書庫を叩いて、使えそうな屁理屈をかき集めているところです。
    できないことを、さも知ったように言うのが先生ですから(笑)。

    YESとNOで答えよなんて言うから、問答の真似事をしてみたくなりました。
    理屈、学問、議論は道具であって、目的ではありません。
    目的は、より幸福でいることです。
    生きている間しかできませんから。がんばりましょうね!

    ありがとうございました。
    おはな   
     2014年07月09日(水) 00:30 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。