05月≪  2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'07.20 (金)

    なでしこの宝船

    入船
    いけばな池坊の伝書には「三船生方の事(サンセンイケカタノコト)」という項があり、
    「出船(デフネ)」「入船(イリフネ)」「泊船(トマリブネ)」のいけ方が説かれています。
    写真の花形は「入船」。花材は夏櫨(ナツハゼ)と撫子(ナデシコ)。5年前の拙作。
    「入船」は別名「宝船」とも称し、魚を満載して帰って来た船を表現します。
    いかにも荷重たげに船尻を少し下げて、床の間に吊るし、
    受賞や還暦など、人生の成果を寿ぐ、祝儀の席に飾ります。
    反対に「出船」は勢いよく出港する船なので、
    前のめりに舳先を下げ、帆にいっぱいの風を孕むように形作ります。
    入学、就職、結婚など、新たな門出を祝うときにいけます。
    「泊船」は以前に載せましたよね。4月23日の記事「燕子花の生花『泊船』」

    20120720180329.jpg  20120720180329 (1)  20120720180329 (2)
    大和撫子(ヤマトナデシコ)は日本古来の川原撫子(カワラナデシコ)の別名。
    川原撫子は、花びらが薄く細かい裂の入った見るからにたおやかな花です。(左)
    対して、唐撫子(カラナデシコ)はちょっとごっつい感じの、セキチクのこと。(中)
    ナデシコとセキチクとカーネーション(右)は、みなナデシコ科ナデシコ属で親戚です。
    撫子(ナデシコ)の名は、万葉集に「形小さく色愛すべき、愛児に擬す」とあり、
    「撫でたいほど愛しい子」に由来します。可愛いらしい女性=恋人の暗示も。
    奥ゆかしい日本女性の代名詞と思われがちですが、
    花言葉には純愛・無邪気の他、才能・大胆・勇敢 などあります。
    なるほど、なでしこジャパン。お宝を持って揚々と凱旋しますように!
    学校はダメでした。ほんとうは今日「出船」を掲載したかったのですが。
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)生花正風体一種生 (伝書)五ヶ條 (花器)竹 (花留)花配り (花材)ナツハゼ (花材)ナデシコ 


    23:00  |  コメント(16)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'05.11 (金)

    燕子花(カキツバタ)の紫

    燕子花の生花一種生(拙作)今年初めて咲いた燕子花、いかがでしょう。
    燕子花の生花一種生を今日生けました。
    (カキツバタノショウカイッシュイケ)
    昨年より、少しは上達したでしょうか。
    平成23年4月の記事「生花一種生 燕子花」
    庭ですくすくと育っていた燕子花の葉が、
    昨日と一昨日の強風に煽られて、
    みんな折れてしまいました。(涙)
    花が咲くのを待ちわびていたのに。
    しかたないので、手当てをして生けました。
    浴室の床に、折れた葉を寝かせて
    たっぷりと水を打ちながら半日養生。
    ダメージの大きかった葉は、
    セロテープで裏打ちをしました。
    平成24年5月の庭のカキツバタ  カキツバタ養生  カキツバタ葉組
    今、庭には15本の花が咲いています。
    去年より2週間ほど遅れていますね。
    5日もすると2番花が出てきますよ。
    今年は肥料がよく効いているので、
    4番花も咲くのではないかと期待してます。
    平成23年5月の記事「燕子花の2番花」

    紫色の美しい燕子花。紫の法衣は僧侶の最高位を表し、
    かつては天皇の許しが無くては着用を禁じられていました。
    参考資料 → 紫衣事件(Wikipedia)
    高貴な紫色が一番映えるのは、やはり風の渡る水の上。
    いきいきとした緑の葉の上にあってこそ、紫は美しいと思います。
    この一瓶の向こうに 清々とした池を感じていただけたら、嬉しいです。

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体一種生 (花器)金属 (花留)花配り (花材)カキツバタ 


    23:00  |  コメント(12)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'04.23 (月)

    燕子花の生花「泊船」

    とまりぶね燕子花(カキツバタ)の葉が、すくすくと育って
    こいのぼりの季節に、なんて似合う花でしょう!
    艶やかな紫の花もさることながら、
    この緑色の葉の美しさを賞して
    池坊いけばなでは「葉もの」として扱います。
    つまり葉の扱い方が勝負どころの花材。

    写真の花形は「泊船(トマリブネ)」といいます。
    底の平たい小さい川舟が
    翌朝の出船の希望を抱いて、船待ちする姿。
    帆をおろし、物静かな趣を表す生花なので、
    この季節の燕子花には、ぴったりの花形です。
    新葉はまだ柔らかく腰がないので、いける際にはちょっとした工夫が要り、
    剣山より又木の花配りに、葉をⅤの字に折るように差し込むとしっかり立ちます。

    我が家のカキツバタこれは十数年前の作品。
    泊舟のいけ方については恥ずかしながら経験が少ないので、
    語るほどのウンチクを持ち合わせてはいませんが、
    この植物自身の美しさの前には、何をか言わんやでしょう?
    カキツバタ、あぁ燕子花、杜若。大好き!
    我が家の庭の燕子花も、元気はつらつです。
    今年も楽しい季節が始まりました♡

    ※このページの下の方の「いけばな作品タグ」の(花材)カキツバタをクリックすると、
     昨年掲載した私のカキツバタの作品を、全部見ることができます。

    いけばな アレンジメント 花 フラワー 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体一種生 (伝書)五ヶ條 (花器)その他 (花留)花配り (花材)カキツバタ 


    20:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'03.16 (金)

    お彼岸の花

    石化柳と小菊の生花ぼちぼち、良い季節になりそうですね。
    皆さんお彼岸にはお墓参りをされますか?
    掃除道具とお線香、お供えのおはぎとお花。
    スーパーのチラシでも小菊を中心とした
    500円位の仏花を見かけるようになりました。

    池坊いけばなも、そもそもは
    「仏前の供華(ブツゼンノクゲ)」です。
    聖徳太子の護持仏を、小野妹子が
    出家してお守りしたのが池坊の開祖。
    毎朝お花を手向けてお祈りをしたのです。
    その後、室町時代に他の文化とともに発展し、
    安土桃山時代には座敷飾りとして隆盛を極め、
    江戸時代に様式が整い、現代に続いています。

    「仏前の供華」とは、仏様に供える花のこと。
    仏壇や仏像の前にある、金色の蓮の造花が、仏前の供華です。仏前の供華
    生々流転や大宇宙を表現する形に作られています。
    お彼岸が近づくと、花屋さんの店頭でよく目にする、
    小菊を中心としたミックス花束。あれも仏前の供華用。
    多くの日本仏教では、亡くなった方はみんな尊い仏様になるから
    尊敬の念を込めてお花を差し上げるのが「仏前の供華」です。スーパーの仏花

    だから、ゴムで束ねたままバサッと挿し込んじゃダメですよ。
    ご先祖様のお顔を思い浮かべながら、1本1本丁寧に、
    花立てに挿し入れてください。そして1本は、
    向こうから見て美しいように挿してあげてください。

    私の花の師匠の随想録から引用。
    「農家の方から『仏様に』と菊の花をいただいた。
     ハッと心に深く響いた。
     若い頃、弟子の失敗作を手直ししながら
     『これではお墓の花のようです』
     何気なくそんな表現をした私は、何と軽率であったろうか。」

    このちょっと前に、師匠はお母様を亡くされています。

    仙人のような師匠でさえ、そういう若いときがあったのですから、
    凡人の私が、お墓参りの花にいつも心を込めていた 
    わけがありません。 でも、今は意識しています。
    お彼岸だからただ習慣としてお墓参りするのと、
    具体的な亡き人を偲ぶ大切な日として準備するのとでは、
    同じ花でも、お供えのおはぎでも、意味は天と地ほど違うのです。

    さて、また長くなっちゃったので、手短かにトップのいけばな写真の説明を。
    石化柳(セッカヤナギ)に小菊の生花二種生。
    秋から春まで稽古でよくいける花材です。
    取り合わせとしては初心者向きのものですが、生花別伝の上段流(真流)で
    花留めに配りを使用したので、中級者向けの花形になっています。
    前々回の、猫柳にチューリップの生花より、
    同じ柳でも、ちょっぴり大人びた雰囲気が伝わるでしょうか。
    2月28日の記事「猫柳」
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体二種生 (伝書)生花別傳 (花器)金属 (花留)花配り (花材)ヤナギ (花材)キク 


    01:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.16 (金)

    生花一種生 水仙 3本

    生花一種生 水仙(拙作)「水仙の俵生(タワライケ)」
    と呼ばれる稽古方法があります。
    写真は、私が
    この荒稽古に挑戦した時の作品です。

    私の伯母は戦争未亡人で、
    稽古花の卸をして生計を立て、
    2人の子どもを立派に育て上げました。
    11月15日の記事「花屋さんについて」

    そのころ、水仙の栽培農家が
    市場へ出荷する単位は200本でした。
    刈り取って選別した水仙の花200本を
    藁菰(ワラコモ)に包んで
    縄でしばって市場に出荷します。
    それがちょうど米俵のような形をしています。

    通常、生花市場で競りにかけられた花は、仲買人に競り落とされ、
    10~50本単位に小分けにされて仲卸店に並び、
    それを小売のお花屋が買って行って、一般のフラワーショップに並べます。
    でも、水仙200本を売りさばけるような大手のお花屋は、
    仲買を通さず直接競りで落としていくので、その分安く仕入れる事ができます。
    また、仲良しのお花屋が、数人でいっしょに競り落として分け合うことで、
    安く仕入れるという手もあります。伯母はよくそうしていました。
    房総の漁港から東京の魚河岸に鮮魚を運ぶトラックが
    帰りはカラで帰るのを頼み、仕入れた花を運んでもらいます。
    そうやって、伯母は知恵を絞って、安くて良い花材を、
    いっしょうけんめい 女学生たちに提供してきたのです。

    さて、
    「水仙の俵生」とは、水仙200本を俵の状態のまま安く買い付け、
    一晩のうちに生花70~100瓶を生けるという荒稽古です。
    もちろん、正式な稽古方法というようなものではないでしょう。
    私の師匠の師匠が、かつてやったという伝説です。
    その話をはじめて聞いたとき私は閃光を見た気がしたのです。
    「いつかやってみたい。いや、いつか必ずやってみよう。」

    その後、紆余曲折を経て、実現できたのは15年前の事。
    当時の私は会社員で、休日返上、毎日12時過ぎの帰宅という日々でしたから、
    「正月休みに決行」と心に決め、市場の閉まる27日に水仙の仕入れを頼みました。
    さすがに、友達とふたりで100本ずつ分けましたけどね。
    1日の午後から2日の午前まで、水仙の生花をひたすら生け続けましたよ。
    2本生を20瓶、3本生を20瓶、合計40瓶。食事を挟んで約20時間。
    2本生の参考写真はこちら→12月7日の記事「生花一種生 水仙」

    真冬の夜中に(花が傷まないように)暖房もつけず
    水の中に手を入れていると、指が痺れて頭がボーっとしてきます。
    乱暴な生け方になると思うでしょう?
    それがね、だんだん上手に早く生けられるようになるものなんですよ。
    花が手の一部になってくるような感覚。悟りの境地?(笑)
    やってみたらわかることですが。
    やってみると良いですよ~、一度。
    「陰の花 水仙に限る」 生花七種伝より
    何でも、へ~と思ったら自分でやってみるのが一番ですね。

    昨年、伯母は95歳で他界しました。師匠の師匠もすでにあちらのお方です。
    伯母が永く仕入れに通っていた浅草橋生花市場は、5年前に閉場になったようです。
    時代はたゆまなく流れてゆきます。
    若いときの鍛錬は私の大切な財産。
    今やりたいことで、今できることは、今残さずやっておきましょう。
    活花 活け花 生け花 いけばな お花 花器 花瓶 生花 池坊 華道 お稽古

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体一種生 (伝書)七種傳 (花器)竹 (花留)花配り (花材)スイセン 


    06:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.07 (水)

    生花一種生 水仙

    生花一種生 水仙(拙作)我が家の畑の水仙が、やっと咲き始めました。
    この季節になると、
    必ず1回は稽古しておきたい水仙です。
    写真は、生花一種生水仙2本を生けました。

    「陰の花 水仙に限る」 生花七種伝より

    清楚な姿、高貴な香、冬季最高の花。
    寒風に耐え、北国では雪の下からも
    凛として可憐な花を咲かせる日本水仙は、
    別名 雪中花とも言います。
    昔は冬に咲く花は少なかったので、
    本当に貴重な存在だったんですね~。

    水仙の生花は、
    花、葉、袴をいったんバラバラにして、
    理想的な姿に組みなおして生けます。
    11月中は2本、12月に入ると2~3本生けます。
    花の数や位置など、季節が進むごとに細かな法則があり、
    憶えるのはたいへんですが、それは自然の摂理にかなっていて
    とても奥深く、何度習っても興趣の尽きない花です。
    あ~それにしても、良い香りだわ~~~。

    日本水仙(ニホンスイセン)
     ヒガンバナ科スセイン属
     学名 :Narcissus tazetta var. chinensis
     (ギリシャ神話の美少年ナルキッソスが化身した花で、ナルシストの語源。)
     原産地は地中海沿岸。室町時代に中国を経由して渡来、野生化した。
     弱い毒があるので、たまねぎやニラと間違えて食べないこと!

    「水仙の俵生(タワライケ)」と呼ばれる稽古法があります。
    一晩に200本の水仙を生ける荒稽古です。
    私がこの荒稽古に挑戦した時の作品をひとつ、
    次回アップしますので、どうぞお楽しみに。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体一種生 (伝書)七種傳 (花器)竹 (花留)花配り (花材)スイセン 


    19:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'10.04 (火)

    「菊の節句」

    菊の生花一種生(拙作)です。生花一種生 菊(拙作)
    花器は御玄猪、花留は正式な花配りです。
    今回は古い作品の写真ではありません。
    今年の菊を愛でたくて、さっき生けました。

    明日、10月5日は旧暦の9月9日。
    重陽の節句=菊の節句です。
    なんでまた、旧暦で?とお思いですか?

    日本の節句は本来5回あります。
    1月7日 人日(じんじつ) 七草
    3月3日 上巳(じょうし) 桃の節句
    5月5日 端午(たんご)  菖蒲の節句
    7月7日 七夕(たなばた) 笹の節句
    9月9日 重陽(ちょうよう)菊の節句
    中国では古来、奇数は縁起のよい陽の数とされ、
    祝日として、いろいろな行事が行われました。
    中でも、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日は「重陽」の節句、
    1年で一番おめでたい日です。
    日本でも明治までは、重陽の節句を盛んにお祝いしてきました。
    でも私たちには、あまり馴染みがありませんよね。なぜでしょう。

    明治6年に、日本は旧暦(太陰暦・天保暦)から
    新暦(太陽暦・グレゴリオ暦)に改暦になりました。
    それ以前、日本古来の年中行事は、旧暦で行われて来ました。
    旧暦と新暦には、月により1ヶ月から2ヶ月の差があります。
    年中行事をそのまま新暦に移行すると、
    当然、季節感のずれた行事になってしまいます。
    たとえば、1月7日に、春の七草が露地に育ってますか?
    でも温室栽培で、スーパーに「七草セット」が売ってるから大丈夫。
    菖蒲や笹は花が咲かないし、桃も開花期調整が比較的容易です。

    でも、菊はね、本来は短日植物。
    昼より夜が長くならなければ咲かない植物です。
    夏咲き品種の菊で無い限り、露地栽培の菊はお彼岸前には咲きません。
    秋分の日以前にお店に並んでいる菊の切花、あれは実は、
    ほとんどが電照菊か輸入品、または外来品種か改良品種なんですよ。
    新暦9月9日に、季節をたがえて無理やり咲かされた可愛そうな菊を
    たっぷり生けて寿ぐ気持ちに、私はなれないのです。
    たぶん多くの日本人が同様の感情で、
    新暦の9月9日に菊を愛でることをやめたんじゃないでしょうか。
    重陽の節句は、しだいに忘れ去られていきました。
    その代わり、本来菊の咲く10月後半から11月に、各地で菊花展が行われて、
    コンテストやら菊人形やら、とてもにぎやかですね。

    そういうわけで、私は明日、旧暦の菊の節句がとても楽しみです。

    菊酒
    菊の香りを移した菊酒を飲んで、邪気を払い長命を願います。
    京都の法輪寺には、菊酒を飲んで700歳もの長寿を得た
    という中国の菊慈童の像があります。
    菊をお酒に漬け込んで作るのが本当ですが、日本酒の上に菊の花びらを浮かべて、
    香りを楽しみながら乾杯しても雰囲気が楽しめますよ。

    菊花茶
    これは文字通り、菊の花を乾燥したお茶です。
    お湯の中にキレイな菊の花が開き、香りもさわやか。
    ビタミンがたっぷりで、漢方薬では視力回復の薬として処方されます。

    食用菊
    食用菊は、山形産「もってのほか」が美味。天ぷらや和え物に。
    10月下旬から収穫期ですから、これからスーパーに出回るでしょう。

    菊湯
    菊は保温効果が高く身体の芯まで温まるので、夏の疲れを癒すにはピッタリです。
    菊湯に用いるのは、野生種のリュウノウギクという種類だそうです。
    でもこれはよくわからないので、私はカモミールで菊湯をやりますよ。
    カモミールはキク科の植物で「ハーブの女王」。
    お茶として飲めば、身体を温めて、気持ちを穏やかにする効果があります。
    スーパーでティーバックが売ってますから、お手軽に、試してみてください。
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)生花正風体一種生 (花器)金属 (花留)花配り (花材)キク 


    23:50  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'06.09 (木)

    楊貴妃の眉毛

    生花二重生 未央柳(拙作)二重切花筒の生花二重生(拙作)です。

    花材は、ミオヤナギ、
    ピンクの撫子、紫のアイリス。
    残念ながら、
    ミオヤナギは生けているうちに
    花が全部落ちてしまいました。

    ミオヤナギ(未央柳)。
    これからの季節に、目にも鮮やかな
    黄色い花が、しゃんしゃんと咲いて、
    雨に濡れた姿がまた、艶やかな美人だなあ。

    と思って近所に写真を撮りに行ったら、近所の雨上がりのキンシバイ
    なんと、それはキンシバイ(金糸梅)でした。
    キンシバイは、
    花も葉も丸く、枝がなよなよしています。
    ミオヤナギは、
    これよりも、花の雄しべがフサフサと長く、
    葉がとがっているので姿がキリリと締まり、
    枝がしっかりしていて、生けやすいです。

    未央柳と書いて、
    ミオヤナギ、ビヨウヤナギ、ビジョヤナギ…。
    いろんな読み方をします。

    白楽天(白居易)の「長恨歌」は、
    楊貴妃と玄宗皇帝の悲恋を歌った長編漢詩。
    今は亡き、美しい楊貴妃をしのび、
    玄宗皇帝が、宮殿の草木を見ては、涙を流すのです。
    「顔は太液池の芙蓉の花、眉毛は未央宮の柳の葉

    そこから、日本では、美央柳、美容柳、美女柳などと、
    美女のイメージと音の感触で、呼び名の変化が展開しました。

    下の写真は(図鑑から拝借)、左がミオヤナギ、右がキンシバイです。
    どちらもオトギリソウ科オトギリソウ属なので、やはり似ていますね。
    しかし、ほんとうにきれいな花だ~。
    未柳央 金糸梅
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)生花正風体三種生 (花器)竹 (花留)花配り (花材)ミオヤナギ (花材)ナデシコ (花材)アイリス 


    23:48  |  コメント(9)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.15 (日)

    燕子花の2番花

    2番花さん こんにちは 1番花さん さようなら 燕子花 ビューティフル!
    わぉ、ビューティフル!燕子花って、なんて美しい花なの?

    6月になると、池のカキツバタの葉もあばれてくるし、
    1番花はさよなら、2番花が出てきます。
    たまには3番花が出てくることもありますよ。
    2番花は1番花より、少し小ぶりで紫が濃いですね。
    1粒で2度おいしい。燕子花って、本当に素敵な花だなあ。

    生花一種生 燕子花(拙作)写真の生花は6月頃の表現です。
    ちょっと気が早いけど、いけばなは季節先取り。
    花器は「御玄猪」(オゲンチョ)です。
    名前の由来は足の部分のもくもくしたところが
    猪の顔に似ているから、と言う方もあれば。
    宮中で「亥の子餅」を乗せた丸三宝の形を模して
    考案された花器だから、という説もあり。
    銅製や鉄製があります。
    中に「花配り」という、
    Yの形の馬酔木(あしび)の枝を
    つっかえ棒にして花を留めてあります。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体一種生 (伝書)生花別傳 (花器)金属 (花留)花配り (花材)カキツバタ 


    23:56  |  コメント(0)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.09 (月)

    生花一種生 燕子花

    生花一種生 燕子花(拙作)「いけばな」の記事が、
    みなさまに喜んでいただいているようなので、
    嬉しくなっちゃった。
    調子に乗って、第4弾です。

    と言って選んだのが、また燕子花。
    だって、好きなんだもの♪

    カキツバタは、普通、水辺に生えていますよね。

    我が家のカキツバタも、
    2年前までは、田んぼで育てていたのですが、
    わけあって田んぼは埋められちゃったので、
    カキツバタは少しだけプランターに残しました。
    近所の用水池にも、内緒で少し植えて来ました。
    そうやって、花材として将来使えるように、
    家の周りの大自然のあっちこっちに、
    私の植物をひそかに育てています。

    カキツバタは、普通、池の中に、水に浸かって咲いていますよね。
    でも、この植物が本当は水に浸かりたくないって、知っていました?

    春になり、地下水位が上がってくると、燕子花は雨期の到来を感じ、
    「たいへんだ、早く花を咲かせないと、水没して子孫が残せない」
    と思って、つぼみを伸ばし始めるのだそうです。
    水かさが増えると、たいへんだ、たいへんだ、とどんどん咲く。

    え~本当?
    私も嘘だと思ったの。
    それで、苗を買って使わない田んぼに植えてみたんですよ。

    本当でした。
    常に水をはっていると、嫌がって、2、3年で株全体が陸の方に移動してしまう。
    そして、そのまま陸にしておくと、花が咲かなくなりました。
    やっぱり水は要るんです。でも水が好きなわけではないらしい。
    微妙な花ごころ…。
    花の季節だけ、田んぼに水をたっぷり入れて、他の季節は水を抜いてやるの。
    水位の調整で、1月に珍花(季節はずれに咲く花の事)を咲かせる事もできました。
    逆境にあって花は美しく咲く。本当に驚かされます。
    それを私に教えてくれた仙人も、若い頃、これをやってみたのではないでしょうか…。

    今回の写真は、5年くらい前の研究会での作品です。
    4月27日の記事の写真とはだいぶ趣が違うと思います。
    5月中旬の表現です。
    季節が進むと、もっと妖艶になったり、老練になったり。
    燕子花は四季を通じて生けられる、楽しみの多い花材。
    だから、私は燕子花が大好きです
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体一種生 (伝書)生花別傳 (花器)竹 (花留)花配り (花材)カキツバタ 


    01:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。