09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    いけばな

    2014'01.31 (金)

    近くで見ても遠くで見ても美しい人

    バラの立花新風体生け花の記事を最近書いていないので、
    1月の最後はこれでしめましょう。
    古い写真ですみませんが、
    京都のいけ花研修所での実技作品で、
    立花新風体という形式です。

    本来の研修期日は秋だったのですが、
    その時は仕事の都合で出席できず、
    クラス変更申請して冬に受講しました。
    まわりにクラスメートがいない、
    とても心細い状況でした。
    幸い、担当教授がとても気さくな方だったので、(その後何度かお会いしています→
    おかげで明るい新風体を生けられたのではないかな~と思います。
    「緊張感と春の予感を感じる」と評価をいただきました。嬉しかったです。

    バラの立花新風体人間ですから、いけるときの気分は
    作品にとても影響します。
    それは作品を見る人にも言えることですね。
    楽しいことがあった人には、花は微笑んで見え、
    悲しいことがあった人には、
    花が泣いているように見えるでしょう。

    ところで、その時人は、
    花をどの位置から見ているでしょうか。
    1枚目の写真は、
    あえてアングルを近く、狭くしました。
    見比べてみてください。


    通常生け花の写真を撮るときは、2枚目のように、全体が写るように撮りますよね。
    床の間の生け花であれば、床縁から50cmくらい離れた畳の上に正座して拝見するもの。
    香りを嗅ぐほど顔を近づけて覗き込むのは、ほんとうは不作法に当たります。
    でも実際の環境では、1枚目のように、近い位置から見ることも多いのではないでしょうか。
    近くで見ても遠くで見ても、枝の重なりや花材の陰影が美しいハーモニーを奏でている、
    そんな花を生けられたら、素晴らしいことと思います。
    そして、
    (物理的視点、精神的視点の両方で)
    近くで見ても遠くで見ても美しい人に、なりたいですね。
    (ちょっと飛躍しすぎかな?)
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)立花新風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)バラ (花材)ヤナギ (花材)サンキライ (花材)ヘリコニア (花材)レースフラワー (花材)パイナップルリーフ 


    23:00  |  コメント(12)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    目線を変えるっていけばなだけでなく、
    他の事でも必要ですよね。
    ブログを読んでいて、ふとそう思いました。

    視野の広い人間にならないと駄目だなぁと反省です。
    太巻きおばば   
     2014年02月01日(土) 04:38 | URL | コメント編集

    花器とのバランス。
    そして、どんな花が生けてるか。
    細かな花ですと、はやり、近づきます。

    でも、バラが中心にあると、
    乙女心がはじけそう。
    ユーアイネットショップうちまる   
     2014年02月01日(土) 06:13 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    おばばさま、お忙しいのにありがとうございます。

    いろんな角度から物事を見ることって、とても大事ですよね。
    個性重視もよいのですけど、偏りのない人間は魅力的です。
    そうありたいと思います。なかなか難しいですけど。
    そう思っているかいないかの差は、きっと大きいと思います。
    おはな   
     2014年02月01日(土) 14:15 | URL | コメント編集

    ★うちまるさんへ

    乙女心♡うふふ。

    近づいて見る、離れて見る、
    何度も何度もそうやって、よく観察しながら生けます。
    その花の一番美しいところを出してあげたいからです。
    その花を見せてあげたい人のことを思い浮かべながら、
    何度も何度も繰り返します。
    おはな   
     2014年02月01日(土) 14:16 | URL | コメント編集

    素敵✿
    赤い実はなんでしょうか?
    まめこ   
     2014年02月01日(土) 16:10 | URL | コメント編集

    ★まめこさんへ

    赤い実はサンキライと言います。クリスマスリースなどにも使いますね。
    記事の下の「いけばな作品タグ」の「(花材)サンキライ」のところをクリックすると
    サンキライを使った私の作品がいくつか出てきますよ。どうぞよろしく♡
    おはな   
     2014年02月01日(土) 19:57 | URL | コメント編集

    おはなさん、こんにちは(*^_^*)
    お正月のアレンジメントでコチラを知りコメントしました。
    おはなさんは難病なのに、とっても素敵なブログで癒されました。
    豊かな心と表現力に私の心も軌道修正デス(^v^)
    実は私も過去、MGという難病等色々自己免疫疾患を経験しています。
    コメント欄に簡単には書ききれない思いが沢山あります。
    どうなる事かと思う日々でしたが、今は大丈夫デス(^v^)
    また、素敵なブログにお邪魔しますね(^^♪
    チェストツリー   
     2014年02月02日(日) 07:30 | URL | コメント編集

    ★チェストツリーさんへ

    そうですか、それはたいへんです。
    神様が薄情で不公平なのは昔から普遍の事。
    そんなこと言ってると短いかもしれない人生が終わっちゃうから、
    あふれる思いは棚上げです。(きっと同じですね。)
    生きているうちに、やりたいことを残らずやりましょうね。
    長いか短いかはそれほど問題ではない、宇宙から見たら大差無いですよ。

    私は一般論や常識的な人生計画を自分に当てはめて考えるのはやめました。
    誰も私にはなれないから誰も私の痛みはわからない。
    そして私のやりたいことは私にしかできません。

    応援していますよ。私も応援されたいです。よろしくお願いしますね。
    おはな   
     2014年02月02日(日) 18:02 | URL | コメント編集

    ★こんばんは。

    なるほど!

    こうして写真で比べると、
    まったく違う見え方になりますね。

    私は、茶の道、華の道には本当に不調法で、
    的外れなコメントしかできませんが、
    いけばなは絵画と彫刻を融合させたような、
    造形芸術だと思うようになりました。

    しかも命あるものの、限られた時間の儚さを愛でるという、
    時の芸術でもあるような気がします。

    なーんちゃって(汗”
    すみません・・・
    NANTEI   
     2014年02月02日(日) 20:01 | URL | コメント編集

    ★NANTEIさんへ

    まさにそうです。
    生け花は、形として後世に残らない、刹那の造形芸術ですよ。
    そこにある生の花とその前に集う生の人が共有する
    時間と空間の凝縮のようなものです。
    日本文化は全般に精神性の強いものですね。

    本来は評価と言う概念ががそぐわないものなのでしょうけど、
    小学生以来、長い間、評価されることに慣らされてきたので、
    作品が褒められるとやっぱり嬉しいです。一生懸命になっちゃいます。
    私はまだまだ仙人になれそうもありませんね。

    NANTEIさんのコメントも欲しくて一生懸命になっちゃいます。(笑)
    おはな   
     2014年02月02日(日) 23:32 | URL | コメント編集

    ★素敵なお話

    今晩は。
    生け花の素敵なお話ありがとうございました。
    いつも語りかけるような優しい言葉で
    ブログを綴っていらっしやる、、、これはお人柄なのですね。
    生け花の奥の深さも覗き見した感じが致しました。

     2014年02月05日(水) 20:53 | URL | コメント編集

    ★ノンビリサンさんへ

    お久しぶりです。
    私の唯一の得意分野が生け花なので、
    花を語りだすと止まらなくなります。
    私の口調は押しつけがましくはないですか?ちょっと不安。
    ブログは顔が見えないから言いたい放題になりますね。(笑)
    おはな   
     2014年02月06日(木) 00:22 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |