04月≪  2013年05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫06月
    家族と生活

    2013'05.31 (金)

    じゃ、これは何でしょう?

    ナデシコ  デルフィニウム
    昨日の、この木なんの木?の答えは、どうやら鎮守の森のタブの木で落ち着きました。
    大きくなりそうだと姉に伝えたら、どうするかじっくり考えるそうです。
    皆さん、ご協力をありがとうございました。
    今日も姉の家の庭の花シリーズの続きですよ。
    ナデシコ、デルフィニウム、マーガレット、マツバギク。どれも私の好きな花ばかり。
    マーガレット  マツバギク

    じゃ、これは何でしょう?







    これはなに?姉の大きな家の、勝手口の外に置いてありました。
    宇宙船? もしかしてお義兄さんは…!?(笑)
    これにワイルドストロベリーやセージを植えて
    納屋の土壁の前に置いたらとてもステキ♡
    と思うのは私だけかしら。割れた蓋もうまく使ってね。
    穴があるから、麻紐で吊るすのもいいかもね。

    姉の家の庭の花シリーズは今日で一応オシマイです。
    実はもっと載せたいステキな物もあるのですが、
    怒られないうちにやめます。(笑)
    花いっぱいのお姉さんの家も、お姉さんも大好きよ♡


    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    家族と生活

    2013'05.29 (水)

    この木なんの木?

    テッセン  バラ

    ハナビシソウ雨が降って外へ出られないので、今日ものんびり。
    やっと熱も下がって、疲れも徐々に抜けてきましたよ。
    夏の花苗がテラスで定植を待っていますが、
    そうこうしてる内に、梅雨に入ってしまいそうですね。

    姉の家に行っている間に、
    我が家の庭の花たちはみんな見頃を過ぎてしまい、
    カキツバタも、レモンやデコポンや野菜の花も、
    あられもない姿になっていました。
    だから、今年は写真をお見せすることが出来ません。
    この写真はまだ、姉の家の庭の花の続きです。
    赤、青、黄色、どの花見てもきれいだね♪
    テッセン、バラ、カリフォルニアポピー、
    良い季節で、庭に花が溢れていましたよ。

    この木なんの木?それで本題ですけど、この木なんの木でしょうか。→
    鳥が庭に種を運んで来て、自然に生えたそうです。
    姉は、良いものなら育てたいみたい。(笑)
    私も、山で花材を探しているときに、見たことが
    あるような、ないような。ひょっとしたら鎮守の森の
    タブの木!?そしたらすごく大きくなるのかな!?
    わかる方がおられたら、ぜひ教えてくださいね。

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    家族と生活

    2013'05.27 (月)

    姉の家の花たち

    フラワーフェアリーズ  フラワーフェアリーズ
    電車を乗り継いで4時間の姉の婚家の、お弔いに行ってきました。難病で体力のない私。
    父の代理という大役を果たすため、失礼を承知の上で姉の家に泊めてもらいました。
    泊めてくれたのは姪っ子ちゃんのお部屋でした。

    お部屋で待機していた時にね、本棚で見つけちゃったの、懐かしい本を。
    シシリー・メアリー・パーカーのフラワーフェアリーズの絵本。
    これは昔、私の家の建て替えをした際、本棚を整理して姪っ子ちゃんに譲った本。
    大切にしてくれてたんだ、嬉しいなぁ。

    私、中学の美術部で、ふたつ年下の男の子と妙に気が合って、弟のように思っていたの。
    私が先に高校生になって、その高校の購買部に年に一度、洋書店が来るので彼を誘い、
    二人で同じこの本を買って喜んでました。その後、彼は別の高校へ進学して、それきりに。
    姪っ子ちゃんの本棚でこれを見たら、ばあ~っと思い出がよみがえっちゃった。

    フラワーフェアリーズ  フラワーフェアリーズ

    フラワーフェアリーズ Aはアップルブロッサム
     Bはバジル
     Nはナスタチューム  




    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    22:00  |  コメント(18)  |  トップへ  |  EDIT
    家族と生活

    2013'05.24 (金)

    猫と田んぼとジャーマンアイリス

    庭猫  田んぼ
    これは姉の家の庭の猫。女の子なのに、ルークって名前なんですって。
    とても人懐こくて、私がかがむとすぐこっちに向かって歩いて来ちゃうので、
    写真を撮るのが難しかったです。無理に待ったをかけたから、不機嫌になっちゃった。

    田んぼもあります。とても美味しいお米です。玄米ごはんをいただきました。
    近辺には山が無く、田んぼは一枚一枚がとても広くて、清々としています。
    休耕田も耕作放棄地も見当たりませんでした。気持ちのいい景色。
    手前にジャーマンアイリスが少し咲いています。ボリュームのある花ですね。
    私はどちらかというと、お花マークのような単純な形の花が好きなので、
    これは良くわかりません。生け花でもあまり使いませんし。
    でも、ツートンカラーできれいですね。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    家族と生活

    2013'05.22 (水)

    ストロベリーキャンドル

    ストロベリーキャンドル  ストロベリーキャンドル
    姉の家の庭の花をご紹介。今日は、ストロベリーキャンドルです。
    和名:紅花詰草(べにばなつめくさ)
    花言葉:素朴なかわいらしさ

    姉の家の庭続きの畑に、たくさん咲いていました。これ、いけばなにもよく使います。
    一粒一粒は可愛いらしい花ですが、見渡す限り咲いていると、けっこう圧巻です。
    少し時期が遅かったようで、もうほぼ残花(ざんか)でした。

    お姉さんも、こんなに花が好きなんだなぁ。と思ったら、あにはからんや。
    ストロベリーキャンドルは、田んぼのレンゲソウのように、畑の緑肥植物になるそうです。
    緑肥植物=土に鋤き込んで土壌改良や肥料にする植物
    (南房館山の花栽培も、最初はそういう目的から始まりましたからね。)
    姉は、コンパニオン植物とか自然農法について、とても詳しいのです。
    私も少しずつ教わろうと思ってます。手前に見える白い花はカモミール。
    フレッシュカモミールティーをいただきましたよ。甘い香りに癒されました。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    家族と生活

    2013'05.19 (日)

    カキツバタ

    カキツバタ先日、姉の嫁ぎ先のお義父さんが亡くなられ、
    葬儀に父の代理で行ってきました。
    私自身の体調も不安なので、姉の言葉に甘えて、
    ホテルは取らず姉の家にご厄介になりました。
    葬儀準備で忙しい中、
    お義兄さんにはたいへんお世話になりました。
    おかげさまで父の代理を無事務めることができ、
    感謝しています。
    片道4時間の鉄路、私の突発的不調による
    途中下車も見越して余裕をみて、
    お通夜の前日とお葬式の翌日の日中を
    移動日としたので、3泊4日の長旅になりました。

    なにしろ家が遠いし、
    お義兄さんは校長先生で忙しく、私とは年もたいそう離れていますから、
    今まで話しをする機会があまり多くはなかったのですが、
    今回はいっしょに食事をいただきながら、いろいろ話したり、生徒のように教わったり、
    妹として相談に乗ってもらったりして、絆を深める事ができてよかったです。

    お義母さんは、車椅子でずっと泣いていました。
    お義母さんが泣くのを見るたびに、身につまされて私も涙がこぼれました。

    葬儀は、それはそれは荘厳なものでした。穀倉地帯の大家ですし。
    現在のお義兄さんの社会的地位もたいそうなものなので、さもありなん。
    私は核家族育ちだから、わからないことだらけで、驚きの連続でした。
    そして、私と同じ小家庭に育った姉の、立派なお嫁さんぶりにもびっくりしました。
    喪の着物姿の姉は物腰も優雅に、うちに来る時とは別人のよう、美しかったです。
    (あ、もちろん違う意味でいつも美しいよ。)

    さらに、姪っ子ちゃんの働きにもびっくり。
    あんな可愛いらしい娘がこんなによく気が回るなんて!
    平成24年10月26日の記事「姪っ子ちゃんのチラシ寿司」
    葬儀社との連絡調整、買物の手配、スケジュール管理、喪主あいさつの原稿チェック。
    父娘の、ほほえましくも頼もしい、名コンビ。
    こんな時だけど、こんな時だから、家族の結束の真価が発揮されるんですね。

    私は特殊な難病で、的確な判断やあいさつの言葉が臨機応変には出て来にくいので、
    この4日間の外出と、一度に多数の初対面の人たちとの対応は、
    体力的にも気力的にもとても厳しく、ものすごく疲れました。
    けれどたぶん、姉に恥をかかせるような大きな失言や失敗はしてないように思います。
    お義兄さんも、私の病気については正しく理解してくれているのだと。思うことにします。
    カキツバタ  カキツバタ
    出かける日、我が家のカキツバタの花が咲き始めました。
    帰ってきた日、カキツバタの花は、三十本が満開でした。
    姉の大切な家族の日常生活が、一日も早く平穏に戻るように願いながら、
    カキツバタをいけました。
    次回は、姉の家の広いお庭の、花の写真をご紹介しますね。
    ただ、今は熱があるので、いつになるかわかりませんが。(笑)
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(10)  |  トップへ  |  EDIT
    土いじり

    2013'05.08 (水)

    お姉さま!

    ポンポンデイジーポンポンデイジーって可愛い花ですね。
    姉から春にもらった花苗、
    こんなに元気に育って、庭を賑わしてくれてます。
    3月26日の記事「ポンポンデイジーの苗」
    私が生まれたとき、空にはシスター座が
    光っていたらしい。小さい頃から、
    幸せが姉からもたらされることが多いです。

    社会人になってからも、姉のような女性に
    可愛がっていただく機会がとても多いのです。
    本当にありがたいこと、感謝してます。
    私の前世って何だったんだろう?


    アスパラガスメリーとオクロレウカの苗こんな良い天気なのに、体調崩して、寝てました。
    こんな良い天気なのによ?あ゛~もう腐るわぁ。
    そうしたら、ピンポン♪と宅配便が届きました。
    なんて良いタイミング。九州のお姉さま(友人)から、
    アスパラガスメリーと、オクロレウカの苗です。
    どちらも、いけばなに良く使う植物です。
    彼女にも、どれだけ励ましていただいたことか。
    花器を送ってくれたり、やさしい言葉もいっぱい。
    平成23年6月20日の記事「花器をいただきました」

    ゴメンね、あの頃の夢を私はまだ実現できずにいる。
    というか、ますます遠ざかるばかりの日々ですが、
    あきらめたわけじゃないのですよ、お姉さま。
    チャンスがめぐってくる日を待っているのです。
    アスパラガスメリーとオクロレウカの苗
    チャンスは自分で作るもの。若いときはそうでした。
    でも、討って出る力の無い今は。
    いつか降ってくるかもしれない幸運(ツキ)を。
    上手に受けとめられるように。
    ガラスの水盤に水を張って待っているのです。

    五月雨(さみだれ)の 雲間の月の晴れゆくを 
         しばし待ちける 時鳥(ほととぎす)かな
               『新古今和歌集』二条院讃岐

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME |