09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    私のこと

    2014'03.20 (木)

    髪を染めること

    赤芽柳の花赤芽柳の花がきれいに咲いています。
    このところずっと体調がよくないので、
    せめて気の晴れることをしたいと思いました。
    それで意を決して髪を染めようと思います。

    おはなは、ひどいアレルギーです。
    髪染めのジアミンとパラベンがいけません。
    でも、それらが入っていない髪染めは皆無。
    髪を染めるには相当の覚悟が要ります。

    若いころ、初めて白髪が生えたとき、
    その数本がどうしても許せなくて(笑)
    髪を黒く染めようと思いました。
    ところが、行きつけの美容院で
    腕にパッチテストをしてもらったら、ものの見事に腫れました。それで美容師さんが、
    「少しだけ生えてると白髪に見える。メッシュにしてしまえば、おしゃれに見える。」
    と言って、部分的に脱色してくれたのです。
    きれいな金髪のメッシュが小さく5か所に入って、素敵になりました。
    しかし当時は堅い職業柄、上司に強く叱られて、早々に髪を切ってしまいました。
    それ以来、おはなの髪色は自然のままです。

    現在は自由の身。今の私にとって大切なものは、家族と、生け花です。
    所作の美しさを求める茶道と違い、生け花は造形芸術ですから、
    作品が美しければ良いのであって、作者が美しい必要はありません。
    家族はもちろん、髪が黒くて白くてもおはなを愛してくれます。
    しかし毎朝鏡を見るとため息が出るのです。これは精神衛生によろしくない!!

    昔、髪染め剤のコマーシャルで、こんなのがありましたっけ。
    「白髪が醜いのではなくて、白髪対策を何もしようとしないその怠慢が醜い。」
    と、ソファーでくつろいでいる父親に子どもが言うのです。辛辣。
    (ほんとうは健康上の理由であっても、それを知らない多くの人に)
    だらしない人間とみなされるのは悲しいことです。


    そういうわけで、意を決して髪を染めようと思います。

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    昨日のヤフーニュースではまた黒髪が若い女性の間で
    復活してるとか。
    理由はAKBです。

    ユーアイネットショップうちまる   
     2014年03月21日(金) 08:09 | URL | コメント編集

    ★はじめまして

    初めてコメントさせていただきます。

    私は天然100%のヘナで染めています。
    化学成分はなしですが、植物アレルギーの方には向かないかもしれませんね。
    白髪でもきれいにカットしてブローされているとか、カチューシャやバレッタでおしゃれしている方は素敵だなと思うし、将来は真っ白な白髪のおばあさんになりたいです。
    ビタースイート   
     2014年03月21日(金) 09:22 | URL | コメント編集

    ★うちまるさんへ

    おはなの髪は、もともと真っ黒クロスケなんですよ。
    そこへ真っ白いものが混ざると、とても目立つんですよね。ヤダヤダ。
    おはな   
     2014年03月21日(金) 18:33 | URL | コメント編集

    ★ビタースイートさんへ

    ビタースイートさん、来てくださって嬉しいです。いつも拝見しています♡

    私の友達や先輩にも、自然の白髪で素敵な方がいますよ。
    医師の奥さんで、髪染めの害をよく解かっている旦那さんに髪染めを止められている方や、
    芸術で身を立てていて、虚飾に価値を感じない、大人の女性です。
    知性の高い女性は、自信が姿にも表れて美しいです。

    私は、それほど頭がよくないので、流行に流されてしまいます。
    若くてきれいな女性がもてる世の中に、迎合する気持ちを、捨てきれません。
    病気のため髪の状態が年齢相応でないのが悔しいです。
    心が弱いですね。(笑)

    また、自分よりもっと大変な病気をしている方が居られるのは理解していますが、
    それで自分の気持ちを慰めごまかす気にはなりません。
    ビタースイートさんも、そうじゃありません?

    あまり自分本来の価値観をへし折らず、できるところまで頑張って、
    それでもどうしてもだめなときは、大切な家族が理解して支えてくれれば、
    この先も乗り越えられないことは何も無いと、信じたいですね。
    おはな   
     2014年03月21日(金) 18:33 | URL | コメント編集

    ★管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
       
     2014年03月22日(土) 12:58 |  | コメント編集

    ★鍵コメさんへ

    コメントありがとうございます。
    やっぱり同じですね。私もいろいろ考えて、
    考えに考えて(笑)今まで髪を染めるのを諦めていたのです。

    薬局に行って、髪染め剤の箱の裏の成分表示をじっくり見て、
    何時間もいたので、お店の人に笑われてしまいました。
    薬剤師さんも親切に相談に乗ってくれますが、
    一般的な範囲のことしかわからないそうです。

    今の私のように、パラベン、エタノール、メチルアルコールなどの
    アルコール類のアレルギーがあると、ほとんどの化粧品や整髪剤は使えません。
    本当はアレルギーが無い人にとっても決して身体に良い成分ではないのですよ。

    こんな無駄なことで苦しむ人が増えないように、
    アレルギーの人が増えないように祈ってますし、
    みんなの価値観が自然に回帰していくといいですね。
    歳を重ねることや、自然の白髪が、
    温かいまなざしで見られる社会が来るといいな~。
    おはな   
     2014年03月23日(日) 16:59 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |