09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    おいしいもの

    2012'03.04 (日)

    忘れられないレシピ

    テキスト(家庭の料理)若かりし頃、
    会社の勤務地の、市役所主催の青年講座で
    「家庭の料理」を習いました。週1回、3ヶ月間。
    仕事の帰り道に、7時開始、9時終了。
    残業で出席できない日もありましたが、
    昨今の青年の、酷な勤労状況を見るにつけ、
    あの頃は良かったなあと感慨にふけります。
    ここでは料理の他に、着付けも習いました。
    テキストはガリ版印刷。しみだらけ。
    写真が下手ですみません。




    レシピ(とり肉のレモンあんかけ)この鶏肉のレモンあんかけは絶品です。
    最近は難病のために台所で立っていられる
    時間が短くなったので、手の込んだ料理を
    作るのが厳しくなりました。
    でも、これはがんばる価値があるかも。
    そうだ、近々やってみよう!








    レシピ(かつおのたたき)最終回はかつおのたたきパーティーでした。
    5人で1班、大きなかつおを1本もらって、
    頭を落とすところから、大皿の盛り方、ご飯炊いて
    サイドメニューも作って、食べて、かたすまで。
    2時間はあっという間でした。
    私、切るの全部やらせてもらえましたよ。
    血だらけですごかったけど、嬉しかったな~。
    だから体力さえあれば、私、お魚さばけます!
    今時、あんまり自慢にならないか…。





    先生は、ごく普通のお母さんみたいな、自称料理研究家。
    でも、この先生が言った言葉で忘れられないのが、
    「どんな料理もまず、レシピに忠実に、分量を計量して作りなさい。
     そしてその味を自分の舌が確かにおぼえたら、目分量で臨機応変に作りなさい。」
    すごいですよね、これ。いけばなの修行にも通じるものです。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    01:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    自慢して良いと思います。
    私はお魚もお肉も触るのが嫌。
    でも、そうも云ってられませんが、
    お魚だけはさばけません・・・
    太巻きおばば   
     2012年03月04日(日) 02:20 | URL | コメント編集

    お魚さばけるのは、今も、いや今はもっと自慢ですよ。
    デパートやスーパーで、さばいてもらってる方が増えているそうですから。
    料理は義務感さえなければ楽しいのですが(笑。
    私は去年から訳があって料理を始めたのですが、いまだにレシピ本と首ったけでないと、なにも作れません。
    そりゃそうですよね、何十年と調理してきた方には、敵いっこないのですから・・・
    そうですか、いけばなの修行と同じですか。
    それはたいへんだ!(笑。
    NANTEI   
     2012年03月04日(日) 21:43 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    あはは、そうですね。
    あんまり気持ちの良いものではないですよね。
    おなかが空いてると、秋刀魚を狙ってる猫みたいに、
    気味悪いのも忘れてやっちゃいますが。
    に゛ゃ~っ!!
    でも牛タンのスライスはできません。あ、豚のモツも…。
    おはな   
     2012年03月04日(日) 22:31 | URL | コメント編集

    ★NANTEIさんへ

    あ、いや、一応できるのと、上手いのは別ですよ。(汗)
    今はスーパーでも、ただでさばいてくれますよね。
    やってもらったほうが、上手で無駄が少ないです。
    今時のキッチンは、土間がないから、なかなか…。

    普段は切り身のパックばかり食べてます。
    本当は銚子漁港の近海の小魚が、大好きなのですが、
    (イワシとか、アジとか、平目とか。猫みたい…)
    私は放射能の影響を受けやすい持病を持っているので、
    最近手が出せなくなりました。とても悔しいです。

    > そうですか、いけばなの修行と同じですか。
    > それはたいへんだ!(笑。

    うふふ。なごむな~。
    おはな   
     2012年03月04日(日) 22:49 | URL | コメント編集

    ごめんね~。。
    なかなかコメント残せなくて。。
    でもねちゃんと読み逃げはしていたのよ。。笑
    最後のレシピに忠実に作って。。。
    ここ!!私の駄目な所を見抜かれた~!!!
    私もこれからは
    まずはレシピに忠実に作ります!!ハイ!
    ぼるんちゃん   
     2012年03月06日(火) 18:45 | URL | コメント編集

    ★なつかしい~

    私も半年通いました!青年部の料理教室。
    私の場合は会社の福利厚生でしたけど。
    テキストも手がきのレシピを刷って綴じたもので、
    メニューも似てます。
    タケノコ入り肉だんごの甘酢あんかけとか、
    揚げ魚のあんかけとか、
    なんかあんかけばっかり作っていたよーな気がする。
    あのころは洋裁教室とか、着付け教室とか、
    けっこうありましたよね。
    ちかおばちゃん   
     2012年03月06日(火) 20:32 | URL | コメント編集

    ★ぼるんちゃんへ

    > でもねちゃんと読み逃げはしていたのよ。

    アハハ、了解です。
    いつもありがとうね!
    そんな無理しなくて大丈夫よん。

    ぼるんちゃんは簡単レシピ開発者なのに、
    忠実に作っちゃダメでしょ?(笑)
    おはな   
     2012年03月07日(水) 00:33 | URL | コメント編集

    ★ちかおばちゃん(さん)へ

    あんかけ、流行ってましたよね。
    習いごとも色々。

    あの頃って、今より青年が大事にされていたような気がします。
    自分よりちょっとでも若い者には目をかけるのが当たり前だったし。
    若い者も上司・先輩への礼儀や遠慮が、もう少しできていたし。
    社会人として、大人が大人らしくて、
    かばいあい、許しあいが成立していたような気がします。
    景気のせいだけじゃないような気がするんだけどな~。

    いかん。「昔は良かった」になっちゃった~。えへへ。
    おはな   
     2012年03月07日(水) 00:47 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |