03月≪  2017年04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫05月
    いけばな

    2011'07.27 (水)

    燕子花の夏花

    カキツバタの夏花今日、燕子花の夏花が咲きました。
    え?燕花子の旬って、5月じゃない?

    そう、5月から6月にかけて、美しい
    花をたくさん見せてくれた、
    あの燕子花(カキツバタ)たち。
    ひとつの苞から、つぼみが次々に出てきて、
    6月には、2番花どころか
    4番花まで咲いたのもありましたよ。
    5月15日の記事「燕子花の2番花」
    その後、梅雨も終わって
    しばらくは花が休憩していました。
    燕子花のプランターを庭から畑に移して、
    お礼の肥やしをたっぷりやって、
    お芋が太るように、乾燥ぎみに管理していました。
    ところが先週、台風6号が、ゆっくりゆっくり移動して雨が長く続きましたよね。
    それで、またプランターの水位が上がり。

    たいへんだ たいへんだと咲く 燕子花

    燕子花の生態について → 5月9日の記事「生花一種生燕子花」

    立花 燕子花一色(拙作)燕子花の夏花は春花のように、
    すくすくと素直な姿ではありません。
    花の茎がくねっていたり、
    葉の先がぐるぐる巻いていたり、
    とても変化があります。
    だから、生けるのが難しいけれど、
    その分おしゃれな生花になりますよ。
    また、春より葉が硬いので、
    ワイヤーを通しても切れにくく、
    立花にも向いていますね。

    写真の作品は、立花 燕子花一色(拙作)、
    盛夏の表現。先生のお宅でのお稽古です。
    春の作品の写真と比較して見ると、
    雰囲気の違いがわかりますでしょ?
    5月4日の記事「立花 燕子花一色」
    5月の燕子花が「娘盛り」なら、
    7月のかきつは「女盛り」と言ったところでしょうか。
    何度生けても飽きない、本当に魅力的な花です。

    次回は燕子花の「株分けの生花」の予定です。
    カキツバタ関連の記事を全部見るには、ここをクリックしてください
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)カキツバタ (花材)ナルコユリ (花材)シャガ 


    23:55  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.22 (日)

    紫陽花の季節がやってくる

    紫陽花の立花(拙作)ちょっと気が早いけど、
    紫陽花の立花(拙作)です。
    写真ではわかりにくいのですが、
    ピンクの紫陽花がぐっと前へ出ていて、
    立体感のある、初夏の立花なんですよ。
    立花19ヶ条「牡丹胴」の応用です。
    紫陽花は、たくさんの額花が集まって、
    瑞々しいお菓子みたい。
    色もいろいろ、生けるのが楽しいです。
    私は昔、門標申請するとき、
    雅号を「紫陽花」にしようかと迷いました。

    紫陽花は花もきれいですが、
    4月頃には木物として、
    新芽の美しい枝も生けます。
    水揚げも簡単で、矯めもよく効くので、
    初心者の練習にはうれしい花材。
    小学生のとき、よくこれで生花の稽古をしました。

    私の家の周りの里山には、額紫陽花が自生しています。
    山野草ファンの好きなヤマアジサイも、味があって素敵ですが、
    野生味の強い植物は、植木鉢での栽培がとても難しく、
    我が家では、購入して3年で消えてしまいました。
    湿気があって日当たりが良い、肥えた土地が好きな植物。
    うーん、案外贅沢だなあ。

    最近流行の、白や薄緑色の紫陽花も大好き。
    6月の蒸し暑さを忘れさせてくれる、清涼感がありますね。
    近所に、毎年きれいに咲かせる家があるので、これからの季節が楽しみです。
    園芸種には西洋紫陽花が多いですが、日本古来の
    カシワバアジサイや、ノリウツギも紫陽花の仲間だそうですよ。

    最後にご注意。
    紫陽花には、ごくわずかですが毒があります。
    いけばなに使う植物には、弱毒性のものがけっこうあるんですよ。
    お花を生けた後の、楽しいティータイム。その前に石鹸で良く手を洗いましょうね。

    (予約投稿です。)
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)アジサイ (花材)オクラレルカ (花材)カラー (花材)グラジオラス (花材)ナルコユリ 


    15:00  |  コメント(0)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME |