05月≪  2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'09.07 (金)

    ハスの生花新風体

    ユーチャリスの生花新風体蛇池前々回の追記で、蛇池の蓮の写真を載せましたよね。
    蛇池は、とても美しくて、大好きな場所。
    昨年の記事でも何度か登場したところです。
    平成23年7月13日の記事「はす 花展の花」
    平成23年7月15日の記事「ロータス タイフーン」
    平成23年7月21日の記事「はす 花展の花 制作過程」
    蛇池蛇池は、かなり広くて深い、農業用水池です。
    アオダイショウやら、ウシガエルやら、
    仲ちゃんが子どもの時に見た「あいつ」の
    お友達もいっぱい、ここにはまだ居るようです。
    ここで収穫した蓮の花と葉をたっぷり使い、
    私の所属する華道会支部の花展に、
    かつて、蓮の自由花を出瓶しました。ユーチャリスの生花新風体

    花展終了後 ちょっと時間があり 
    花材の残り物もたくさんあり 
    出番の無かった予備の花器もあり 
    当時は私自身もまだ元気いっぱいでした。 
    目的も無く、遊び心とその場の勢いだけで、
    生花新風体(ショウカシンプウタイ)をいけました。

    花展の熱気と興奮の 余韻が漂い 
    今見ると(下手なりに)気合の入った作品だと、
    我ながら思うのです。
    生花新風体は、いける人の「気」が勝負の花。
    「気」は元気の気、鋭気の気、気力の気、
    そして気力の源は、やはり体力です。
    難病で体力の落ちてしまった私に、今、どれだけ
    魅力的な花がいけられるでしょうか。
    花展出瓶のお誘いを受けて、迷っています。
    池坊 華道 稽古 花 はな いけばな フラワーアレンジメント 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)生花新風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ユーチャリス (花材)ハス (花材)フトイ 


    23:00  |  コメント(10)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'02.29 (水)

    市比賣神社のおひなさま

    おひなさま市比賣神社(いちひめじんじゃ)のおひなさま。
    かつて我が家にあったおひなさまに似ています。
    男雛・女雛の並び方が、関東とは逆ですね。

    その御殿は木製の組み立て式。子供の頃、
    3月1日から3日までのたった3日間のために、
    わくわくしながら、一生懸命組み立てたものです。
    お庭の大勢さんはいなくて、代わりに
    右近の橘・左近の桜と、高砂人形がありました。

    そのおひなさまは、もともと姉のものでした。
    戦前までの上方・京都や関西の一部では
    天皇の御所を模した御殿式の屋形の中に
    男雛・女雛、三人官女を飾り、
    庭に五人囃子、鏡台や茶道具、重箱などの
    精巧なミニチュアなどを飾っていた。とあります。
    まさか戦前ではありませんが。当時の流行?
    私の友達にも御殿飾りを持っている人が居て、やはりお姉さんのものだそうです。
    それから段飾りが流行り、段の数を競うようになり、団地サイズのケース飾りが出て、
    現在は、木目込人形や陶器製や意匠的なものなどとてもバラエティになりましたね。
    飾る期間もだんだん長くなりました。1日から3日へ、1週間へ、今時は1ヶ月くらい?
    でも、さすがに2月後半くらいに出して欲しいと思うのは、私だけでしょうか。
    こういうものは、ヒョイと出してシャッとしまう方が、情緒があるように感じます。
    クリスマスも11月からやられるとどうもねぇ。
    紙袋の花
    桃の節句のウンチクは、またの機会に。(笑)

    市比賣神社には2月の末、
    京都の研修の翌日に行きました。
    女性4人で、本家尾張屋の宝来そばを食べ、
    市比賣神社の女人厄除けのお祓いをうけ、
    宝鏡寺門跡の人形展を見て、
    俵屋吉富の京菓子を買いました。
    そのときのいけばなの実習はこれ。
    アレンジメントのアイデアのパクリ。(笑)
    それでもやっぱり
    「いけばな」風になっちゃってますね~。宝来そば
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)自由花 (花器)その他 (花留)オアシス (花材)ユーチャリス (花材)チューリップ (花材)ブプレリウム (花材)レースフラワー (花材)スイートピー 


    23:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'10.21 (金)

    桜紅葉(サクラモミジ)

    自由花 桜紅葉今日、鶴池まで散歩に行ってきました。
    1周して帰ってくると約1時間のコース。
    おはなクラブ発会式の準備で忙しくて、
    その後、体調を崩してしまったので、
    本当に久しぶりの散歩でした。
    9月9日の記事「おはなクラブ発会式」

    鶴池は、江戸中期から続く桜の名所。
    春は桜花と人でいっぱいになります。
    ぼんぼりと屋台店がずらりとならんで、
    カラオケかけ流しが一日中ガンガン。
    少々古いタイプの地方の観光地です。
    地元住民は、めんどうなので、春はあまりそっちの道を通らないの。
    その代わり、秋の静かな湖畔は、なかなかですよ。
    桜の葉、プラタナス、銀杏、雪柳の紅葉がきれいです。

    ♪枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり
     雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない♪

    ちょっと寂しすぎ?でもこの悲哀がけっこう楽しかったりして、しばし女優に。
    秋の昼下がりは湖畔でひとり読書。鴨と赤とんぼを相手に。ポケットにチョコレート。
    桜紅葉(サクラモミジ)は、これが瞬間芸でね、ぱっと赤くなってぱっと散ります。
    楓紅葉(カエデモミジ)より、さらに短いのですよ。
    今日はすでに遅かった~。ちょっとがっかり。
    今年は夏が暑かったから、鮮やかな紅葉を期待してたのにな~。

    気を取り直していきましょう。

    写真の自由花(拙作)は、京都の研修所での初期の作品です。
    朝、ホテルから研修所へ向かう道に、桜紅葉が散り敷いておりました。
    きれいなので、私は何気に数枚拾って、教室に入りました。
    この日の担当講師は、憧れの杉原先生でした。
    池坊教授陣の最高峰のお一人で、私には神様のような存在です。
    午前の講義も午後の実習も、緊張しましたけど、すご~く楽しかったです。
    そして、この桜の紅葉の自由花が、褒めていただけましたよ!自由花の神様に!!

    「仙人(私の師匠)だったら、こんなふうにいけるかもしれない。」
    と考えながら、私はこの自由花をいけました。
    もしかしたら、仙人が、この桜の葉を私の足元に落としてくれたのかもしれません。
    普段めったに弟子を褒めない代わりに、ここ一番でこんな術を使ったのでしょうか。

    そういえば、仙人(信奉する師匠)と、神様(憧れの杉原教授)は、
    作風もお姿もなんとなく似通っています。
    こんなにも大好きな先生方に教えていただける私は、とても幸福者ですよね!
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)自由花 (花器)陶器 (花留)オアシス (花材)ユーチャリス (花材)スイセン (花材)サクラ  (花材)ケヤキ (花材)トウガラシ 


    23:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.29 (日)

    雨に歌えば

    自由花 雨に歌えば(拙作)5月に台風だなんて、まあ!
    今、外はすごい雨が降り始めましたよ。
    恐いくらいですが、こういうときは、
    逆手にとって楽しんじゃいましょう

    雨のしずくがひとつ落ちると、
    花がいちりん生まれる。
    こんな雨だったら、いかが?
    今日のように、すごい雨の翌日は、
    どんなにたくさんの花が咲くのかな~

    写真の自由花のテーマは『雨に歌えば』です。
    花材は、ユーチャリス、紫陽花、ラークスパー、
    モルセラ、オクラレルカ、グリーンアスパラです。
    花器はアクリルシャーレを細工したもの。
    敷板はカラーアクリル板を、大小円形カットしてあります。

    池坊いけばなの様式は、立花、生花、自由花の3種類ですが、
    自由花は特に造形芸術の要素も濃いので、作っていて、楽しくてたまらないです。

    私の場合は、自由花制作のとき、出来合いの花器はほとんど使いません。
    ひと様の心のこもった花器では、私には自由な創作が難しいと感じるから。

    これを作っている間、ずーっと私の頭の中に、
    『雨に歌えば』のメロディがぐるぐる流れていましたよ。
    ほら、聞こえますか?
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)自由花 (花器)プラスチック (花留)その他 (花材)ユーチャリス (花材)グリーンアスパラ (花材)モルセラ (花材)オクラレルカ (花材)アジサイ (花材)ラークスパー 


    18:02  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。