09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    いけばな

    2012'03.16 (金)

    お彼岸の花

    石化柳と小菊の生花ぼちぼち、良い季節になりそうですね。
    皆さんお彼岸にはお墓参りをされますか?
    掃除道具とお線香、お供えのおはぎとお花。
    スーパーのチラシでも小菊を中心とした
    500円位の仏花を見かけるようになりました。

    池坊いけばなも、そもそもは
    「仏前の供華(ブツゼンノクゲ)」です。
    聖徳太子の護持仏を、小野妹子が
    出家してお守りしたのが池坊の開祖。
    毎朝お花を手向けてお祈りをしたのです。
    その後、室町時代に他の文化とともに発展し、
    安土桃山時代には座敷飾りとして隆盛を極め、
    江戸時代に様式が整い、現代に続いています。

    「仏前の供華」とは、仏様に供える花のこと。
    仏壇や仏像の前にある、金色の蓮の造花が、仏前の供華です。仏前の供華
    生々流転や大宇宙を表現する形に作られています。
    お彼岸が近づくと、花屋さんの店頭でよく目にする、
    小菊を中心としたミックス花束。あれも仏前の供華用。
    多くの日本仏教では、亡くなった方はみんな尊い仏様になるから
    尊敬の念を込めてお花を差し上げるのが「仏前の供華」です。スーパーの仏花

    だから、ゴムで束ねたままバサッと挿し込んじゃダメですよ。
    ご先祖様のお顔を思い浮かべながら、1本1本丁寧に、
    花立てに挿し入れてください。そして1本は、
    向こうから見て美しいように挿してあげてください。

    私の花の師匠の随想録から引用。
    「農家の方から『仏様に』と菊の花をいただいた。
     ハッと心に深く響いた。
     若い頃、弟子の失敗作を手直ししながら
     『これではお墓の花のようです』
     何気なくそんな表現をした私は、何と軽率であったろうか。」

    このちょっと前に、師匠はお母様を亡くされています。

    仙人のような師匠でさえ、そういう若いときがあったのですから、
    凡人の私が、お墓参りの花にいつも心を込めていた 
    わけがありません。 でも、今は意識しています。
    お彼岸だからただ習慣としてお墓参りするのと、
    具体的な亡き人を偲ぶ大切な日として準備するのとでは、
    同じ花でも、お供えのおはぎでも、意味は天と地ほど違うのです。

    さて、また長くなっちゃったので、手短かにトップのいけばな写真の説明を。
    石化柳(セッカヤナギ)に小菊の生花二種生。
    秋から春まで稽古でよくいける花材です。
    取り合わせとしては初心者向きのものですが、生花別伝の上段流(真流)で
    花留めに配りを使用したので、中級者向けの花形になっています。
    前々回の、猫柳にチューリップの生花より、
    同じ柳でも、ちょっぴり大人びた雰囲気が伝わるでしょうか。
    2月28日の記事「猫柳」
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体二種生 (伝書)生花別傳 (花器)金属 (花留)花配り (花材)ヤナギ (花材)キク 


    01:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    もうすぐお、お彼岸なんですね。
    こちらに居ると忘れます。
    暑さ寒さも彼岸までとは良く言ったもので
    こちらも土曜日は20度まで上がるそう・・

    お墓参り行かなくちゃ・・・
    太巻きおばば   
     2012年03月16日(金) 02:59 | URL | コメント編集

    ★こんにちは!

    >そして1本は、向こうから見て美しいように挿してあげてください

    とても納得です。
    いつもこちら側を向けていました(苦笑)。
    お稽古事は、生活の全てを網羅しているものですね。

    今日はひとつ利口になりました(笑)l。
    ばば   
     2012年03月16日(金) 10:18 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    日本のお彼岸の季節は暑からず寒からず、
    掃除も楽で、よくできてるなぁと思います。

    ドイツの春はきれいでしょう?
    これから楽しみな季節ですね♡
    おはな   
     2012年03月16日(金) 16:01 | URL | コメント編集

    ★ばばさんへ

    > とても納得です。

    それは良かった!嬉しいです。
    花から学ぶことはとても多いですよ。
    おはなクラブが始まったら、
    ぜひ遊びにいらしてください。(笑)
    おはな   
     2012年03月16日(金) 16:05 | URL | コメント編集

