11月≪  2012年12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫01月
    おいしいもの

    2012'12.28 (金)

    京都みやげ備忘録-お酒編

    前回に引き続き、おはな厳選の京都みやげをご紹介します。

    お酒は伏見。
    と言うほど、お酒に詳しいわけではありませんが。(苦笑)
    我が家は父が小綺麗にいける口で、母は下戸。
    私はと言えば、嫌いじゃないのにアルコールアレルギーです。(涙)
    人生を酒で誤る危険がないので、まあ良しとしましょうね。
    なので、お酒は父へのおみやげ。せっかくだから父の好みに合ったものを
    と思い、ちゃんと試飲をして探して買いましたよ。
    いけばな研修で京都へ通った6年の間、
    いろいろ試した結果、以下の2点に絞られました。(ホラです)

    鮒屋三右衛門清酒富翁 北川本家の鮒屋三右衛門
    (720ml 3,150円)
    清酒富翁 株式会社北川本家
    大吟醸、辛口、冷がベスト。季節限定品。
    三年ものの古酒なのに癖が無く、
    口当たりがサラサラで、かなり危険なお酒です。
    初めて見たのは、京都駅に偶然、
    キャンペーンで蔵元の人が来ていたときでした。
    残念ながら、通常は京都駅周辺では買えません。
    伏見桃山駅近くの油長で扱っています。



    油長(アブラチョウ)は伏見の全蔵元のお酒を取り扱っている問屋さんです。
    きき酒カウンターがあって、お猪口で注文できます。吟醸酒房 油長

    古都千年清酒英勲 齊藤酒造の古都千年
    (720ml 2,625円)
    清酒英勲 齊藤酒造株式会社
    純米大吟醸、辛口、やっぱり冷がベスト。
    最初、名前と見た目で買ったのですが、
    これがなかなか当たりでした。
    大吟醸の割にはちょっとフルーティーな味。
    お米のお酒はやっぱり美味しいですね。
    こちらは京都駅でも買えます。


    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    01:00  |  コメント(13)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME |