02月≪  2012年03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫04月
    昔がたり-仲ちゃんの話

    2012'03.28 (水)

    仲ちゃんの話-七軒町(4)

    去年の桜春休みに入ると
    七軒町では大のオトナもそわそわする。
    鶴池の周りに提灯がぶら下がり、
    公会堂の庭に見世物小屋がたつ。
    花が咲かないうちから、もう
    池の端の老舗料亭旅館『鶴屋』では
    昼も夜もあったもんじゃない。

    ♪ハア~ 鶴のお池によ
    咲いた桜が 咲いた桜が ハラハラ散るよ
    鶴池良いとこ 花どころ ア ソレ
    ほんに良いとこ 花どころ♪

    「はい、ごめんなさいよ」
    征太郎(マサタロウ)姐さんが真っ昼間、店の正面から入ってきた。
    姐さんがひょいと一瞥くれただけで、仲(ナカ)ちゃんはドッキドキだ。

    仲ちゃんは下駄屋のせがれである。
    父は柳橋の呉服屋で丁稚から番頭まで勤め、
    この町に帰って来て家業の下駄屋を継ぎ、一等大通りに店を構えた。
    店の横には七軒町小路があり、線路下の芸者町から
    鶴屋に向かう近道になっていて、普段着の姐さんたちはここを通る。
    下駄屋の立地として、この上があろうか。父はそういう人だ。
    仲ちゃんは店の土間にあぐらをかき、トクサで桐下駄の台を磨きながら、
    父が応対している姐さんの、うしろ姿をこっそり見上げた。

    征太郎は器量が悪い。器量が悪いぶん、三味が上手い。
    お座敷の声はよくかかるが囃方が主で、姐さんは悔しいから、背筋がしゃんとなる。
    しゃんと背筋を伸ばし、三味を背負った芸者のうしろ姿、これがちょっとしたもんで、
    後姿だけは、小股の切れ上がったいい女ってやつだった。

    この町で桜の季節に芸者が履くのは、草履ではなくて下駄である。
    舗装なんぞ無い昭和初期の田舎道。しかも鶴池のほとりは、ぬかるみが多い。
    桐の柾目に塗りの下駄、「芳町」のおもいきり高歯のを誂え、
    かかとの下に蒔絵を隠して、おしゃれを競う。

    本場花街日本橋芳町のものとはちょっと違う。
    下駄のような庶民の日用品はいわゆる地産地消で、
    お客と製造元が近いから、好みによって形が微妙に変化して行くのだ。
    デザイナー兼プロデューサー兼コーディネーターが、商人だ。
    土地の粋筋の女が欲しがる形のものを、土地の職人に作らせる。
    当たればそれが素人にも流行って儲かる。
    商売というものはおもしろい。

    特別誂えの台に濃鼠の鼻緒をすげ、丁寧に包んだそれを胸に抱えて
    店を出るとき姐さんは、仲ちゃんの頭をスコンと はたいて行った。
    来週はごひいきの将校が鶴屋に来るらしい。
    「芸は売っても色は売らない」辰巳芸者の心意気。芳町
    その流れを汲むこの町の芸者衆の中でも、
    征太郎は特別男勝りで、気風のよさが軍人に評判だった。
    いい旦那をつかむのも、程ないだろう。
    桜の咲く春は、大のオトナがそわそわする。

    (つづく)
    昔がたり 昭和初期 小学生仲ちゃんの話。
    通常の記事更新の合間に、ゆっくり書いて行こうと思います。
    気分が乗ってきたら毎週になるかも?…わからないです。
    のんびりお付き合いください。

    前後の話は、カテゴリ「昔がたり」でまとめて読めます
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    私のこと

    2012'03.24 (土)

    五十肩が完治しました!

    PAのおいしいお土産やっと、五十肩が完治しました!
    これで最後の診察。やれやれ。
    有料道路で1.5時間の整形外科病院に
    2年間通いました。長かったな~。
    私には、ややこしい難病があるから、
    長時間車に乗ると
    腰とか首とか、かなり痛くなります。
    しかもトイレから1時間以上離れるのは
    とても危険な おなか。(笑)

    3年前突然、左肩の激痛と共に
    左手がまったく使えなくなりました。
    当初は腰痛の症状のひとつと思われて
    あまり積極的な治療をしてもらえず、
    1年近く寝返りもうてませんでした。
    近所の整形外科医院に行っても、電気治療では一向に改善せず。
    その前からかかっていた、私の腰痛担当の先生が、異動されることになって、
    やっと肩専門の先生に紹介状を書いてくださって。
    整形外科
    たどり着いた、超有名な整形外科医の先生、
    かなりのイケメンでした。(これ、けっこう重要です!)
    肩に痛い注射を10回くらいしました。でも耐えられました。

    そしてリハビリの先生がまたイケメンで。(笑)
    1週間に1回通いました。正直、遠くてしんど~い。
    リハビリ室でも、五十肩のつらさは、やった方はわかりますよね!?
    それが今はすっきり爽快ですよ。信じられないくらい。
    先生が当たると、こんなにちゃんと治るものなんですね。
    本当に感謝してます。

    難病は治らないから難病。それはわかってるの。それならば、
    うまく付き合っていく方法を考えながら、細くても永く生きたい!
    だから、他の治せるところは治して、大切に使いたいのです。
    痛いところが増えるのはもうたくさん。
    これ以上、余計なところが壊れないように、神様お願いしますよ!

    PA2  PA  PA3
    帰り道、有料道路のパーキングエリアで休憩して、いつもお土産に美味しいお買物。
    これも最後だなぁ。ケーキは売り切れだったのでオハギ、崎陽軒のシュウマイ。
    この他にスパイシーフライドチキンを買って、もう食べちゃった。
    遠出して疲れたので、今ちょっとフラフラするけど、このくらいなら、まあ大丈夫かな。

    本格的な春に向かって、おはなは、とても元気になってきましたよ!
    みなさんに、励ましていただいてる おかげです。ありがとう
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    01:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
    私のこと

    2012'03.22 (木)

    速攻できれいになる方法

    美容院そんな方法があったら、教えて欲しいわ!
    って言ったら、教えてもらえました♡

    美容院に行ってきましたよ。
    9月23日の記事「美容院で」
    あれ以来初めて。
    だって、おはなは貧乏なんだもん。
    自分で前髪を切ってたのよ。
    毎月、母の髪でカットの練習をしてるから、
    自分のも、前髪だけは上手く切れるのよ~♪
    でもね、後ろができないの。
    おはなは、このたび思うところがありまして
    速攻できれいにならなくちゃ ならないのだ。
    そこであの美容師さんのところへ。

    実は12月に、美容院のお引越しの葉書をもらいました。
    突然でびっくり。新しい場所は家からかなり遠くなりました。
    ちょっとしんどかったけど、行ってきました。
    そうしたら。見て!見て!きれいでしょう!?
    木造平屋のリフォームには見えないでしょう?
    作業動線がよく考えられていて、新建材の匂いがまったくしません。
    お庭の景色の取り入れ方が上手で、こだわりのインテリアもあちこちに。
    すべて娘さんの設計なんですって~。親子で有能なスタイリストなんだわ。

    急にお引越しが決まったのも、たいへんな事情があったそうです。
    でも、それをチャンスととらえて、短期間でこれだけのものを立ち上げる
    そのバイタリティに感服しちゃった。

    おはなは、このたび思うところがありまして、
    手っ取り早くきれいにならなきゃ ならない!
    だから、そのコツを教えてもらいましたよ。

    その方法はね…。            知りたい?
    美容院  美容院
    知りたいよね~?            ウフフ♡
    美容院  帰り際にいただいたお花
    暖かくなったら、今よりきれいなおはなを、見に来てちょうだ~い
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    01:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    昔がたり-仲ちゃんの話

    2012'03.20 (火)

    仲ちゃんの話-七軒町(3)

    今年は夏も冬も厳しかったですね。
    椿も遅く咲いて、ここいら界隈では、今が盛りです。
    この地方では例年、春の声を聞いてから雪が降ります。
    梅に鶯に雪 という景色もなかなか美しいけれど、
    下手をすると、初雪が桜花の上に ということさえあります。
    クローバーライン
    椿その年は、梅も椿も遅く咲いた。
    仲(ナカ)ちゃんの七軒町でも。

    小料理屋『喜蔵(ヨシクラ)』の息子タケは、
    あだ名を『一本松』という。
    図体がでかくて、バカで乱暴者だ。
    七軒町一個小隊のガキ大将で、仲ちゃんも
    否応なしにその一員に組み込まれている。

    仲(ナカ)ちゃんの家のハナレから、
    裏木戸をくぐって左に出ると、七軒町小路。
    お稲荷さんを右に見て、坂をのぼりきり
    鶴池の手前で右に折れると、忠魂碑がある。
    その向こう側に小さな岩山があり、
    てっぺんに一本、松が立っている。
    つまりここはタケの城。この岩山での戦争ごっこで、
    隣町の一党に、勝ち目は はなっから無いのだ。
    忠魂碑
    (ちくしょう…。)
    と思ったのは仲ちゃんだった。
    それまで一度も戦争に負けたことの無い
    日本の、誇り高き小学生だ。
    身体は小さいが、武器も戦略も持っている。
    ところがすでに戦は終り、タケは忠魂碑の前で
    仲間から勝ち名乗りを受け、手刀を切っていた。
    敵は退散し、小さい子たちはもう
    残った石入りの泥団子を、しまい始めている。

    見上げた空から、白い雪がこぼれ始め、
    一本松からは、狐が二匹、彼を見下ろしていた。
    もうすぐ春休み。仲ちゃんは小学3年生になる。

    (つづく)
    昔がたり 昭和初期 小学生仲ちゃんの話。
    通常の記事更新の合間に、ゆっくり書いて行こうと思います。
    気分が乗ってきたら毎週になるかも?…わからないです。
    のんびりお付き合いください。

    前後の話は、カテゴリ「昔がたり」でまとめて読めます
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    16:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'03.16 (金)

    お彼岸の花

    石化柳と小菊の生花ぼちぼち、良い季節になりそうですね。
    皆さんお彼岸にはお墓参りをされますか?
    掃除道具とお線香、お供えのおはぎとお花。
    スーパーのチラシでも小菊を中心とした
    500円位の仏花を見かけるようになりました。

    池坊いけばなも、そもそもは
    「仏前の供華(ブツゼンノクゲ)」です。
    聖徳太子の護持仏を、小野妹子が
    出家してお守りしたのが池坊の開祖。
    毎朝お花を手向けてお祈りをしたのです。
    その後、室町時代に他の文化とともに発展し、
    安土桃山時代には座敷飾りとして隆盛を極め、
    江戸時代に様式が整い、現代に続いています。

    「仏前の供華」とは、仏様に供える花のこと。
    仏壇や仏像の前にある、金色の蓮の造花が、仏前の供華です。仏前の供華
    生々流転や大宇宙を表現する形に作られています。
    お彼岸が近づくと、花屋さんの店頭でよく目にする、
    小菊を中心としたミックス花束。あれも仏前の供華用。
    多くの日本仏教では、亡くなった方はみんな尊い仏様になるから
    尊敬の念を込めてお花を差し上げるのが「仏前の供華」です。スーパーの仏花

    だから、ゴムで束ねたままバサッと挿し込んじゃダメですよ。
    ご先祖様のお顔を思い浮かべながら、1本1本丁寧に、
    花立てに挿し入れてください。そして1本は、
    向こうから見て美しいように挿してあげてください。

    私の花の師匠の随想録から引用。
    「農家の方から『仏様に』と菊の花をいただいた。
     ハッと心に深く響いた。
     若い頃、弟子の失敗作を手直ししながら
     『これではお墓の花のようです』
     何気なくそんな表現をした私は、何と軽率であったろうか。」

