04月≪  2020年05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫06月
    土いじり

    2013'03.21 (木)

    三寒四温

    アロエ花粉の季節まっただ中、この暑さには参りました。
    コートに帽子にメガネにマスク。
    この格好じゃ暑くて、庭仕事なんてできやしない。
    そうこうしている内に、山の桜も咲き出して、
    冬仕様のまんまの鉢植えを早く何とかしなきゃ、
    植物たちが温室で、蒸し焼きになってしまう!
    意を決して腕まくり、抗アレルギー薬を2倍飲んで、
    庭の花たちの救助に立ち向かいました。

    薹の立った葉牡丹を軒下から野天へ移動。
    ビニールカバーを引き剥がし水で洗って竿に掛け、
    温室でモヤシになった植物には支柱を立てて縛り、
    斑入りの観葉植物は日陰へ吊るし。
    さあこれで、みんな春仕様になったよ~。

    ナスタチュームところが夕べの雨と風。
    すごい山鳴り。眠れない夜。
    葉牡丹が根元から倒れないかしら。
    ひ弱な植物が風でちぎれないかしら。
    ビニールや竹竿が飛ばされないかしら。
    心配は尽きません。

    すると夕食時に飲んだ薬が消化不良をおこし、
    だんだん胃もたれがひどくなって来ました。
    悶々と夜中の3時を回ったところで睡眠断念。
    ME/CFSという難病を抱えている私の場合、
    睡眠断念ということは、翌日はもう身体が
    動かないから、予定は全部返上ということです。
    夜中にひとり、痛む身体をさすりながら、
    あ~明日は何にも出来ないな~と考えていると
    明るい希望なんて湧いて来るわけがありません。
    (身体の痛みも睡眠障害もアレルギーの悪化も、ME/CFSの症状のひとつです。)

    だから今日はね、
    最悪の状態の身体を引きずって、髪を切りに行ってきましたよ。
    気分転換の特効薬。どうしようもない時の最終手段。
    身体は表現のしようがないほど疲れたけど、どうにか生きてますから大丈夫。
    心配したビニールも竹竿も、父が見つけて拾ってきてくれました。
    ちぎれた植物はあきらめました。倒れた葉牡丹は起こしました。
    生きてさえいれば、どうにかならないものなんて、結局なにもないのです。
    失敗を繰り返して、ゆっくり春がやってきます。
    おやすみなさい。良い夢を。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    眠らないのは辛いですよね。
    私は起きてしまいますが、おはなさんはそうもゆかない。

    何とか良い方向に向かいますように。
    太巻きおばば   
     2013年03月22日(金) 02:45 | URL | コメント編集

    とても、体がきつそうです。
    私たちには分からない病。
    少しでも快適に過ごされること望むばかりです。
    ユーアイネットショップうちまる湯   
     2013年03月22日(金) 06:28 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    ありがとうございます。
    眠れない理由は、その時々でいろいろですが、
    基礎疾患として難病を抱えているので、眠れなくなりやすいのですよ。
    眠れないと、食欲がなくなり、体力が落ちて、気力も落ちて、免疫力も下がります。
    難病のデフレスパイラルです。(笑)
    こういうときは、気力だけでも持ち上げなければ!
    おばばさまのブログを拝見すると元気が出ます。
    おはな   
     2013年03月22日(金) 14:43 | URL | コメント編集

    ★うちまるさんへ

    前回のゲストさんは、うちまるさんですか?
    LLLの方には無縁の世界ですよねぇ。(笑)
    でも季節の変わり目は、元気な人でも
    風邪をひきやすいので、お気をつけてくださいね。
    おはな   
     2013年03月22日(金) 14:44 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |