01月≪  2012年02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫03月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'02.29 (水)

    市比賣神社のおひなさま

    おひなさま市比賣神社(いちひめじんじゃ)のおひなさま。
    かつて我が家にあったおひなさまに似ています。
    男雛・女雛の並び方が、関東とは逆ですね。

    その御殿は木製の組み立て式。子供の頃、
    3月1日から3日までのたった3日間のために、
    わくわくしながら、一生懸命組み立てたものです。
    お庭の大勢さんはいなくて、代わりに
    右近の橘・左近の桜と、高砂人形がありました。

    そのおひなさまは、もともと姉のものでした。
    戦前までの上方・京都や関西の一部では
    天皇の御所を模した御殿式の屋形の中に
    男雛・女雛、三人官女を飾り、
    庭に五人囃子、鏡台や茶道具、重箱などの
    精巧なミニチュアなどを飾っていた。とあります。
    まさか戦前ではありませんが。当時の流行?
    私の友達にも御殿飾りを持っている人が居て、やはりお姉さんのものだそうです。
    それから段飾りが流行り、段の数を競うようになり、団地サイズのケース飾りが出て、
    現在は、木目込人形や陶器製や意匠的なものなどとてもバラエティになりましたね。
    飾る期間もだんだん長くなりました。1日から3日へ、1週間へ、今時は1ヶ月くらい?
    でも、さすがに2月後半くらいに出して欲しいと思うのは、私だけでしょうか。
    こういうものは、ヒョイと出してシャッとしまう方が、情緒があるように感じます。
    クリスマスも11月からやられるとどうもねぇ。
    紙袋の花
    桃の節句のウンチクは、またの機会に。(笑)

    市比賣神社には2月の末、
    京都の研修の翌日に行きました。
    女性4人で、本家尾張屋の宝来そばを食べ、
    市比賣神社の女人厄除けのお祓いをうけ、
    宝鏡寺門跡の人形展を見て、
    俵屋吉富の京菓子を買いました。
    そのときのいけばなの実習はこれ。
    アレンジメントのアイデアのパクリ。(笑)
    それでもやっぱり
    「いけばな」風になっちゃってますね~。宝来そば
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)自由花 (花器)その他 (花留)オアシス (花材)ユーチャリス (花材)チューリップ (花材)ブプレリウム (花材)レースフラワー (花材)スイートピー 


    23:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'02.28 (火)

    猫柳(ネコヤナギ)

    生花二種生 柳にチューリップ「猫柳(ネコヤナギ)」
    なんてかわいい響きなんでしょう。
    「柳」に「猫」がついてるんだょっ!
    ふわふわモコモコでナヨナヨなんだょっ!!
    と一人で盛り上がっている、おはなです。

    写真のいけばなは(例によって)
    京都の研修所での作品です。
    生花二種生、猫柳にチューリップ。
    両方、我が家の畑から調達しました。
    「柳にチューリップ」とか、
    「柳に菜の花」という取り合わせは、
    先生が初心者向けに用意してくださる
    代表的な春の花材の組み合わせです。
    今の季節、どこの花屋さんでも手に入ります。

    こんな初心者向きの花材を、わざわざ、
    自分の畑から京都まで細心の注意で運び、
    お家元の偉い教授にご指導願うなんて、
    ばかみたいと思うでしょう?

    これは私の小さな賭けでした。
    「決して初心を忘れませんよ」
    そういう決意をアピールする、花材の選択です。
    当日の担当教授のお人柄を頼んでの挑戦。
    果たしてその意図は教授の心に届いたでしょうか。
    物言わぬ花が、心を伝える第2言語になり得る?

    いけばなの稽古場では、こういう無言の掛け合いがよくあります。
    すでに一度習ったことのある、枝の振り出し方、花を添える角度を、
    先生の手直しを見越して、わざと違う方に挿しておいたり。
    先生が笑いながらその花を捻って見せてくださると、皆もニヤニヤ了解するのです。
    「あれあれ、おぼえてるよね?」「はいはい、おぼえていますよ♡」
    の無言のキャッチボール。余白や行間を楽しむ日本文化の粋。
    こういうの好かない人は、通り過ごしてもらってかまわないですが。
    でもね、せっかく日本人に生まれたんだから…と私は思うのです。

    もちろん、将来、おはなクラブの会員さんに、
    いきなりこういう高度(?)な師弟関係を求めたりはしませんよ。
    私の考えているおはなクラブは、なによりまず、楽しいのが身上です。
    花は心を癒し、励まし、勇気付けてくれます。
    今日仕事で疲れてるあの子、会社で叱られたらしいこの人、
    良い事があってうきうきしているお姉さん、心配事で顔が曇ってるお母さん。
    それぞれの心に寄り添う、花の姿形(スガタカタチ)を、
    その人が自分で生けられるように、私がお手伝いしたいのです。
    そうして、みんなが笑顔になって帰ってくれたら嬉しいなあ。

    前回の記事で、私はかなりへこたれていました。
    みなさんはやさしい!私は嬉しい!
    たくさん、たくさん、コメントありがとうございました。
    おかげさまで、もう大丈夫です。たぶん。
    またダメになったら、ここで助けてくださいね~

    さて、くだんの担当教授ですが。
    手直しの順番が廻って来ると、鋏を持って私のこの作品の前に腰掛けられました。
    しげしげと眺め、私の師匠のことをあれやこれや褒め始め、20分ほど話された後、
    この作品には一度も手を触れず、次の人の席へ移られました。
    みなさんは、これを、どう受とりますか?
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体二種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ヤナギ (花材)チューリップ 


    01:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    私のこと

    2012'02.22 (水)

    大学病院の大樹

    大学病院の大樹今日、大学病院の通院日でした。
    担当の先生が、転勤されるそうです。
    笠○先生には、本当にお世話になりました。
    どんなに感謝しても、しきれないほどです。
    いつかこういう日が来るのは
    わかっていましたが、やはりショックです。
    「もう病院に来なくても良いくらい、
     元気にしてあげられなくて、ごめんね。」
    と、先生はおっしゃいました。
    とんでもないことです!!
    気付いたら、口内炎ができなくなりましたよ。
    おなかの不調も、程度と回数が減って来てます。
    先生の治療が当たっている証拠です!

    4年前の私は、
    痛いところ、苦しいところをたくさん抱えているのに、
    それぞれの専門病院での検査数値がほとんど許容範囲内で、
    何の病気かわからず、ヘトヘトぼろぼろの状態でした。
    あげく「気のせい」と突き放され、診察拒否にも会い途方に暮れました。
    でも実際には、治療や検査方法が確立されていない病気が、まだあるんです。
    難病といわれるものには、そういうものが多いのに、医大では教えていないから。
    そして、知らないことを知らないと正直に言えるお医者さんが、少ないという現実も。

    笠○先生は、わからないものをわかるふり しない先生でした。
    人の身体は未解明だという前提で、人間全体を診てくださる方です。
    笠○先生に出会えなかったら、私は今頃、まともでいられたどうか。
    「苦しい」という主観的な訴えに耳を傾けて、何がどうなっているのか、見立てを
    説明して下さるので、自分がどこに向かって努力すれば良いのかが見えてくる。
    あきらめかけた健康を取り戻す意欲に、エネルギーを注いでくださったのです。

    寂しいけど、先生がいなくなってもがんばりますね。見ていてください!
    今にきっと元気はつらつになって、大好きないけばなの世界で活躍し、
    おはなクラブの主宰者として身を立て 名をあげ やよ励みますよ♡

    今日、大学病院の庭の大きな樹が切り株になっていました。
    残念だけど、きっと新しい蘖(ひこばえ)が芽生える 春がもうじき来るのでしょう。

    パスタセット  パスタセット
    今日の昼食は、大学病院内 展望レストランの
    きのことパンツェッタのパスタ、サラダ、デザート付 + ホットコーヒー = 1,010円

    大学病院 大木 切株 難病 医師 名医 いけばな アレンジメント 花 フラワー 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    16:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
    昔がたり-仲ちゃんの話

    2012'02.21 (火)

    仲ちゃんの話-制作裏話なんちゃって(1)

    梅ヶ枝春よ来い 早く来い
    あるきはじめた みいちゃんが
    赤い鼻緒の じょじょはいて
    おんもへ出たいと 待っている

    みいちゃんではないのですが、
    今日、おんもへ散歩に行ってきました。
    仲ちゃんの遊び場の現場検証を兼ねて。
    そしたらまた、帰り道に梅の剪定に出会い、
    おろした枝をもらってきましたよ!
    今度のは、花も莟もいっぱい付いています。
    玄関の外のポーチの柱に縛り付けて、
    居間の窓から眺めて楽しむことにしました。

    さて、仲ちゃんの話が始まっていきなり中断してしまい、すみません。
    あまりの寒さに、お正月以来体調がすぐれず、外出が極端に減ってしまいました。
    それで新しい話題が無いので、かねてから考えていた「仲ちゃんの話」を書き始めた
    ところでしたが、体調が更に悪化して文章が上手く出て来なくなりまして。
    いやはや、想定外。(古い?)
    (記憶力・思考力が悪くなるのも、私の難病ME/CFSの症状のひとつです。)
    そういうわけでご心配をおかけしましたが、たぶんもう大丈夫です。
    おいしいものを食べて体力をつけて気合を入れて、後日また続きを書きます。
    仲ちゃんの話は、のらりくらりと断続的に、来年の春まで続く予定です。
    仲ちゃん自身はとても大人しいかわいい男の子なんですが、
    彼には個性的な友達や親戚が多いので、話には事欠きません。
    「七軒町」は5話くらいになるかな~。

    ところで、昨日まで私の大好きな姉が里帰りして家に居ました。
    いっぱい話してとっても楽しかったです。
    私の知らなかった仲ちゃん周辺の話も聞けたので、
    話がもっと膨らみそうです。期待してください。(ホラふきのとう)

    お姉さんも忙しい中、せっかく来てくれたのにね。
    ぼうっとしててごめんね。やっぱり話し足らないわ。
    私がもっと元気な時だったら良かったのにな。
    暖かくなったらきっとまた来てね♡

    親とまた違って、同じ世代を生きている姉妹って、ありがたい存在。
    何かあったらお姉さんが居てくれるって、いつも頼りに思ってるし、
    迷惑かけないように、自分でできることはなんとかがんばろうって、励みにもしてるし。
    お姉さんうんと年上だから、面倒見てもらってばかりで
    私が何かやってあげたことってなかなか無いけど。
    いつも前向きでやさしくて、明るくがんばってるお姉さん大好きよ!
    今日、お姉さんの誕生日だね♡ おめでとう!!
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:00  |  コメント(0)  |  トップへ  |  EDIT
    昔がたり-仲ちゃんの話

    2012'02.14 (火)

    仲ちゃんの話-七軒町(2)

    白梅仲(ナカ)ちゃんの家のハナレから、
    裏木戸をくぐって左に出ると、七軒町小路。
    父の下駄屋のある表通りと反対方向に向かうと
    左手に水門橋、右手にお稲荷さんがある。
    先を走っていたキクオちゃんが突然止まって、
    仲ちゃんは背中に思いきり鼻をぶつけた。
    お稲荷さんの前にポンタさんが 立っている。
    この時間だから、まだ木綿を着ている。

    キクオちゃんは、やさ男。
    ハイカラ写真屋の長男で、
    小学生なのに、たいした色男。
    ポンタさんは半玉(芸者見習)。
    でもキクオちゃんより、
    五つ六つは姉さんだろうに。

    田舎町だが、それなりに歴史もある土地柄、
    地理的にも地方物流の要衝であり、
    商家の旦那衆はそこそこ豊かで、料亭も芸者置屋も潤っている。
    昭和30年までは遊郭もあった。タケの家も、元はそんな怪しげな小料理屋だ。
    表通り 裏通り。昼の町 夜の街。
    芸者が宵に正装して歩くのは、もう一本遠回りして、栄町切通しであった。
    七軒町は裏小路。線路下の芸者町から料亭旅館『鶴屋』に向かう近道になっていて、
    売れない芸者や普段着の姐さんは七軒町を通る。だからここに、お稲荷さんがある。

    ポンタさんは お稲荷さんに何をおがんでいたんだろう
    と仲ちゃんは思った。白梅がかすかに匂っている。
    タケにつかまれた腕が痛くてよく見えなかったが、
    後ろでキクオちゃんが消えたのはわかった。

    (つづく)
    昔がたり 昭和初期 小学生仲ちゃんの話。
    通常の記事更新の合間に、ゆっくり書いて行こうと思います。
    気分が乗ってきたら毎週になるかも?…わからないです。
    のんびりお付き合いください。

    前後の話は、カテゴリ「昔がたり」でまとめて読めます
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    02:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    昔がたり-仲ちゃんの話

    2012'02.12 (日)

    仲ちゃんの話-七軒町(1)

    コゾ「ナカちゃん、たいへんだ、忠魂碑で決戦だって!」
    仲良しのキクオちゃんが走ってきて、
    裏木戸の所で、転んだ。
    ハナレで猫をかまっていた仲ちゃんは、
    嫌な感じがしてゆっくり振り返った。
    「チュウ!早く来い。もうとっくに始まってるぞ!」
    ほらね、やっぱり。
    キクオちゃんの後ろから のっそり入ってきた
    タケは、5歳年上でバカで、でかい。
    あだ名を『一本松』という。
    仲ちゃんをいつでも「チュウ!」と呼び、
    嫌でもどうでも手下にされる。
    早生まれで身体が小さめの仲ちゃんが、
    大きいタケに、かないっこない。 
    しょうがないなあ…。
    でも、仲ちゃんも戦争ごっこが嫌いじゃないんだ。身体が小さくて不利な分、知恵を絞る。
    タケにひっ掴まれるようにして裏木戸を出る時、仲ちゃんは愛用のパチンコを握り締めた。
    仲ちゃんのパチンコは百発百中だ。
    ヤツデの実が膨らむ季節。弾は忠魂碑の裏にびっしり生えている。

    仲ちゃんは下駄屋のせがれである。
    昭和初期、庶民の履物は下駄だった。わらじはもたない。裸足は痛い。
    草履は高いから、たいていは下駄だ。それとて鼻緒は切れるし歯は擦れるから、
    こういうものを商っていれば、商売が廃れることはまず無い。
    食べる物、着る物を扱う商売は堅い商売だ。
    父は柳橋の呉服屋で丁稚から番頭まで勤め、故郷の町に帰って来て下駄屋を始めた。
    仲ちゃんはそういう家の7人兄弟の末っ子に生まれた。

    店はまがりなりにも町の一等大通り。仲ちゃんが物心つく頃には、
    うなぎの寝床のような細長い商家に、土蔵もハナレも小さい池もあった。
    末っ子なのに名前を仲太郎(ナカタロウ)という。仲ちゃんの曽祖父の名も仲太郎だった。
    名前の使いまわしは昔はよくあったらしく、ついでに叔父さんにも仲太郎がひとり居る。
    「チュウタロウではない。ナカタロウだ。」と本人がよく怒っている。

    「チュウ!早く来い。もうとっくに始まってるぞ!」
    裏木戸をくぐって左に出ると、七軒町小路(シチケンチョウコウジ)。
    下駄屋を開けている表通りと反対に向かって歩くと、左手に水門橋、右手にお稲荷さん。
    坂をのぼりきった向こうには、鶴池がある。池に向かって左に折れると、老舗の
    料亭旅館『鶴屋』があり、右に折れると忠魂碑がある。起伏に富み、隠れる処も多い。
    七軒町界隈は、男の子たちの格好の遊び場だった。

    (つづく)
    昔がたり 昭和初期 小学生仲ちゃんの話。
    通常の記事更新の合間に、ゆっくり書いて行こうと思います。
    気分が乗ってきたら毎週になるかも?…わからないです。
    のんびりお付き合いください。

    前後の話は、カテゴリ「昔がたり」でまとめて読めます
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    01:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    私のこと

    2012'02.08 (水)

    100円ショップ ワンダーランド

    めろんぱん100円ショップ大好きなんです。

    しばらく風邪をひいてました。
    熱はないけど、まだ良くないです。
    元気がないと、文がうまく出てこない。
    外に出かけないから、新しい写真もない。
    なので、ブログ更新もお久しぶりです。

    今日、皮膚科の通院日でした。
    久しぶりの外出。でも、病院は嫌い。
    待たされるから。体調最悪なのに。
    検査は痛いし。先生も恐いし。
    それで、いつもの通院ストレス対策です。
    今日は帰り道に、あっちの店のあれを見て、
    こっちの店のこれを食べて帰るぞ!と心に決めて出発。ばいきんまん アンパンマン
    豪雨なのに今日も病院は混んでましたよ~。
    100円ショップ大好きなんです。
    今日は何を買いに来たのか?
    お店に入ると、なぜかいっぺんに忘れますね。(笑)
    「これ便利」「あれに使えそう」とウロウロ。
    あらかじめメモした物以外は買わない。
    いいな~と思ったものは携帯で写真を撮ります。

    コレクションボックス今日のいいものは、まず、コレクションボックス。
    ミニ自由花のベースとして使えそうです。
    100円だから惜しげがないし、どの花色にも違和感ないよね。
    おはなクラブ体験会に、これどうかしら。
    家に花器が無い人でも、持って帰って飾れるよ。
    ふむふむ、アイデアノートに書いておこう。

    ふた付きバケツ次にいいものはこれ。蓋付バケツ7・5ℓ。
    蓋に留め具が付いているので、虫も入りにくい。
    丸いのはよく見かけるけど、四角いのがGood!
    狭い部屋でも場所をとらないから、
    花材の切れ端を捨てるゴミ箱に良いかも。
    問題は、おはなクラブに何人来てくれるかだな~。
    一人だったら、こんなにゴミ出ないよね。

    気がつくと、いけばなのことばかり考えてる私。(汗)
    そろそろ妄想はストップして、帰らなきゃ。
    パン屋さんで、アンパンマン、バイキンマン、メロンパン。
    野菜不足だけど。おいしかったです♡ 
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    01:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'02.02 (木)

    京都 八坂神社の節分祭

    舞妓京都 いけばな研修所の研修日程が、
    ちょうど節分に当たった年がありました。
    せっかくだから、仲間2人と待ち合わせして
    八坂神社の節分祭を見に行きました。

    京都花街の芸妓舞妓による奉納舞踊を拝見。
    この舞妓さんの舞はすばらしかったです。
    シナのつけ方が、特別美しいのよ!
    舞妓さんは若いし白塗りだから
    どのひともみんなきれいだけど。(笑)
    舞の技量には素人目にも若干の差があり、
    上手いひとは格別べっぴんに見えます。
    真剣勝負の芸の世界。勉強になりました。

    舞妓2出番が終わって、福引の景品を両手で抱えて、
    嬉しそうなあどけない顔も、これまたかわいい!
    はしゃぎすぎて、草履が八の字になってますよ。
    もう7、8年ほど前のことだから、今頃はきっと
    売れっ子の芸妓さんになっているのでしょうね。

    生花一種生 レンギョウ私たちは福豆とおひねりを拾って、
    Sさんは立派な景品を当てました。
    景品がなんだったか忘れちゃったけど。(笑)
    SOちゃんと私は、お菓子の袋が当たりました。
    けっこう、くじ運が強いのよね、私たち。

    翌日の、立春の日の研修で生けたのがこれ。
    レンギョウの一種生、生花別伝 上段流枝です。
    (ショウカベツデン ジョウダンナガシ)

    霜ふみふみ 猫が春を呼んでいる  はな
    いけばな アレンジメント 花 フラワー 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体一種生 (伝書)生花別傳 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)レンギョウ 


    01:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。