09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    芸術科目

    2012'07.27 (金)

    お祭

    山車
    土曜日はお祭りです。9台の山車が出ます。
    7月に入ってからずっと、お囃子の練習の音が集会所から聞こえてました。
    文化財指定されているものが4曲あります。
    四丁目 通りばやし 馬鹿ばやし 雷ばやし(これは残念ながら見つかりませんでした。)

    そのほかにも、9台それぞれに得意の曲目があって、私が一番好きなのはこれ。
    大漁節 赤ん坊のころから耳にしみこんでいるお囃子。
    この曲は実際には、延々と繰り返して10番までやって、最後に早調子で終わります。
    最後の早調子が聞こえてくると、私は胸が高鳴り じっと座っていられなくなります。

    土曜日の午前は、山車がそれぞれの地区の中を
    お囃子を奏でながら回り、花(ご祝儀のこと)を集めます。
    いい音がしないと、花はたくさん付きません。
    午後から9台の山車が合流し、中心街をゆっくりねりながら
    山の上の神社へ男神様を迎えに行き、山の下の女神様の神社で宵待ち。
    なんだかとっても人間臭い神様でしょ?

    日曜日の朝、男神様のお神輿が降りてきて、
    露払いの9台の山車といっしょに鶴池に向かいます。
    昼ごろ鶴池で雨乞いセレモニーをした後、街全体をねり、
    夕方、男神様を神社に送り届けてお祭が終わります。

    これは農村の雨乞い祭です。
    お祭の2日間のうちに必ず雨が降って、参加者はびしょびしょになります。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(10)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    お祭り、良いですね。
    お祭り大好きな私です。
    鐘や太鼓の音が聞こえてきたらジッとしてられません。
    しかも、そちらのお祭りって盛大ですね。
    必ず雨が降る。
    雨乞いセレモニー、効き目抜群ですね。
    太巻きおばば   
     2012年07月28日(土) 02:07 | URL | コメント編集

    ★祭り

    ワタシんちのほうは来週なんですよ^^
    太鼓の練習も今が一番の架橋です。。
    VIA♪   
     2012年07月28日(土) 20:25 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    お祭の音って、スカッとしますよね!
    景気のいいお兄さんたちの喧嘩とか、
    小気味良い太鼓のリズムとか聞いてると、
    嫌な事もリセットされて、ミソギみたいな。
    おまけに頭から雨のシャワーを浴びせられて、きれいさっぱりです。

    外房のお祭は威勢がよいのです。威勢がよすぎて怖いくらい、乱暴です。
    この山車も、わっぱが付いているのに、喧嘩神輿みたいに、もむんですよ。
    岸和田のだんじりみたいに、けが人が出ます。
    おはな   
     2012年07月28日(土) 21:20 | URL | コメント編集

    ★VIA♪ さんへ

    楽しみですね!
    私も参加したいのですけど、
    こちらは、お囃子継承者は地元農家の長男(長女)限定です。
    綱を引く子供と
    ハガチ(山車の担ぎ手)は募集してますが、
    私には到底出来ないから、参加のチャンスがありません。
    でも、お囃子を聞いているだけでも、心浮き立ちますよ♡
    おはな   
     2012年07月28日(土) 21:30 | URL | コメント編集

    その季節になりましたね。

    長唄がお囃子になる珍しい山車祭り・・・
    私は8年間見ていません。

    七軒町の皆さんも、さぞかし浮かれていることでしょうね^^!
    NANTEI   
     2012年07月29日(日) 08:08 | URL | コメント編集

    ★NANTEIさんへ

    かつて征太郎姐さんも三味線抱えて山車に乗っていたそうですよ。
    七軒町の含まれる地区には農家はないので、
    参加資格については割合とオープンです。
    もともと商家は長子相続が厳密ではありませんから。

    お囃子の節回しが いなせでしょう?
    山車もお囃子も全国的には珍しい型だそうですが、
    私はこれで育ったのでこれが標準。(笑)
    京都祇園祭のお囃子を初めて聞いたときはびっくりしました。

    ただ、私が現在住んでいる地区では、大人の女には
    婦人会の炊き出し班以外に参加できる役割がないので、
    お囃子のリズムに血が騒ぐ私としては、ちょっとさみしいです。
    もし笛を教えてもらえるなら♡♡♡
    たとえ炎天下で干物になっても本望なのにな~。
    おはな   
     2012年07月29日(日) 08:09 | URL | コメント編集

    山鉾は各地にありますが、どれもすばらしい物ばかりです。
    ユーアイネットショップ店長ウチマル   
     2012年07月30日(月) 11:19 | URL | コメント編集

    ★ウチマルさんへ

    それぞれの地方で情緒豊かなお祭が発展して、
    ほんとうに豊葦原瑞穂の国は麗しい国ですね。
    おはな   
     2012年07月30日(月) 21:51 | URL | コメント編集

    ★お祭りへ行きたぁい

    おはなさん こんばんは。
    いつも私のブログにご訪問ありがとうございます。

    山車が豪華ですね。
    お囃子も聞いていると、気持ちがいいものです。
    私は、おはなさんと一緒に お祭りへ行きたぁいv-345

    ではまた☆
    かほり   
     2012年07月30日(月) 22:38 | URL | コメント編集

    ★かほりさんへ

    コメントありがとうございます。
    よそのお祭って、変な感じしますでしょう?
    色も音もテンポも、どこかなんか変。
    でもお母さんの炊いたご飯といっしょで、
    なにものにも変えがたい愛着がありますね!
    お母さんの味をほめてもらえるのは嬉しいものです。
    おはな   
     2012年07月31日(火) 16:58 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |