09月≪  2017年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    いけばな

    2013'10.05 (土)

    桜紅葉(サクラモミジ)

    桜紅葉急に冷え込んだ雨の夜の翌朝は、
    公園の桜の木の下に行ってみてください。
    桜の紅葉は紅くなるとすぐ散るので、
    楓のように見上げて楽しむことはできませんが、
    楓より葉に厚みがあるから色持ちがよく、
    部屋に飾ってしばらく楽しめますよ。

    桜紅葉(サクラモミジ)の自由花。
    取り合わせる花、もう庭に花が少ないので、
    白いカーテンに赤い葉をたくさん留めつけて、
    にぎやかにして遊んでみました。

    似たような記事を2年前にも書いてます。
    平成23年10月21日の記事「桜紅葉(サクラモミジ)」

    桜紅葉比較すると京都の研修所の練習作品の方が断然、
    集中力のある花ですけど、実生活の中の花って、
    この位ボケ~ッとしててもいいような気もします。
    お部屋が秋らしくなって、母もとても嬉しそう。

    余った桜紅葉は、両面テープでカレンダーに。
    この100円のカレンダーは
    味気ないけど、文字が大きくて見やすいの。
    そろそろ買わなければ。
    あと、インフルエンザの予防注射も、そろそろ。



    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)自由花 (花器)陶器 (花留)その他 (花材)サクラ (花材)ニチニチソウ (花材)シソ 


    23:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2013'09.07 (土)

    オレンジ色の花

    キバナコスモス激しい雷雨と共に酷暑は過ぎ去り、
    見上げれば、美しい秋の空になりました。
    畑にはキバナコスモスが咲き乱れています。
    今日はピー(オカメインコ)の月命日です。
    ピーの可愛い頬のようなオレンジ色の花に、
    ポトスを添えて、ワイングラスにいけました。
    花は私を慰め、励まし、癒してくれます。

    池坊では「数少なきは心深し」と習います。
    高価な花をたくさん買わなくてもいいのです。
    あまり気張らず、日々の暮らしにさりげなく、
    花を楽しんでいきたいと思います。


    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)自由花 (花器)ガラス (花留)その他 (花材)キバナコスモス (花材)ポトス 


    23:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2013'02.12 (火)

    椿の自由花(支部花展作品)

    椿の自由花春は名のみの風の寒さよ~♪
    というか、まだまだ真冬ですよねぇ。
    おはなは、寒いのが大の苦手。(暑いのもね)
    ですが、小鳥たちは春を感じているらしく、
    やっと咲きはじめた梅の小枝で、
    ちっちっちって、かわいい声で歌っています。
    近辺の山にも、真っ赤な美しいヤブ椿が
    ほろりほろりと、ほころび始めたところです。

    毎年、椿を見ると思い出す、いけばな作品。
    かなり前の、支部花展出瓶作品(拙作)です。
    写真を眺めていると、花材調達や制作の苦労を
    昨日のことのように思い出します。

    だって見てくださいよ、たったこれだけの作品を生けるために、用意した花材は、

    椿の自由花(花材) こ、この量ですよ!

     ツバキ 白 20本
     グロリオーサ 赤 20本
     アナナス 赤 6鉢
     チョコレートコスモス 黒 4鉢




    田舎では、花屋さんに花材の別注をするには、最小単位が20本でしたから。
    師匠は都会にお住まいで、私のその苦労はまったくご存じなくて、
    「ああ、ここに○○の花があるといいね。」と、いとも簡単におっしゃるのです。
    それをがんばって次の稽古までに用意しても、師匠のダメ出し何十回受けたことか。
    で、大枚はたいて用意したその花材は、他の人の作品に流用されちゃうのですよね。
    思い出してもため息が出ちゃうわ。
    それでもなお、ついて行きたいと思う、すてきな師匠だったんですけどね。
    若いときに、没頭できるものがあるのは幸せなことです。

