09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    いけばな

    2013'02.12 (火)

    椿の自由花(支部花展作品)

    椿の自由花春は名のみの風の寒さよ~♪
    というか、まだまだ真冬ですよねぇ。
    おはなは、寒いのが大の苦手。(暑いのもね)
    ですが、小鳥たちは春を感じているらしく、
    やっと咲きはじめた梅の小枝で、
    ちっちっちって、かわいい声で歌っています。
    近辺の山にも、真っ赤な美しいヤブ椿が
    ほろりほろりと、ほころび始めたところです。

    毎年、椿を見ると思い出す、いけばな作品。
    かなり前の、支部花展出瓶作品(拙作)です。
    写真を眺めていると、花材調達や制作の苦労を
    昨日のことのように思い出します。

    だって見てくださいよ、たったこれだけの作品を生けるために、用意した花材は、

    椿の自由花(花材) こ、この量ですよ!

     ツバキ 白 20本
     グロリオーサ 赤 20本
     アナナス 赤 6鉢
     チョコレートコスモス 黒 4鉢




    田舎では、花屋さんに花材の別注をするには、最小単位が20本でしたから。
    師匠は都会にお住まいで、私のその苦労はまったくご存じなくて、
    「ああ、ここに○○の花があるといいね。」と、いとも簡単におっしゃるのです。
    それをがんばって次の稽古までに用意しても、師匠のダメ出し何十回受けたことか。
    で、大枚はたいて用意したその花材は、他の人の作品に流用されちゃうのですよね。
    思い出してもため息が出ちゃうわ。
    それでもなお、ついて行きたいと思う、すてきな師匠だったんですけどね。
    若いときに、没頭できるものがあるのは幸せなことです。

    椿の自由花(おまけ) おまけの写真。
     元気いっぱい、情熱いっぱい。
     いっぱいいっぱい(笑)だった頃を思い出すなぁ。

    【追記】

    過去の出来事は、時間と共に昇華されてゆき、
    過ぎてきた日々は、みんな美しい思い出になります。

    今、私の身体が元気ならね、間違いなく私もそう思うはず。
    でも、治るあてのない難病を抱えてしまい、日々痛い身体を引きずっていると、
    明るく健全で前向きな良い子に、なりきれない日もあるのです。
    あの時あんな事件がなければ、今こんな痛い思いをしていないのに。とかね。
    あ~いかんいかん。忘れたはずのことは思い出すな。

    いつだって一生懸命、最善を尽くしてきたんだよね?
    自分が自分らしくあるために。
    少なくとも私は天に恥じることは何もしていないのだから。
    きっと、
    このブログを読んでくださるみなさんの訪問が、
    私を勇気付けてくれると。甘えさせてください。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)金属 (花留)その他 (花材)ツバキ (花材)アナナス (花材)グロリオーサ (花材)チョコレートコスモス (花材)フトイ 


    23:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    生花、大変ですねぇ。
    こんな沢山の材料を揃えて。

    でも、その甲斐が有って、とても素敵。
    ここまで来ると芸術ですよ。
    素晴らしいです。
    太巻きおばば   
     2013年02月13日(水) 04:08 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    ありがとうございます。
    そうですね、これは花展用の作品なので、
    家に飾る花とはちょっと違いますでしょう?
    50~100作品がずらりと並ぶ花展でどうやって人目を引くか、
    インパクトで目立つか、さりげなさと粋で目立つか、
    会場の場所柄や、天井の高さ、壁の色など
    当日にならないとわからない条件も多々あって、
    また違う意味で、とても勉強になりますよ。
    おはな   
     2013年02月13日(水) 11:46 | URL | コメント編集

    本当にたくさんの花材!!
    その中からおはなさんに選ばれて作品となった白いツバキは
    特別凛として誇らしげに咲いているようです。

    作品の隣の美人はおはなさんですね?!
    ひゅーひゅーーーー♪
    くるみ   
     2013年02月13日(水) 13:04 | URL | コメント編集

    ★くるみさんへ

    椿の白い花びらは、直接手が触れたり、
    息がかかったところから、どんどん黄ばんでしまうのですよ。
    これだけあっても、ベストの状態の花はひとつかふたつです。

    花展は2日間。
    その間、来てくださった方に、純白の椿を見て欲しいから、
    いつでも交換できるように、残りの花材と共に
    私もずっと控え室に控えていました。

    花びらの折れたものはトイレに飾ればよい。
    つぼみの無い枝は神棚に挿せばよい。
    それぞれ生かせる場所はありますが、
    花展作品の花材は別ですね。
    おはな   
     2013年02月13日(水) 16:33 | URL | コメント編集

    遊びにきていただいたのに、気っかないでいました。ごめんなさい。よろしくね。しかし素晴らしいですね。私も好きでよく見に行きますが、お花は、いいな、、、。いつも思っています。また見せてもらいにきます。
    ノーベル賞候補犬メイゴンサン   
     2013年02月13日(水) 20:54 | URL | コメント編集

    ★まあ・・・

    惹きつけられました!!
    花器は何でしょうか?
    現代って感じです。

    どの道にせよ、極める時の大変さは並大抵ではないようですね。

    おはなさんの写真、素敵~~~~~
    想像通り知的な方でした。
    丸顔の私は憧れてしまいます。

    おはなさんの存在こそいろんな方の励ましになっていますよ。
    痛みのある日は頭を空にするのが一番。
    何かに没頭して忘れられればいいですね。
    白秋マダム   
     2013年02月13日(水) 23:19 | URL | コメント編集

    ★サンちゃんへ

    ノーベル賞候補犬のサンちゃん、ようこそお越しくださいました。
    うれしいな~、お待ちしておりましたよ♡
    お花はいいですよね、物言わず癒してくれるから。
    アレンジでも鉢植えでも、植物が置いてあるとほっとします。
    ぜひ、またいらしてください。
    おはな   
     2013年02月14日(木) 17:07 | URL | コメント編集

    ★白秋マダムさんへ

    そこに目をつけてくださったのは、さすがマダム。

    花器はですね、錆びた鉄板です。
    小さな鋳物工場の製造不良品が
    たくさん積んであるところから貰いました。
    マンホールのふたの試作品が破損したものだそうです。
    大きさも形も錆色も、一目ぼれして拾ってきました。
    それを自分で磨いて、花活けに加工しました。

    先生も、これだけは、今でも褒めてくださるんですよ。
    全体が不動明王と大日如来に見えるそうです。

    色即是空。頭は空っぽですが(笑)、
    修行が足らない私は、もがいてばかりでよ。
    おはな   
     2013年02月14日(木) 17:08 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |