09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    土いじり

    2011'10.24 (月)

    あと1週間の恋歌

    アオマツムシこの男。私の寝不足の原因。
    8月下旬から、裏の畑で大声で歌っていました。
    リィ~~~、リィリィリィリィリィ…。
    音はすれども姿は見えず
    ほんにお前は…のような。

    あまりに大きな声で歌っていたので、
    10月に入って涼しくなって、
    夜、窓を閉めて寝るようになるまでは、
    「うるさい男だなあ」
    としか思わなかったのですが。
    2、3日前から、声がかすれて小さくなって、
    「いよいよ土に帰るのか」なんてね
    ちょっとほろりとして、探してみたら。
    なんとまあ。

    梅の木の枝の、比較的高い所です。
    向かい合って雌がとまっているのが、わかります?
    恋人ができたので、こやつはささやいているんですよ!
    今宵は新月。どうぞたっぷり語り合ってください。
    かわいい彼女が見つかって、良かったね。
    人を寝不足にしてまで、鳴きとおしたかいが、あったんだね。

    アオマツムシ
    バッタ目 コオロギ科 マツムシモドキ属 アオマツムシ
    体長25mm
    日本では本州、四国、九州に分布
    明治時代に中国大陸より日本に入り帰化した外来種という説が一般的
    姿は美しいものの、声は非常に大きく情緒が感じられない


    いやあ、どうして、情緒もありますよ~。
    YouTubeアオマツムシの素敵な鳴き声
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    菊は長持ちしますね。
    いつもお水を変えるのを忘れてしまって、
    気が付くとお水が腐ってる・・
    駄目な私です。
    鉢植えを買いました。
    これなら大丈夫。

    日本の秋はコオロギの鳴き声で季節の変わりを知らせてくれますね。
    ドイツでコオロギや蝉の鳴き声を聞いた事が有りません。
    太巻きおばば   
     2011年10月25日(火) 17:46 | URL | コメント編集

    気になると虫の声も眠れなくなりますよね~!
    寝付きの悪い私。。
    虫の声は苦手なんですよね~。。
    どんどん、、どんどん。。気になってしまって。笑

    しかし恋が芽生えていたのを知ると
    急にかわいくなったりしますね!

    見た目はかわいいけれど鳴き声は
    かなりの大音量♪
    このユーチューブに飛んで
    初夏なのに
    秋の夜長を楽しんじゃいました!!

    ぼるんちゃん   
     2011年10月25日(火) 18:52 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    そうですか。
    ドイツでは、コオロギは鳴かないんですか。
    私は自分の畑を手に入れるまで、虫が恐くて、
    コオロギも跳ねるから嫌いだったんですけど、
    今は、毛虫以外は平気です。

    近年、市内の水田のヘリコプター農薬散布を
    やらなくなったので、虫が増えてきました。
    蛍もちらほら、戻り始めています。
    来年は東京サンショウウオも
    復活するんじゃないかと期待しています。
    本当に安心できる土に戻りつつあったのに、
    うっすらとは言え放射能に汚染されたのは、残念でなりません。
    おはな   
     2011年10月25日(火) 19:44 | URL | コメント編集

    ★ぼるんちゃんへ

    彼の声は特別大音響でしたよ!
    でも、ふたりの姿を見たら、納得しちゃいました。アハハ。
    今も、鳴いています。ちょっとひそやかに、やさしげに。

    オーストラリアはこれから良い季節ですね~。
    チョウチョやトンボが飛ぶんでしょうか。
    クローバーやてんとう虫も?
    おはな   
     2011年10月25日(火) 19:50 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |