05月≪  2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'10.26 (水)

    紅葉ねこじゃらし

    エノコロソウの立花(拙作)妖怪ねこむすめ?
    じゃないよ
    紅葉ねこじゃらし

    高架橋の歩道わきの草むらに、
    尾花と、ねこじゃらしが風にゆれて、
    いわし雲の空に光っていました。
    キリンソウも、2、3本なら風情があります。
    キリンソウ=セイタカアワダチソウ=ブタクサ
    私は幸いこの花のアレルギーはありませんが、
    耕作放棄地に見渡す限りまっ黄色に咲いていると
    さすがに息を止めて走り去りたくなります。
    あ、また話がそれました。

    写真は、ねこじゃらし=エノコロソウの立花(拙作)です。
    かつて「現代立華」と言われた分類の生け方です。
    秋深くなるとエノコロソウの葉も、紅葉します。
    写真のように、葉先も黄色くなりますが、
    乾燥してくるくると巻いた葉を、ゆっくりと切らないように広げてご覧なされ。
    軸の部分が真っ赤に紅葉していますよ。
    これをいけばな作品の見せ場として生かすには、それ相当の熟練が要ります。
    あるときこっそり、仙人(私の師匠)が私に、その妙術を見せてくれました。
    私が仙人に惚れ込んじゃった瞬間です。

    いけばなは、瞬間芸術。
    どんなにすばらしく生けても、やがて花がしおれて終了します。
    文学や書画のように、形になって後世に残らないのです。
    生活の中に上手に花を生け、日々の暮らしに生かされてこその、手段としての芸。
    池坊の古文書には、学ぶべき先師のすばらしい作品図が多く残されていますが、
    それとても「作品録」であって、奥行きの無い「図」には
    実物のすばらしさを完全に表現しきれてはいないのです。
    作者の気合を作品の上に生で感じることができるのは、
    生け上げた瞬間、その場に居合わせたラッキーな人だけ。

    それを、毎週体験できるのが、いけばなの稽古です。
    この時代のこの場所に生まれて、この師にめぐり合い、
    近しく教えを請うことは、宇宙の中では奇跡のような出来事なのですよ。
    そんな一期一会を、1週間に1度繰り返す。なんて贅沢なの!?
    あ゛~稽古行きたいな~!行きたい、行きたい、行きたいよ~!!
    難病なんて吹き飛ばして、1日も早く元気にならないとね!!
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)立花正風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)エノコロソウ (花材)リュウカデンドロン (花材)クロトン (花材)ヘリコニア (花材)オクラレルカ (花材)ゲイラックス 


    22:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。