    ひとつひとつが、なるほどと思います。
    残念なのは、私がたぶん名伯楽だった祖母の手ほどきを受けられなかったことでしょう。

    「お墓のような花」
    決して言ってはいけない言葉なのですねえ。
    学ばせてもらいました。
    NANTEI   
     2012年03月16日(金) 18:44 | URL | コメント編集

    ほー~!!!またまたお勉強になりました!!
    仏様へのお供えのお花が始まりだったのですね!!
    小さい頃にまずは花入れをピカピカに磨いて
    花束のゴムは必ず外して心を込めて
    お花をお供えするんですよ!と教わっていたけれど
    臭い花入れをお掃除するのも
    蚊の多い所でのゆっくりとした作業も嫌いだったな~。。
    もちろん今では自分の子供に口を酸っぱくして言ってますが。。
    ご先祖のありがたみを感じるのって
    かなり歳を重ねてからですよね~??

    柳がとっても活きてまーす!!
    ステキ♡

    ぼるんちゃん   
     2012年03月16日(金) 19:24 | URL | コメント編集

    ★はじめまして

    私の母も、いけばなをしてました。
    聞いたこともない流派でしたが。
    今は高齢で、病気がちなのでふと昔の母を思い出しました。
    応援ポチです
    削り小僧   
     2012年03月16日(金) 20:28 | URL | コメント編集

    ★こんにちは!

    美しく、粋な生け方ですね。
    花や木々も幸せそうに見えます。
    最近、潤いのある空間がなくなって来ましたが、
    啓発させられます。
    真似して生けてみようかな?
    その昔、ちょとだけ小原流を習ったことがありますが・・・。
    ばばちゃん   
     2012年03月17日(土) 14:02 | URL | コメント編集

    ★NANTEIさんへ

    はい、お墓の花を侮る事なかれですよ。
    そう思ってよく見ると、お墓参りの際も、
    気合の入ったすばらしい作品を見つけることがあります。
    いけた人の、亡き人を想う心の表れなのでしょう。

    すてきなお祖母さまだったでしょうね。
    凛とした着物美人を思い浮かべます。
    お会いしてみたかったです。
    おはな   
     2012年03月17日(土) 15:54 | URL | コメント編集

    ★ぼるんちゃんへ

    あ~、確かに~。私も蚊は苦手です。
    お盆のお墓参りは、暑いし痒いし、たいへんですよね。

    それにしても、お母さまの言葉のすばらしいこと!
    前に拝見した写真でも、良き家庭の良き母
    ってイメージがぴったりの、すてきな女性でしたね。
    見えないものも大切にする優しい心が、
    ぼるんちゃんにも、お子さんたちにも、
    しっかり受け継がれていくのでしょう。
    うらやましいな~。
    おはな   
     2012年03月17日(土) 16:04 | URL | コメント編集

    ★削り小僧さんへ

    ブログ拝見して勉強させていただいてます。
    我が家にも母の嫁入道具の小さい桐タンスがひとつ。
    大して良い品ではないのですけど、
    傷んできたのでどうしたものやらと。
    いつも読み逃げですみません。

    流派は何であれ、いけばなは良いものです。
    お母さまにお花を買って差し上げてください。
    おはな   
     2012年03月17日(土) 16:11 | URL | コメント編集

    ★ばばちゃん(さん)へ

    小原流もすてきですよね!ぜひいけてください♡
    若いときに習ったことは、身体がおぼえているものです。
    これから花のきれいな季節ですから、ぜひ!
    おはな   
     2012年03月17日(土) 16:26 | URL | コメント編集

    六角堂に親鸞聖人が100日参籠し95日目に聖徳太子の夢告をうけたそうです。小野妹子につながる話ですね。素敵な生花ですね。すきがない。間合いがいいです。また次を期待します。
    隊長   
     2012年03月18日(日) 22:32 | URL | コメント編集

    ★隊長さんへ

    ありがとうございます。
    でもね、今から見ると、あちゃーと思うところだらけ。
    書いてる内容も載せてる写真も。
    いけばなを知っている人に見られると冷や汗ですよ。
    師匠に怒られないか不安になってきた…。

    えぇい、ままよ!女は度胸じゃ。(笑)
    おはな   
     2012年03月18日(日) 22:59 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |