09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    いけばな

    2011'10.26 (水)

    紅葉ねこじゃらし

    エノコロソウの立花(拙作)妖怪ねこむすめ?
    じゃないよ
    紅葉ねこじゃらし

    高架橋の歩道わきの草むらに、
    尾花と、ねこじゃらしが風にゆれて、
    いわし雲の空に光っていました。
    キリンソウも、2、3本なら風情があります。
    キリンソウ=セイタカアワダチソウ=ブタクサ
    私は幸いこの花のアレルギーはありませんが、
    耕作放棄地に見渡す限りまっ黄色に咲いていると
    さすがに息を止めて走り去りたくなります。
    あ、また話がそれました。

    写真は、ねこじゃらし=エノコロソウの立花(拙作)です。
    かつて「現代立華」と言われた分類の生け方です。
    秋深くなるとエノコロソウの葉も、紅葉します。
    写真のように、葉先も黄色くなりますが、
    乾燥してくるくると巻いた葉を、ゆっくりと切らないように広げてご覧なされ。
    軸の部分が真っ赤に紅葉していますよ。
    これをいけばな作品の見せ場として生かすには、それ相当の熟練が要ります。
    あるときこっそり、仙人(私の師匠)が私に、その妙術を見せてくれました。
    私が仙人に惚れ込んじゃった瞬間です。

    いけばなは、瞬間芸術。
    どんなにすばらしく生けても、やがて花がしおれて終了します。
    文学や書画のように、形になって後世に残らないのです。
    生活の中に上手に花を生け、日々の暮らしに生かされてこその、手段としての芸。
    池坊の古文書には、学ぶべき先師のすばらしい作品図が多く残されていますが、
    それとても「作品録」であって、奥行きの無い「図」には
    実物のすばらしさを完全に表現しきれてはいないのです。
    作者の気合を作品の上に生で感じることができるのは、
    生け上げた瞬間、その場に居合わせたラッキーな人だけ。

    それを、毎週体験できるのが、いけばなの稽古です。
    この時代のこの場所に生まれて、この師にめぐり合い、
    近しく教えを請うことは、宇宙の中では奇跡のような出来事なのですよ。
    そんな一期一会を、1週間に1度繰り返す。なんて贅沢なの!?
    あ゛~稽古行きたいな~!行きたい、行きたい、行きたいよ~!!
    難病なんて吹き飛ばして、1日も早く元気にならないとね!!
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)立花正風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)エノコロソウ (花材)リュウカデンドロン (花材)クロトン (花材)ヘリコニア (花材)オクラレルカ (花材)ゲイラックス 


    22:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    セイタカアワダチソウ、こちらでは普通にお花屋さんに並んでます。
    アレルギーを引き起こすってお花屋さんで云ったら、
    「そんな事を云ったら全ての植物にアレルギー反応を起す成分があるよ」
    って云われた事が有ります。
    私はアレルギーは有りませんけどね。
    野の花もこうして生けたら立派ですね。
    太巻きおばば   
     2011年10月27日(木) 17:54 | URL | コメント編集

    行きたい♡気持ちが伝わって来ましたあ~。。
    行って欲しい!1日も早く行って欲しいな~!!

    瞬間芸術か~。。
    今まで思った事も無かった観点で
    う~んって唸ってしまったわ~!
    ほんとだ!ほんとだ!
    すごい芸術だ~☆
    増々生け花の良さをお勉強できました!
    ありがとう♡
    ぼるんちゃん   
     2011年10月27日(木) 20:05 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    私も、セイタカアワダチソウは大丈夫なんですけど、
    ひどい人は、命にかかわるような発作を起すらしいですよ。

    おばば様はやさしいですね。
    アレルギーは、
    なったことが無い人に話してもなかなか理解してもらう事は難しいので、
    私は口に出さずにそ~っと避けるようにしています。
    (お互いに嫌な思いをしないように。)
    なのに、おばば様は、お花屋さんによく言ってくれました。

    私は、少しでもいけないと言われているような草花を、
    お客様が来る日に生けないように気をつけてます。
    家の周りの空き地もまめに草刈して、咲かせないようにしています。
    せっかくうちに来てくれる人を、苦しませたくないから。
    おはな   
     2011年10月27日(木) 20:11 | URL | コメント編集

    ★ぼるんちゃんへ

    恋焦がれているんですよ。
    稽古場の緊張感の漂うあの空間に。
    行けない時って、余計ね。

    なんか、あんまり褒められて照れちゃった。e-446
    うれしいなあ、ありがとう、ぼるんちゃん。
    おはな   
     2011年10月27日(木) 20:17 | URL | コメント編集

    ★偶然ですね

    予約投稿していたのですが記事の写真が似通っているのにびっくり。
    ネコジャラシ、ススキにセイタカアワダチソウ、、、、。
    活け方は雲泥の差があり、先生と同じだなて言って、失礼しました。
    私もアレルギーは問題ないのですが、敏感な方はお気の毒ですよね。

    気候もよくなったし、おはなちゃんの気分もすっきりしますように、、、。
    澄み切った青い空を見ながら深呼吸をしましょう!
    私も近くで同じ空を見ていますよ。
    白秋マダム   
     2011年10月28日(金) 22:23 | URL | コメント編集

    ★白秋マダムさんへ

    そんな…。e-263
    エノコロソウを生けたら、
    マダムにかなう人いませんよ。♡

    > 私も近くで同じ空を見ていますよ。
    うれしいなあ。ありがとうございます。
    マダムとは、(師匠と同じく)
    奇跡のようなめぐり合いです!!

    明日は午前中に更新します。ウフフ。
    ちょっといいところへ行ってきました。
    疲れたので、もう、おやすみなさ~い。
    おはな   
     2011年10月29日(土) 00:45 | URL | コメント編集

    ★管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
       
     2011年10月29日(土) 09:41 |  | コメント編集

    ★鍵コメさんへ

    お祖母様のライフワークは、きっと、
    花や野菜や芸術を愛するおしゃれな鍵さんの、
    身体の一部になっているような気がします。

    私、ときどき自分の口から姉の声が聞こえたりするんですよ。
    私、遅く生まれた子なので、祖父母を一人も知らないのですけど、
    母方の祖母の写真を見ると、私の中に同じものを強く感じます。
    大切にしたいですね。
    おはな   
     2011年10月29日(土) 14:09 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |