05月≪  2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'07.20 (金)

    なでしこの宝船

    入船
    いけばな池坊の伝書には「三船生方の事(サンセンイケカタノコト)」という項があり、
    「出船(デフネ)」「入船(イリフネ)」「泊船(トマリブネ)」のいけ方が説かれています。
    写真の花形は「入船」。花材は夏櫨(ナツハゼ)と撫子(ナデシコ)。5年前の拙作。
    「入船」は別名「宝船」とも称し、魚を満載して帰って来た船を表現します。
    いかにも荷重たげに船尻を少し下げて、床の間に吊るし、
    受賞や還暦など、人生の成果を寿ぐ、祝儀の席に飾ります。
    反対に「出船」は勢いよく出港する船なので、
    前のめりに舳先を下げ、帆にいっぱいの風を孕むように形作ります。
    入学、就職、結婚など、新たな門出を祝うときにいけます。
    「泊船」は以前に載せましたよね。4月23日の記事「燕子花の生花『泊船』」

    20120720180329.jpg  20120720180329 (1)  20120720180329 (2)
    大和撫子(ヤマトナデシコ)は日本古来の川原撫子(カワラナデシコ)の別名。
    川原撫子は、花びらが薄く細かい裂の入った見るからにたおやかな花です。(左)
    対して、唐撫子(カラナデシコ)はちょっとごっつい感じの、セキチクのこと。(中)
    ナデシコとセキチクとカーネーション(右)は、みなナデシコ科ナデシコ属で親戚です。
    撫子(ナデシコ)の名は、万葉集に「形小さく色愛すべき、愛児に擬す」とあり、
    「撫でたいほど愛しい子」に由来します。可愛いらしい女性=恋人の暗示も。
    奥ゆかしい日本女性の代名詞と思われがちですが、
    花言葉には純愛・無邪気の他、才能・大胆・勇敢 などあります。
    なるほど、なでしこジャパン。お宝を持って揚々と凱旋しますように!
    学校はダメでした。ほんとうは今日「出船」を掲載したかったのですが。
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)生花正風体一種生 (伝書)五ヶ條 (花器)竹 (花留)花配り (花材)ナツハゼ (花材)ナデシコ 


    23:00  |  コメント(16)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'08.20 (土)

    水陸生 秋の気配

    3週間ぶりの雨が降りました。乾ききった土が潤い、
    畑の野菜たちも、庭の花たちも、うれしそうです。

    暦の上では、立秋はとうに過ぎています。
    連日酷暑でしたが、一昨夜まで、空にはきれいな月が出ていました。
    藪でこおろぎも鳴き、そこここに、かすかに秋の気配が。
    この雨があがると、一気に秋めいてくるのでしょうか。
    (超希望的観測だったりして…

    暑い中、遠くから訪ねてきてくれる友達のために、
    少しでも涼しくしつらえようと、床の間に花を生けました。

    水陸生(拙作)生花三種生 株分 水陸生(拙作)です。
    読み方は、ショウカサンシュイケ カブワケ スイリクイケ
    花材は、夏櫨ナツハゼ、薄ススキ、燕子花カキツバタ
    ススキが入ると、急に秋らしくなります。

    8月12日の記事の「魚道生」もそうですが、
    株分の生花を生けるのは、
    春夏秋の暑い時期だけのお約束。
    広口の花器で水面をたっぷり見せて、
    見る人に涼しさを感じてもらういけばなです。
    魚道生は、池の中ほどの景色。
    水陸生は池の岸際の景色を写す生花なので、
    花器の水の中に石を置いて
    その向こう側を陸に見立てます。
    秋なので、赤茶色の石を3個使いました。
    春は青、夏は黒。盆石の習いからきています。

    盆景、盆石、盆栽。
    みんな戦乱の室町時代に芽を吹き、太平の江戸時代に発展した芸術。(いけばなも)
    ミニチュアとかフィギュアとか、日本人は昔から小さいものが大好きだったんですね。
    いい大人がちまちまと、なんだかかわいくて、おもしろい世界だと思いませんか。
    小さいものに大自然や大宇宙を観て、余白や行間に夢幻を感じる。
    こんな精神性の高い文化が発達した
    日本に生まれたことを、とってもラッキーに感じます。
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)生花正風体三種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ナツハゼ (花材)ススキ (花材)カキツバタ 


    08:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。