    椿の自由花(おまけ) おまけの写真。
     元気いっぱい、情熱いっぱい。
     いっぱいいっぱい(笑)だった頃を思い出すなぁ。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)金属 (花留)その他 (花材)ツバキ (花材)アナナス (花材)グロリオーサ (花材)チョコレートコスモス (花材)フトイ 


    23:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'06.19 (火)

    フラワーカクテル(自由花)

    フラワーカクテルもしかしたら
    「きれい」と「おいしい」は
    限りなく近いのかもしれない。
    「楽しい」と「嬉しい」だって
    大差無いような気がする。

    おいしいものを見て不愉快になる人は
    めったにいないだろうから、
    より多くの人に愉快な気分に
    なってもらうには、おいしそうなものを
    並べて見せるのが、手っ取り早い。

    という理念で、京都の研修所でこんな花をいけました。暑い季節でしたから。
    アクリルアイスをたくさん入れて、冷たくておいしそうな感じに仕上げました。
    これ、フラワーアレンジメントではありませんよ。れっきとした生け花です。(笑)
    生け花をまだよく知らない人に、上手く説明するのがなかなか難しいのですけど、
    池坊の生け花には、こういうのもあるんです。自由花(フラワーアート)と言います。
    自由花は規矩やルールが無く自由な花。そして花を生かしてあれば、生け花です。
    ただし造形作品は、見た人の心を なにがしか ゆり動かしてこそ意味のあるもの。
    例えば前衛芸術であれば、見て嫌悪感を感じるのもひとつの効果ですが、
    生け花芸術は、できれば快い感動で、多くの人の共感を得たいものです。

    この花がどこかのカウンターの隅にでも置いてあって、だれかの目に触れたとき
     ちょっと涼しく感じてもらえたなら。
     待ち時間を少しでも、短く感じてくれたなら。
     汗が引いて、おなかがキュウと鳴ったなら。
    それで作者冥利に尽きる言うもの。題名も能書きも名札も不要です。
    どうでしょう、これをあなたの傍に置きたいと、感じていただけたでしょうか?

    関連記事:
    7月の花 7月の花
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)自由花 (花器)プラスチック (花留)その他 (花材)バラ (花材)アジサイ (花材)ポトス (花材)サンキライ (花材)センニチコウ (花材)フトイ 


    18:00  |  コメント(25)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.11 (日)

    黒い花の魅力

    チョコレートコスモスの自由花昨夜の皆既月食をご覧になりましたか?
    満天の星空にダークレッドの月が
    とても怪しげに浮かんでいました。

    先日、ある方から「黒い花」の
    リクエストをいただきましたので、
    予定を変更してこれを載せました。
    チョコレートコスモスの自由花(拙作)です。
    黒い瞳のガーベラ姫。
    クリスタルの城、ベルベットのドレス。
    脇を固める強者の侍女たち。
    黒いチョコレートコスモスは、
    作品をきゅっと引き締めてくれます。

    黒百合、黒いクリスマスローズやチューリップ。
    黒い花はきりりとした気品と共に、
    どことなく、危険な魅力を宿していますよね。
    でも現在、本当の意味の黒い花は、存在しません。
    黒っぽく見える花は、よく見ると実は濃紫や濃紅。
    植物はメラニン色素を持つことができないので、
    真っ黒な花は存在し得ないのだそうです。

    昔「ラ・セーヌの星」というアニメがありました。
    フィクションですが、マリーアントワネットが、
    黒バラを縫い付けたドレスの美しさで、ライバルに勝つという一話がありました。
    すでに地位も名誉もあるフランス王妃が、美しさでも人の上に立ちたいと願い、
    花屋の一家を不幸に突き落としてしまうお話です。

    NHK人形劇では、死の商人ランカーに仕える 美人秘書ヘドロ が歌っていました。
      ♪私はヘドロ 世界で一番いい女 好きな色は赤と黒 
       レッド&ブラック 赤は血の色 黒は罪の色 オレィ♪
    (ちなみに、ヘドロは女を磨くために、茶道と華道をたしなんでいるそうです。)