    このちょっと前に、師匠はお母様を亡くされています。

    仙人のような師匠でさえ、そういう若いときがあったのですから、
    凡人の私が、お墓参りの花にいつも心を込めていた 
    わけがありません。 でも、今は意識しています。
    お彼岸だからただ習慣としてお墓参りするのと、
    具体的な亡き人を偲ぶ大切な日として準備するのとでは、
    同じ花でも、お供えのおはぎでも、意味は天と地ほど違うのです。

    さて、また長くなっちゃったので、手短かにトップのいけばな写真の説明を。
    石化柳(セッカヤナギ)に小菊の生花二種生。
    秋から春まで稽古でよくいける花材です。
    取り合わせとしては初心者向きのものですが、生花別伝の上段流(真流)で
    花留めに配りを使用したので、中級者向けの花形になっています。
    前々回の、猫柳にチューリップの生花より、
    同じ柳でも、ちょっぴり大人びた雰囲気が伝わるでしょうか。
    2月28日の記事「猫柳」
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体二種生 (伝書)生花別傳 (花器)金属 (花留)花配り (花材)ヤナギ (花材)キク 


    01:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
    家族と生活

    2012'03.12 (月)

    3.11

    昨日はテレビを見て一日泣いていました。
    気の利いた被災者応援の言葉ひとつ ブログで書くこともなく。
    皆さんのブログを拝見して、いちいち深くうなずきながら
    想いはあふれてくるけれど 言葉にならない。

    それで、今日は目が兎です。あぁ、そうではなくて。
    今日は風が強いから 重症の花粉症なのだわ。(苦笑)

    日曜日は、父の誕生日でした。
    苺のケーキを買って来て、テレビを消して、
    小さい声でハッピーバースデーを歌いました。
    去年のこの日は、ケーキを買ってあげられなかったのです。
    来年のこの日は、誕生日をおおっぴらにお祝いできるような
    元気で明るい世の中に戻って欲しいと思います。
    みんなみんな泣かないで 元気でいて欲しい。
    私は欲張りかな。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(10)  |  トップへ  |  EDIT
    おいしいもの

    2012'03.04 (日)

    忘れられないレシピ

    テキスト(家庭の料理)若かりし頃、
    会社の勤務地の、市役所主催の青年講座で
    「家庭の料理」を習いました。週1回、3ヶ月間。
    仕事の帰り道に、7時開始、9時終了。
    残業で出席できない日もありましたが、
    昨今の青年の、酷な勤労状況を見るにつけ、
    あの頃は良かったなあと感慨にふけります。
    ここでは料理の他に、着付けも習いました。
    テキストはガリ版印刷。しみだらけ。
    写真が下手ですみません。




    レシピ(とり肉のレモンあんかけ)この鶏肉のレモンあんかけは絶品です。
    最近は難病のために台所で立っていられる
    時間が短くなったので、手の込んだ料理を
    作るのが厳しくなりました。
    でも、これはがんばる価値があるかも。
    そうだ、近々やってみよう!








    レシピ(かつおのたたき)最終回はかつおのたたきパーティーでした。
    5人で1班、大きなかつおを1本もらって、
    頭を落とすところから、大皿の盛り方、ご飯炊いて
    サイドメニューも作って、食べて、かたすまで。
    2時間はあっという間でした。
    私、切るの全部やらせてもらえましたよ。
    血だらけですごかったけど、嬉しかったな~。
    だから体力さえあれば、私、お魚さばけます!
    今時、あんまり自慢にならないか…。





    先生は、ごく普通のお母さんみたいな、自称料理研究家。
    でも、この先生が言った言葉で忘れられないのが、
    「どんな料理もまず、レシピに忠実に、分量を計量して作りなさい。
     そしてその味を自分の舌が確かにおぼえたら、目分量で臨機応変に作りなさい。」
    すごいですよね、これ。いけばなの修行にも通じるものです。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    01:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME |