07月≪  2011年08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫09月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    芸術科目

    2011'08.31 (水)

    露草


    これは京都で作った愛用の扇子。
    竹製和紙張。
    本来は、茶道で男性が使う作りのもの。
    女性の絹張の扇子より、ふたまわりほど小さいのです。
    この大きさにこだわりがあります。
    なぜなら、夏の巡回講座や講演会、市民ホールの狭い席でも、
    これなら隣の人に迷惑をかけないからです。
    秋のいけばな展も、会場の暑い人混みの中で、コンパクトに涼むことができます。

    大好きな露草の絵は自作。
    京都の扇子工房で、一生懸命お手本をみながら描いて、
    後日、扇子に仕上げて送ってもらいました。
    思い出のある愛用品は、眺めているだけで楽しくなります。
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:51  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    土いじり

    2011'08.30 (火)

    台風サバイバル


    畑の栗の木には、今、実が10個付いています。
    始めは30個くらいありました。
    夏の間、蟻と油虫と蜘蛛を退治して、風が吹く度に支柱を立てて。
    でも減り続けて…。

    やっとここまで育ったのに、明日台風が来たら、何個残るでしょうか。
    外はすごい音を立てて雨が降り始めました。
    栗が心配。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:10  |  コメント(0)  |  トップへ  |  EDIT
    土いじり

    2011'08.29 (月)

    レモンが たわわ


    今日は、庭と畑の手入れをしました。

    サフィニアの切り戻し。
    サルビアと日々草の切り戻しと、種収穫。
    バジル3回目の収穫。
    葉牡丹の種まき。
    柑橘類の芋虫退治。

    レモンが当たり年です。今、50個以上付いています。
    半分くらいは黄色くなるかなぁ。
    デコポンも20個付いています。

    気持ちよく疲れました。
    おやすみなさい。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:56  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    私のこと

    2011'08.27 (土)

    楓と鮎の絵の団扇


    今日も、昨日に引き続き、
    夜中に抗生剤を飲むために、夜食の用意をしました。
    昆布茶おむすび。
    見た目はイマイチだけど、冷めてもおいしいですよ。
    小さいおむすびに小さじ1杯の昆布茶をまぶしてレンジでチン、それだけ。
    昆布茶って万能調味料ですね。

    今日の団扇は楓と鮎の絵。涼しげで良い絵でしょう?
    昨日の写真の団扇は、母のお気に入りで、アヤメの絵でした。
    団扇はやっぱり竹製が良いですね。風の涼しさが違います。
    伝統工芸品「房州団扇」は、竹の丸柄で持ちやすいから、
    ひとつ欲しいけど、高値でなかなか買えないです。
    それと、高級品なので、多くは絹貼りで、ちょっと重いかな。
    私は、竹製の平柄の紙貼りで、露草の絵の団扇がお気に入りです。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:36  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    私のこと

    2011'08.26 (金)

    今日はゴマおむすび


    残りご飯が少なかったので、ちょっと小さいおむすびです。

    一昨日、パソコンを修理に出しに行って、集中豪雨に会いました。
    びしょ濡れになり、すぐに着替えたのに、今日は膀胱炎です。
    また抗生剤のお世話になることに。
    夜中にも起きて薬を飲まなければならないので、
    夜食のゴマおむすびの準備です。

    ME/CFS(難病)のせいで免疫力が弱いから、
    ちょっと油断するとすぐ、いろんな感染症に襲われます。
    おいしいスイカで水分補給もしっかりしてたのにね~。
    ちょっと濡れたくらいでこれじゃホントに、
    やりたいことがなんにも出来ないよ~。
    早く丈夫な身体に戻りた~い。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:36  |  コメント(0)  |  トップへ  |  EDIT
    土いじり

    2011'08.25 (木)

    ゴーヤ大爆発

    moblog_a24f3398.jpg
    自然の造形のなんと美しいことどんな人為もかないませんね。
    いけばなでは、めったに使わない配色かなぁ。でも一度やってみたいですね。

    今朝、朝食をとっていたら、窓の外で、ゴーヤの茂みに何かが動きました。
    見ると、今、まさにハジケたばかりの黄色いゴーヤの実から、種がポロポロと。
    粘着性の赤い衣で、葉から葉を伝ってゆっくり下へ降りて行きました。
    トカゲが枝を伝わって行くような、動きと早さでしたよ。

    (チョプリさん、ごめんなさい。題名パクりました。
    大爆発って表現が、あんまりにはまっていたので。)

    《これは携帯からの投稿です》
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    23:06  |  コメント(0)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'08.23 (火)

    ブロッコリーの湖

    ブロッコリーの湖こんなのは、いかがでしょうか。
    「ブロッコリーの湖」 自由花(拙作)です。

    あれ、この花器、前にも見たよ。
    はい、お気に入りだから、
    何度でも登場しますよ
    6月1日の記事「青いガラスの花器」
    これは、花器からの発想で、
    風を吹かせた立花新風体の作品。
    7月1日の記事「梅雨明けを待つ自由花」
    これは、童謡「あめふりくまのこ」の
    メルヘンの世界を表現した作品。

    ふたつの作品はどちらかと言うと動の作品。対して、今回は静の作品です。
    深い森の奥の、湖に1頭の白い馬。
    って言ったら、東山 魁夷。今回あえてその絵を見ずに、
    昔その絵を見たときの感動をたよりに、この自由花を制作しました。
    宮崎アニメ「もののけ姫」のシシ神様の棲む沼のイメージも少し入ってるかな。
    ブルーシャトーのメロディーも入っているかも…。

    食べたものが人間の身体の細胞を1個1個作っていくように、
    昔、夢中で読んだ本とか、印象に残った絵画、音楽、映画、
    心に焼きついたそういうものが、私の中から染み出てきて作品になります。
    だから、個性なんてものは、わざと創らなくても良いんです。
    勝手に染み出てきますからね。誰だっていっぱい持ってるんですよ。

    小学生のとき、私は図工の成績がひどかったです。
    白い大きなニワトリが気に入って、絵を描いて、トイレに行って帰ってきたら、
    白いニワトリは、汚い、汚い茶色に塗り替えられていました。
    びっくりしてみんなに聞いたら、先生がやったって言うんです。
    おくてで無口だった私は、何も反論できなかったけど、今だったらはっきり言える。
    「私は、茶色ではなくて、白いニワトリを描いたんです。」って。
    その頃(の文部省方針?先生の資質?)は、個性重視と言いながら、
    流行のピカソの真似を強制する、ホントに不思議な学校環境でした。

    個性はたとえ縛っても、おのずと染み出てきます。
    それを表現する手段としての技法、知識はしっかり学ばなければなりません。
    でもそれはあくまで手段です。先生が教えられるのは、そこまで。
    「いけばなも、一生懸命理論を勉強しているうちは青二才。
     作品に人生経験が生かされなければ本物じゃない。
     年を取らなければ花は生からない。」と先生がおっしゃっていたのが、
    稽古に行けなくなってから、少しわかって来たような、気がしています。
    きっと、病気によるブランクも、無駄じゃなかったと思えるときが、くるのでしょうね。

    パソコンが壊れたので、明日からしばらく修理に出します。
    できるだけ、ブログ更新は携帯からしますので、引き続き、応援よろしくお願いします!!
    いただいたコメントは読むことはできますが、たぶん返信ができません。
    みなさまのブログにも、お邪魔する事ができません。
    後で、まとめて拝読させていただきますね。すみません。

    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)自由花 (花器)ガラス (花留)剣山 (花材)ブロッコリー (花材)ミラ (花材)アスパラガス (花材)トクサ (花材)タマシダ 


    14:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'08.20 (土)

    水陸生 秋の気配

    3週間ぶりの雨が降りました。乾ききった土が潤い、
    畑の野菜たちも、庭の花たちも、うれしそうです。

    暦の上では、立秋はとうに過ぎています。
    連日酷暑でしたが、一昨夜まで、空にはきれいな月が出ていました。
    藪でこおろぎも鳴き、そこここに、かすかに秋の気配が。
    この雨があがると、一気に秋めいてくるのでしょうか。
    (超希望的観測だったりして…

    暑い中、遠くから訪ねてきてくれる友達のために、
    少しでも涼しくしつらえようと、床の間に花を生けました。

    水陸生(拙作)生花三種生 株分 水陸生(拙作)です。
    読み方は、ショウカサンシュイケ カブワケ スイリクイケ
    花材は、夏櫨ナツハゼ、薄ススキ、燕子花カキツバタ
    ススキが入ると、急に秋らしくなります。

    8月12日の記事の「魚道生」もそうですが、
    株分の生花を生けるのは、
    春夏秋の暑い時期だけのお約束。
    広口の花器で水面をたっぷり見せて、
    見る人に涼しさを感じてもらういけばなです。
    魚道生は、池の中ほどの景色。
    水陸生は池の岸際の景色を写す生花なので、
    花器の水の中に石を置いて
    その向こう側を陸に見立てます。
    秋なので、赤茶色の石を3個使いました。
    春は青、夏は黒。盆石の習いからきています。

    盆景、盆石、盆栽。
    みんな戦乱の室町時代に芽を吹き、太平の江戸時代に発展した芸術。(いけばなも)
    ミニチュアとかフィギュアとか、日本人は昔から小さいものが大好きだったんですね。
    いい大人がちまちまと、なんだかかわいくて、おもしろい世界だと思いませんか。
    小さいものに大自然や大宇宙を観て、余白や行間に夢幻を感じる。
    こんな精神性の高い文化が発達した
    日本に生まれたことを、とってもラッキーに感じます。
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)生花正風体三種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ナツハゼ (花材)ススキ (花材)カキツバタ 


    08:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    土いじり

    2011'08.17 (水)

    ゴーヤ 第2回収穫

    ゴーヤ7個  窓から眺めたゴーヤ
    ゴーヤの第2回収穫は、7個でした。ゴーヤチャンプルでおいしく食べました。
    食べきれない分は、生のままきざんで冷凍にしました。

    ゴーヤの種外のゴーヤにはあと10個の小さい実がなっています。
    でもこの暑さで、葉がしおれて黄色っぽくなってしまいました。
    水をたっぷりやっても、
    ダンボール箱で鉢に日除けを作ってやっても
    あまり元気になりません。
    このまま、10個の実を付けておくと、本体がだめになってしまいそう。
    どうしたらよいのやら…。

    写真追加しました。(写真をクリックすると少し大きく見られます。)
    一番上がゴーヤの種です。下はスイカの種とカボチャの種。
    でも、まだ青いゴーヤからほじくったから、発芽するかどうかわからないですね。
    炒めるとおいしいらしいですよ。種として使うか、おつまみにするか、迷います。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    18:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'08.12 (金)

    魚道生 目に見えないもの

    生花二種魚道生(拙作)ゆっくりと体調が良くなりつつあるので、
    すっかりご無沙汰してしまった
    いけばなシリーズの再開です。

    生花二種生 株分、魚道生(拙作)
    読み方は、ショウカニシュイケ カブワケ ギョドウイケ
    男株にフトイ、女株に燕子花カキツバタ
    魚道生には一番ポピュラーな花材です。

    フトイと燕子花の間を、魚が泳いで通るのが
    見えますか?
    燕子花が、魚のひれに押されて揺れるのを
    感じていただけますか?
    それが「魚道生」です。

    文学も、書画も、総じて
    日本文化は、空間・余白を大切にしていて、
    見る人の心を夢幻に遊ばせるのが得意です。
    いけばなも、またしかり。
    植物の隙間にできた空間にこそ、実は意味がある。深い深い世界なんですね。

    明日からお盆です。
    明日になったら、ご先祖様は本家の仏壇に行ってしまうので、
    今日は、まだお墓にいる間に、お参りに行ってきました。
    きれいに掃除が行き届いていて、本家の安泰にほっとしました。
    我が家にはまだ仏様はいないので、私は、お盆のしきたりをあまり詳しく知りません。
    でもこの季節になると、母が昔話をするので、なんとなく覚えました。

    ご先祖様はあの世から馬に乗ってやって来て、牛に乗って帰るから、
    キュウリに「おが」を挿して馬を作り、ナスで牛を作る。
    あの世から来る道中で汚れた手足を洗うための、洗面器とタオルを外に出しておく。
    お団子でお迎えして、そうめんでもてなし、
    おむすびを持たせて温泉旅行に送り出し、帰ってきたら天ぷらを食べさせる。
    と母は言うのですが、ほんとかな!?
    宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」のお湯屋みたいのが、あるのでしょうかね。

    お盆は、仏教行事に土着信仰が混ざって、摩訶不思議な文化になっていますよね。
    大自然への畏怖畏敬の念、目に見えない精霊を大切にする心と形。
    ままならない自然に運命をゆだねて米を作る、農耕民族の文化。
    ふるさとの山も川も、ずっと変わらずにあって欲しいと願います。

    見えないけど、おじいちゃん おばあちゃん、ゆっくりして行ってね。
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)生花正風体二種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)フトイ (花材)カキツバタ 


    23:23  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME |  NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。