    やっぱり悪のイメージの強い黒。
    でも、ちょっと待って。
    この女性たち、明確な夢を持ち、並外れた向上意欲とけなげな努力、
    とてもチャーミングなキャラクターではありませんか?
    いけばな フラワーアレンジメント はな 花 フラワー 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)ガラス (花器)プラスチック (花留)その他 (花材)ガーベラ (花材)チョコレートコスモス (花材)スイセン 


    12:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'11.29 (火)

    クリスマスオーナメントでいけばな

    11月下旬の街は、X'mas飾りでいっぱい!クリスマスオーナメントで自由花
    せっかく飾るなら長く楽しみたいですものね。
    クリスチャンじゃないけど、綺麗なのは大好き♡
    安上がりなリースでも作ろうかと思い立ち、
    病院の帰り道、100円ショップに寄りました。

    色とりどりのモールやガーランド。
    リボン、ベル、りんごの作り物。
    金銀のクリスマスボールがきれいだわ。

    クリスマスオーナメントを使った自由花(拙作)。
    数年前の京都研修所での作品です。
    師走の忙しいさなか、自由花のネタを探し、
    このときも、100円ショップでウロウロ、
    アイデアをひねり出した窮余の策です。
    最近のクリスマスボールは、赤や紺やピンク、
    きれいな色のものがいろいろ出ていますが、
    いけばなの主役は花なので、あえて地味に、
    ステンレス花器の質感に合わて銀の玉を使いました。
    光物は手っ取り早く華やかになるので便利。花材も少なくて済んで経済的だしね。

    最近、病院通いが忙しかったので、お久しぶりのいけばなシリーズになりました。

    子供の頃、家にあった小さなクリスマスツリーのセットには、
    5色の電飾が付いていて、もうかなり古かったから、点滅がすごくゆっくりでした。
    パッとついて消えて、1分くらい沈黙…。
    次、早く光らないかな~って、じっと見つめて、ネコみたいに待っていたの。
    ケーキもチキンも、コタツの上でおとなしく。お父さんが帰ってくるのを待ってるの。
    子供の頃って、1分、1秒があんなに長く感じるのはなぜかしらね。
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)金属 (花留)その他 (花材)ピンクッション (花材)スイセン (花材)スイートピー (花材)サンキライ 


    23:00  |  コメント(10)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.29 (日)

    雨に歌えば

    自由花 雨に歌えば(拙作)5月に台風だなんて、まあ!
    今、外はすごい雨が降り始めましたよ。
    恐いくらいですが、こういうときは、
    逆手にとって楽しんじゃいましょう

    雨のしずくがひとつ落ちると、
    花がいちりん生まれる。
    こんな雨だったら、いかが?
    今日のように、すごい雨の翌日は、
    どんなにたくさんの花が咲くのかな~

    写真の自由花のテーマは『雨に歌えば』です。
    花材は、ユーチャリス、紫陽花、ラークスパー、
    モルセラ、オクラレルカ、グリーンアスパラです。
    花器はアクリルシャーレを細工したもの。
    敷板はカラーアクリル板を、大小円形カットしてあります。

    池坊いけばなの様式は、立花、生花、自由花の3種類ですが、
    自由花は特に造形芸術の要素も濃いので、作っていて、楽しくてたまらないです。

    私の場合は、自由花制作のとき、出来合いの花器はほとんど使いません。
    ひと様の心のこもった花器では、私には自由な創作が難しいと感じるから。

    これを作っている間、ずーっと私の頭の中に、
    『雨に歌えば』のメロディがぐるぐる流れていましたよ。
    ほら、聞こえますか?
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)自由花 (花器)プラスチック (花留)その他 (花材)ユーチャリス (花材)グリーンアスパラ (花材)モルセラ (花材)オクラレルカ (花材)アジサイ (花材)ラークスパー 


    18:02  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME |