09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    いけばな

    2012'05.30 (水)

    オクラレルカという植物

    生花三種生 オクラレルカ初夏の生花三種生です。
    緑色がきれいなオクラレルカ 
    涼しげな縞フトイ 赤いヘリコニア 
    京都のいけばな研修所での初期の作品。

    午前中の講義で先生は、植物の出生と
    植物の持つイメージの話をされました。
    「大きいものには小さいものを取り合わせ、
     強い木には風の吹くような草を添える。
     何に何をあわせるかに、思いを込める。
     オクラレルカは水の中に生えていると
     普通、皆さん思っているでしょう?
     私がいけばな講師としてアメリカへ行った時、
     ホテルの庭にオクラレルカが生えていました。
     普通の芝生の脇に、水の無いところに
     オクラレルカは生えていました。
     でも、イメージ的には水生植物ですよね。」

    午後の実技のテーマは「思いを込めて三種生を生ける」でした。
    私は、オクラレルカを生けました。できるだけ水面を大きく見せる花器を選び、
    水生イメージの草2種類を取り合わせ、オクラレルカの葉にたっぷり霧を吹きました。
    私が先生の話を忘れちゃったからそんなことをしたのか。
    それとも、オクラレルカは本当は陸物だという先生に対して、
    水物のイメージを貫いてやろうと果敢に挑んだのか。(笑)
    今となってはもう思い出せませんが、
    とにかく、私はオクラレルカを水生感たっぷりに生けあげました。そして先生は
    お手直しの際、「なるほど。完全に水物だね。」とおっしゃって笑いました。

    多くの人が水辺に生えていると思いこんでいるオクラレルカを
    本当に水辺に生えているのように生けて、
    それを見た多くの人が納得できるなら、それはそれで良し。
    先入観や思い込みに基づく表現であっても、(たとえ事実に反していても)
    見る人の腑に落ちて心地良いのなら、ありではないでしょうか。
    いけばなは、そういう世界だと私は考えます。
    植物の命名の由来も、けっこうイメージ先行なのを 前に書きましたよね。
    平成23年6月7日の記事「トルコキキョウの名前の由来」
    理論も感性もどっちも大切、人間は柔らかい生き物だから。

    そういえば、先日テレビで見たのですが、
    震災の復興支援活動をしている東北のお坊さんが、おっしゃってました。
    「『あの角を曲がると漆の木がある。』と言うと、
     聞いた人は、角が近づくにつれ痒くなるんですね。
     実際にかぶれてしまう人もいる。
     それほど人間は、感情の生きものです。
     そういうことを、感情論だと言って切り捨てるべきではない。」

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)生花正風体三種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)オクラレルカ (花材)ヘリコニア (花材)フトイ 


    15:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    ★オクラレルカ

    オクラレルカ
    初めて聞いた名前です。
    オクレルカラじゃないですね^^;
    で、どれですか?フトイすらわからなくて、すみません。

    おはなさんの生けた花 好きです。
    シンプルなのに表情がある。うーん上手くいえないんですけど素敵です。
    まめこ   
     2012年05月30日(水) 20:05 | URL | コメント編集

    生け方で見事に水性植物に。
    美はここまで変化させるのですね。
    ユーアイネットショップ店長ウチマル   
     2012年05月31日(木) 06:27 | URL | コメント編集

    花を通しての、おはなさんの考えはひとつひとつ頷けます。
    きっと雑念を捨てて花に向かう訓練を積み重ねたのでしょう。
    全てに本質を見る目が養われているのだと思います。

    私は、迂闊にも「オクラレルカ」という表題を目にして、
    「贈られません」というおばかな駄洒落を使おうとしていました(恥!

    「人間は感情の生き物!」
    確かに!!
    NANTEI   
     2012年05月31日(木) 23:23 | URL | コメント編集

    ★まめこさんへ

    コメントありがとうございます。
    とってもうれしいです♡
    リコメが遅くなってすみません。

    オクラレルカって、一番背の高い細長い葉っぱです。
    縞フトイは、縞々の棒です。
    ヘリコニアは、赤い細長い花。
    一番前の葉っぱもヘリコニアの葉っぱです。

    どれも生け花ではよく使いますが、
    普通の花屋さんには、あまり売ってないかもしれませんね。
    おはな   
     2012年06月01日(金) 17:53 | URL | コメント編集

    ★ウチマルさんへ

    花屋さんにたくさん並んだ花たちの中で、
    何と何を取り合わせるかが、とても重要なんです。
    そこに作者の意図がギュギュッと込められています。

    いつもコメントありがとうございます!
    おはな   
     2012年06月01日(金) 17:53 | URL | コメント編集

    ★NANTEIさんへ

    私も、最初に聞いたときそれを考えました。(爆笑)

    いけばな作品には、作者の意図がいろんな形で込められています。
    花材の取り合わせに特別な意味を込めたり、形式の微妙な変化で表現したり。
    でも、それが見る人に伝わらなければ、ただの切花。
    造形は、作者と観客のキャッチボールが成立した時、
    初めて成功と言えるのではないでしょうか。
    誰かに対する応援だったり、涼感を楽しんでもらう目的であったり、
    世界平和を訴えたり(笑)、何を伝えたいのかはっきり人にわかるような。
    ものを言ういけばなを生けられるようになりたいと思います。
    おはな   
     2012年06月01日(金) 18:01 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |