06月≪  2011年07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫08月
    いけばな

    2011'07.15 (金)

    ロータス タイフーン

    103台風6号マーゴンが日本に接近中です。
    台風のネーミングっておもしろいですね。
    今年は台風の当たり年でしょうか。
    「水」がテーマの花展があった年も、
    台風の当たり年でした。
    私は2年がかりで、蓮の自由花を作りました。

    お盆が近づくと、近所の八百屋さんでも
    昔は、ハスの花を売っていたものですが、
    最近は、花屋さんに1ヶ月前から特注
    しなければ、ハスの花は買えません。
    しかもたいへん高価です。

    レンコン栽培農家は、
    この近辺にいっぱいありますが、
    花や葉を切るのをとても嫌がります。
    切り口から水が入って、
    肝心のレンコンが腐るからです。
    食用栽培のハスは花材にはできません。

    千葉公園の大賀ハスは、二千年前の遺跡から出た、古代ハスの種が発芽したもの。
    とても可憐な一重の大きな花が、夢見るように咲いています。
    でも、公園のハスの花も、遠くから見るだけですよね。

    ハスの花材調達のためには、自生地を探さなければ…。

    ここは我が家から車で20分の、蛇池。 おぉ、見渡すかぎりのハスだわ!!!
    101  102  アオダイショウ  ウシガエル
    蛇池は、かなり広く深い農業用水池です。ここのハスは自然に増えたもの。
    用水池としてはハスの繁茂は迷惑ですし、釣人も糸が絡むのでハスを嫌います。
    ここで私が花をとっても、困る人は誰もいません。
    アオダイショウやら、ウシガエルやら。みなさん、お邪魔いたします。

    105岸から裸足で池に入って、
    尻餅ついて、びしょびしょになりながら、
    ハスの花を採取することができました。
    その年は雨不足で、比較的浅いところに
    たくさん咲いていました。
    何度も通って、生態観察し、
    水揚げ方法もマスターできました。

    ところが翌年、
    花展本番の年は、台風の当たり年で、
    写真で見えている草原も完全に水没して、
    岸から届く距離に花はありませんでした。
    花展5日前には台風が来て、池はさらに増水。
    仕方なく、釣人用のボートを借りて、
    ハス群落に近づき、高枝切り鋏でとりました。
    命がけの花材調達でした。

    「智目行足」「いけばなは足で生けろ」の実践。
    でも、もうちょっと、楽な花を選べばよかった…
    ハス関連の記事を全部見るには、ここをクリックしてください
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)自由花 (花材)ハス 


    23:32  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME |