11月≪  2011年12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫01月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.29 (木)

    赤い実はめでたい!

    十両お正月に床の間に飾るいけばなは、千両。
    玄関に置く鉢植えは、万両。 赤い実が美しく、
    呼名も、おめでたい感じがしますよね。
    どちらも浅い山地に育ち、赤い実を付ける低木。
    赤い実は、鳥が空からでも見つけやすくて、
    食べると種子は消化されずに糞に混ざり、
    広範囲にばら撒かれて芽を出します。
    子孫繁栄の意味からもお芽出たい植物です。

    厳冬季、おなかの空いた野鳥たちは、
    この実が熟するタイミングを知っているらしく、
    玄関に置いた鉢植えに たわわに実った千両が
    ある朝突然、30分で丸坊主にされちゃいました。
    周りには、たくさんの置土産。
    翌日、葉牡丹も食べ散らかされて、また置土産。
    きっと小鳥たちには、素敵なレストランだったのでしょうね。葉牡丹

    じゃあ、十両や百両って知ってます?
    昨日、父と山へ行き、写真を撮ってきました。
    最初の写真が、十両=藪柑子(ヤブコウジ)です。
    女性の居室の襖絵のモチーフとして、昔からよく描かれています。
    8月31日の記事「露草」のバックの襖絵は「露芝に藪柑子」。
    十両のある林
    数年前の花展出瓶の際、「野山で調達した花材のみでいける」
    というテーマで、花材を求めて冬の里山を探し回りました。
    荒れ放題の竹林や、忘れ去られた梅林で花材を採取し、
    杉の倒木の影に、この十両を見つけました。
    木留に使って、野趣に富んだ立花を生けることができましたよ。

    万両=藪(ヤブタチバナ)
    百両=唐(カラタチバナ)
    十両=藪子(ヤブコウジ)
     ①これらは、どれも葉の形が柑橘類に似ています。
     ②柑橘類は、古来、不老不死のおめでたい果実とされてきました。
     ③柑橘類に似た葉を持つこれらの植物にも、おめでたい印象が付き、
     ④おめでたい植物だから、更に「一万両」なんて景気の良い呼名が付き、
     ⑤ますます縁起物として珍重されるようになったのです。
    いやぁ、めでたし!めでたし!!

    さて次回は?
    赤い実のなる、めでたい植物の最高峰、伝花「万年青(オモト)」の予定です。
    お楽しみに!

    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花材)ヤブコウジ 


    01:00  |  コメント(9)  |  トップへ  |  EDIT
    私のこと

    2011'12.26 (月)

    冬の必需品 軟膏&手袋

    軟膏&手袋今年も手荒れの季節がやってきましたね!
    関東空っ風。12月から2月までは、
    関東南側では、晴天で強風の日が続きます。
    落葉掃きと、乾燥肌がたいへんです。
    手の甲の細かい網目のしわ(肌理)の
    1本1本が割れて血だらけ
    洗濯物をたたんでも、みんな汚れちゃうの。
    お風呂に手を浸けても痛くて電気が走ります。
    他人様に、とてもとても お見せできない手。
    アトピー用保湿剤も、高級クリームも、
    今のところ、どれも効果がありません。

    まあ、くどくどと辛い話は置いといて、
    私流の手当ての方法をご紹介しますね。

    春までの長期戦に、ステロイド軟膏は危険なので、私が使ってるのは、これ。
    コーフル。クリーム色の傷薬で、非ステロイド性皮膚疾患治療薬です。
    効能は、湿疹、あせも、皮膚のただれ。カンフル配合で痛いのはすぐ治まります。
    お風呂に入ってからこれを手の甲に薄く塗って、綿の指切り手袋をはめて寝ます。
    指切り手袋を使うのは、指先までかぶっていると皮膚呼吸が苦しくなって
    夜中に無意識にはずしてしまうからです。
    これで何とか痛みと血は止まりますが、翌朝、水を使うとすぐまた割れはじめます。
    昼間は手袋していられる身分じゃないので、困っちゃう。
    紫雲膏
    さて、先週の大学病院通院の際、私の難病担当の先生に
    このことを相談したら、おもしろい薬をくださいました。
    「紫雲膏(シウンコウ)」
    ごま油と豚油で、紫根と当帰をから揚げにし、蜂蜜で練ったもの。
    すごく効きそうな感じでしょ?でも色がすごい!さっそく塗ってみたら、
    手袋とパジャマと布団カバーが、紫色になってしまいました。
    洗濯物が増えて、水を触る時間がもっと増えちゃうから、それじゃダメじゃん!
    上手く使いこなすにはどうしたらよいか思案中。どなたかよい知恵ありませんか~?

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    01:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
    家族と生活

    2011'12.24 (土)

    メリー クリスマス

    クリスマス カクタスきよしこの夜。
    私はクリスチャンではないけれど、
    世界でたくさんの人に敬愛されている神様の
    誕生日をお祝いする気持ちはいっしょです。

    スーパーのローストチキンをグリルで温め、
    大好きなモンブランのショートケーキを三つ。
    家族へのプレゼントは実用品。
    母には、南天のど飴。父には、寝室の窓に
    保温シートを貼り付けてあげました。
    我が家のクリスマスは、こんな感じ。

    この静かなる夜。
    なにごともない幸せに感謝します。
    5年前に父が肋骨を折ってから、立て続けに
    小さい試練に襲われ続けた我が家にとって、
    なにもないことが、最高の幸せなのです。
    このまま平穏な日々が、できるだけ永く続きますように。

    そして、
    東北と日本と世界のひとたちが、
    おいしいものを食べ、あたたかい布団と愛情に包まれて、
    生まれてきたことを感謝できる 明日が来ますように。

    もちろん、信じればすべてうまくいくとは言わない。
    でも信じる事は、あきらかにひとつのパワーだ。
    エリオット・ブルー
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    18:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.22 (木)

    立花 水仙一色

    立花 水仙一色(拙作)今日、12月22日(旧暦11月28日)は冬至。
    北半球では1年で一番、昼間が短い日です。
    カボチャの煮物を食べ、
    ゆず湯につかって、健康を願いましょう。

    冬至・夏至は年により日付が変わります。
    国民の祝日である春分・秋分の日も、
    同じように日付が変わるのはご存知ですよね。
    夏至・冬至、春分・秋分は「24節気」のひとつ。
    太陽からみた地球の位置を24分割して、
    洒落た名称をつけたもの、これが24節気です。
    地球は太陽の周りを楕円軌道で回っていて、
    しかも月や金星などの引力の影響を受けたり、
    地球の1年がきっちり365日でないこともあり、
    24節気と暦の日付が多少ずれるのです。
    (これらは図にすると解りやすいのですが…。)

    24節気「陰の花 水仙に限る(インノハナ スイセンニカギル)」
    この言葉は前にもご紹介しました。
    12月7日の記事「生花一種生 水仙」
    12月16日の記事「生花一種生 水仙3本」
    さて、この「陰(イン)」とはなんでしょうか?

    まず「陰の季(インノキ)」とは、簡単に言うと、
    冬至の前後3ヶ月ずつ、6ヶ月間のことを言います。
    秋分から春分の前日(節分)までです。
    平成23年9月23日~3月19日(旧暦8月26日~2月27日)
    赤道の北側では、秋分の日から昼より夜の方が長くなります。
    春分の日から夜より昼の方が長くなります。
    つまり「陰の季」とは、1年間の中で、暗い方半分の期間のこと。

    更に「陰中の陰の季(インチュウノインノキ)」があり、
    冬至の前後1.5ヶ月ずつ、3ヶ月間のことを言います。
    立冬から立春の前日までです。
    平成23年11月8日~2月3日(旧暦10月13日~1月12日)
    ほらね!水仙が一番美しい季節とみごとに重なっているでしょう?
    「太陽が日本からもっとも遠くて寒い3ヶ月間に、
     水仙よりすてきな花が他にあるだろうか。
     (だからこの季節には水仙をたくさん飾ろう!)」
    という最上級の讃美の言葉が「陰の花 水仙に限る」の意味なのです。
    (今は寒い国から来た花々が、冬でもきれいに咲いてくれますけどね。)

    この伝書ができたのは江戸時代。日本人はみんな旧暦で生活していました。
    旧暦1月12日ころ(立春前日)を過ぎたら「残花」と呼んで、
    もう季節はずれの水仙を、あまり単独では生けません。
    と言うことは、新暦で言えば、
    2月3日ごろ(立春前日)まではいけて良いってことですよね?
    しかし新暦に変わった現在でも、1月後半になって
    水仙の一種生を盛んにいける人は、私の周りには、あまりいません。
    「陰の陰の季(1月12日ごろまで)にもっとも美しい花である」
    という伝書の文言を尊重し、
    暦が旧から新に変わっても、たとえ庭で綺麗に咲いていても、
    あえて1月後半には水仙を単独でいけないのが、ツウ。
    それは、伝承を未来につなぐ、現代華道人の心意気です。(と思います。

    写真は、一昨年の冬至の日にいけた 立花 水仙一色(拙作)。
    冬至の今日は、水仙の花をいけるに もっともふさわしい日ですよ!

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)スイセン (花材)シャガ (花材)キク 


    01:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    家族と生活

    2011'12.19 (月)

    ニットのルームシューズ

    ニットのルームシューズこれこれ!やっと見つけました!
    ニットのルームシューズ。
    毎年12月になると出回るあったかグッズ。
    今年はなかなか並ばなくて心配してました。
    これを母は夏も履きます。冷え防止に。
    だから見つけたら1年分ゲットします。

    クリスマスセールで半額よ♡ラッキ~!!
    これはね、メイドインチャイナの普及品なの。
    高級品と違って底に板が入ってないから、
    足指に床の感触が伝わって、左足に軽い麻痺が
    残ってる母でも、転びにくいんですよ。
    年配の女性がみんな狙ってるから、
    お店に並ぶとすぐ売れちゃうのです。

    タグピンそれにしても、ラベルがいっぱい付いてますね。
    1足分でこんなに。→→→
    このタグピンが難物で、1本でも残ってると、
    足に刺さったら、木のとげより痛いですよ~!!
    全部ちゃんとはずして、しっかりゴミ箱へ。
    なんで6本もついてるの!?
    ひぇ~!4足で24本だ!!
    あったかルームシューズ、いつでも履けるように
    干して、はたいて、押入れにしまいましたよ。
    これで来年も安心だね、おかあさん♡
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    15:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.16 (金)

    生花一種生 水仙 3本

    生花一種生 水仙(拙作)「水仙の俵生(タワライケ)」
    と呼ばれる稽古方法があります。
    写真は、私が
    この荒稽古に挑戦した時の作品です。

    私の伯母は戦争未亡人で、
    稽古花の卸をして生計を立て、
    2人の子どもを立派に育て上げました。
    11月15日の記事「花屋さんについて」

    そのころ、水仙の栽培農家が
    市場へ出荷する単位は200本でした。
    刈り取って選別した水仙の花200本を
    藁菰(ワラコモ)に包んで
    縄でしばって市場に出荷します。
    それがちょうど米俵のような形をしています。

    通常、生花市場で競りにかけられた花は、仲買人に競り落とされ、
    10~50本単位に小分けにされて仲卸店に並び、
    それを小売のお花屋が買って行って、一般のフラワーショップに並べます。
    でも、水仙200本を売りさばけるような大手のお花屋は、
    仲買を通さず直接競りで落としていくので、その分安く仕入れる事ができます。
    また、仲良しのお花屋が、数人でいっしょに競り落として分け合うことで、
    安く仕入れるという手もあります。伯母はよくそうしていました。
    房総の漁港から東京の魚河岸に鮮魚を運ぶトラックが
    帰りはカラで帰るのを頼み、仕入れた花を運んでもらいます。
    そうやって、伯母は知恵を絞って、安くて良い花材を、
    いっしょうけんめい 女学生たちに提供してきたのです。

    さて、
    「水仙の俵生」とは、水仙200本を俵の状態のまま安く買い付け、
    一晩のうちに生花70~100瓶を生けるという荒稽古です。
    もちろん、正式な稽古方法というようなものではないでしょう。
    私の師匠の師匠が、かつてやったという伝説です。
    その話をはじめて聞いたとき私は閃光を見た気がしたのです。
    「いつかやってみたい。いや、いつか必ずやってみよう。」

    その後、紆余曲折を経て、実現できたのは15年前の事。
    当時の私は会社員で、休日返上、毎日12時過ぎの帰宅という日々でしたから、
    「正月休みに決行」と心に決め、市場の閉まる27日に水仙の仕入れを頼みました。
    さすがに、友達とふたりで100本ずつ分けましたけどね。
    1日の午後から2日の午前まで、水仙の生花をひたすら生け続けましたよ。
    2本生を20瓶、3本生を20瓶、合計40瓶。食事を挟んで約20時間。
    2本生の参考写真はこちら→12月7日の記事「生花一種生 水仙」

    真冬の夜中に(花が傷まないように)暖房もつけず
    水の中に手を入れていると、指が痺れて頭がボーっとしてきます。
    乱暴な生け方になると思うでしょう?
    それがね、だんだん上手に早く生けられるようになるものなんですよ。
    花が手の一部になってくるような感覚。悟りの境地?(笑)
    やってみたらわかることですが。
    やってみると良いですよ~、一度。
    「陰の花 水仙に限る」 生花七種伝より
    何でも、へ~と思ったら自分でやってみるのが一番ですね。

    昨年、伯母は95歳で他界しました。師匠の師匠もすでにあちらのお方です。
    伯母が永く仕入れに通っていた浅草橋生花市場は、5年前に閉場になったようです。
    時代はたゆまなく流れてゆきます。
    若いときの鍛錬は私の大切な財産。
    今やりたいことで、今できることは、今残さずやっておきましょう。
    活花 活け花 生け花 いけばな お花 花器 花瓶 生花 池坊 華道 お稽古

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体一種生 (伝書)七種傳 (花器)竹 (花留)花配り (花材)スイセン 


    06:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.11 (日)

    黒い花の魅力

    チョコレートコスモスの自由花昨夜の皆既月食をご覧になりましたか?
    満天の星空にダークレッドの月が
    とても怪しげに浮かんでいました。

    先日、ある方から「黒い花」の
    リクエストをいただきましたので、
    予定を変更してこれを載せました。
    チョコレートコスモスの自由花(拙作)です。
    黒い瞳のガーベラ姫。
    クリスタルの城、ベルベットのドレス。
    脇を固める強者の侍女たち。
    黒いチョコレートコスモスは、
    作品をきゅっと引き締めてくれます。

    黒百合、黒いクリスマスローズやチューリップ。
    黒い花はきりりとした気品と共に、
    どことなく、危険な魅力を宿していますよね。
    でも現在、本当の意味の黒い花は、存在しません。
    黒っぽく見える花は、よく見ると実は濃紫や濃紅。
    植物はメラニン色素を持つことができないので、
    真っ黒な花は存在し得ないのだそうです。

    昔「ラ・セーヌの星」というアニメがありました。
    フィクションですが、マリーアントワネットが、
    黒バラを縫い付けたドレスの美しさで、ライバルに勝つという一話がありました。
    すでに地位も名誉もあるフランス王妃が、美しさでも人の上に立ちたいと願い、
    花屋の一家を不幸に突き落としてしまうお話です。

    NHK人形劇では、死の商人ランカーに仕える 美人秘書ヘドロ が歌っていました。
      ♪私はヘドロ 世界で一番いい女 好きな色は赤と黒 
       レッド&ブラック 赤は血の色 黒は罪の色 オレィ♪
    (ちなみに、ヘドロは女を磨くために、茶道と華道をたしなんでいるそうです。)

    やっぱり悪のイメージの強い黒。
    でも、ちょっと待って。
    この女性たち、明確な夢を持ち、並外れた向上意欲とけなげな努力、
    とてもチャーミングなキャラクターではありませんか?
    いけばな フラワーアレンジメント はな 花 フラワー 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)ガラス (花器)プラスチック (花留)その他 (花材)ガーベラ (花材)チョコレートコスモス (花材)スイセン 


    12:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.07 (水)

    生花一種生 水仙

    生花一種生 水仙(拙作)我が家の畑の水仙が、やっと咲き始めました。
    この季節になると、
    必ず1回は稽古しておきたい水仙です。
    写真は、生花一種生水仙2本を生けました。

    「陰の花 水仙に限る」 生花七種伝より

    清楚な姿、高貴な香、冬季最高の花。
    寒風に耐え、北国では雪の下からも
    凛として可憐な花を咲かせる日本水仙は、
    別名 雪中花とも言います。
    昔は冬に咲く花は少なかったので、
    本当に貴重な存在だったんですね~。

    水仙の生花は、
    花、葉、袴をいったんバラバラにして、
    理想的な姿に組みなおして生けます。
    11月中は2本、12月に入ると2~3本生けます。
    花の数や位置など、季節が進むごとに細かな法則があり、
    憶えるのはたいへんですが、それは自然の摂理にかなっていて
    とても奥深く、何度習っても興趣の尽きない花です。
    あ~それにしても、良い香りだわ~~~。

    日本水仙(ニホンスイセン)
     ヒガンバナ科スセイン属
     学名 :Narcissus tazetta var. chinensis
     (ギリシャ神話の美少年ナルキッソスが化身した花で、ナルシストの語源。)
     原産地は地中海沿岸。室町時代に中国を経由して渡来、野生化した。
     弱い毒があるので、たまねぎやニラと間違えて食べないこと!

    「水仙の俵生(タワライケ)」と呼ばれる稽古法があります。
    一晩に200本の水仙を生ける荒稽古です。
    私がこの荒稽古に挑戦した時の作品をひとつ、
    次回アップしますので、どうぞお楽しみに。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体一種生 (伝書)七種傳 (花器)竹 (花留)花配り (花材)スイセン 


    19:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。