09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    家族と生活

    2012'10.19 (金)

    鶴池の弁天様

    弁天様鶴池の弁天様、アヒルがいます。
    色のきれいな鴨もいっぱい来てます。

    名案が浮かばない時は、散歩に限る、
    下手な考え休むに似たりです。
    思いつかないときは考えないで歩きます。

    春雨や 紅一点 弁天の島
         (おはなの母が娘時代によみました)

    あ~でもこれは春の句ですね。
    やっぱり何も思いつかないです。
    こういう時は、私の中の無意識界で
    何かが結実してくれるのを
    ゆっくり待つことにします。

    【追記】

    出口は意外に近いところにあったりするのです。
    それが見えないので、人間は右往左往するのですね。
    昨日は文字通り、家の内外を意味もなくうろうろ歩き回っていました。
    今日は出口の手がかりらしきものが見えたような気がします。
    でも、勘違いかもしれませんが。

    私が探している名案は、いけばなの構想のことです。(10月20日)
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    歩くのって本当に健康的ですよ。
    それに、ハッとする物に出会えたり、
    楽しいと思います。

    現に鶴池のあひるに出会えたでしょ。
    ラッキーですよ、こんな景色を見られたなんて。

    句は私も苦手です。

    太巻きおばば   
     2012年10月20日(土) 05:57 | URL | コメント編集

    時には無になることも必要ですね。
    きっといい考え浮びますよ。
    ユーアイネットショップ店長ウチマル   
     2012年10月20日(土) 06:53 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    そうですね。歩くのってとても気持ちが良いです。
    おばばさまが冬でもよく歩かれるのは、これなんですね。

    ここのアヒルは、私を見ると声をあげて寄ってきます。
    以前パンをあげていたことがあるので、憶えているんです。
    今は持って行かないので、とても申し訳ない気持ちになります。(苦笑)
    おはな   
     2012年10月21日(日) 01:09 | URL | コメント編集

    ★ウチマルさんへ

    観自在菩薩行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄
    悟りまでは行けませんが。(笑)
    おはな   
     2012年10月21日(日) 01:10 | URL | コメント編集

    どうですか、出瓶のほうは・・・
    うろうろと動き廻って、糸口を探っている姿を想像します。

    歩くことはいいことですよ。
    ベートーヴェンも曲の構想を得るためによく散歩しました。
    私が尊敬していたクリエーターの上司は、
    ヒントを探す時はやはり熊のように、
    オフィス内を歩き回っていたものです。

    歩くリズムが脳を活性化するという話はよく聞きます。
    個人差は当然あると思いますが・・・

    こういう鶴池のようないい環境でしたら、
    私なら何周もするのでしょう^^。

    特別何を考えるというわけではありませんが(^_^;)。

    ともかく出口が見えてきたようで、祝着^^!
    NANTEI   
     2012年10月21日(日) 10:46 | URL | コメント編集

    ★NANTEIさんへ

    気がつくと、うろうろ、うろうろ、歩いています。
    本当に熊のように。(笑)
    人が見たら何かと思うでしょうね。
    こんなに濃密に考えている時間は久しぶりなので、
    これはこれで楽しもうと思います。

    創作のヒントは、自分の中からだけじゃなく、
    身近な人から ふと もたらされることもあります。
    おはな   
     2012年10月21日(日) 14:54 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |