04月≪  2017年05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫06月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2013'02.12 (火)

    椿の自由花(支部花展作品)

    椿の自由花春は名のみの風の寒さよ~♪
    というか、まだまだ真冬ですよねぇ。
    おはなは、寒いのが大の苦手。(暑いのもね)
    ですが、小鳥たちは春を感じているらしく、
    やっと咲きはじめた梅の小枝で、
    ちっちっちって、かわいい声で歌っています。
    近辺の山にも、真っ赤な美しいヤブ椿が
    ほろりほろりと、ほころび始めたところです。

    毎年、椿を見ると思い出す、いけばな作品。
    かなり前の、支部花展出瓶作品(拙作)です。
    写真を眺めていると、花材調達や制作の苦労を
    昨日のことのように思い出します。

    だって見てくださいよ、たったこれだけの作品を生けるために、用意した花材は、

    椿の自由花(花材) こ、この量ですよ!

     ツバキ 白 20本
     グロリオーサ 赤 20本
     アナナス 赤 6鉢
     チョコレートコスモス 黒 4鉢




    田舎では、花屋さんに花材の別注をするには、最小単位が20本でしたから。
    師匠は都会にお住まいで、私のその苦労はまったくご存じなくて、
    「ああ、ここに○○の花があるといいね。」と、いとも簡単におっしゃるのです。
    それをがんばって次の稽古までに用意しても、師匠のダメ出し何十回受けたことか。
    で、大枚はたいて用意したその花材は、他の人の作品に流用されちゃうのですよね。
    思い出してもため息が出ちゃうわ。
    それでもなお、ついて行きたいと思う、すてきな師匠だったんですけどね。
    若いときに、没頭できるものがあるのは幸せなことです。

    椿の自由花(おまけ) おまけの写真。
     元気いっぱい、情熱いっぱい。
     いっぱいいっぱい(笑)だった頃を思い出すなぁ。
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)金属 (花留)その他 (花材)ツバキ (花材)アナナス (花材)グロリオーサ (花材)チョコレートコスモス (花材)フトイ 


    23:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'01.09 (月)

    苔木(コケボク)

    木苔●●●冬来たりなば春遠からじ●●●
    今日のお散歩。ほら、桜の莟が見えますか?
    あれれ?桜の木が病気かな?
    幹にへばりついてるこれ、なんでしょう?

    これはね、「木苔(キゴケ)」という地衣類。
    茨城県以南の太平洋側の、
    低山地の木の幹や岩などに着生し、
    水分や養分は空気中から取り入れています。
    二酸化硫黄濃度に敏感で、大気汚染が進むと
    生育できないので、空気がきれいかどうかの
    指標植物にもなっているんですよ。

    おはなが住んでいるのは房総丘陵のがけっぷち。
    太平洋の黒潮から暖かく湿った海風が、九十九里平野を駆け上がり
    房総丘陵にぶつかって強い上昇気流が生まれ、雲が湧きます。
    湿度の高い空気が吹き付けて、いろんな木にびっしり木苔が生えます。
    (今日の採れたて写真です。クリックすると少し大きく見られます。)
    梅→梅の木苔 杉→杉の木苔 ツツジ→ツツジの木苔 石にも!→石の木苔

    立花の練習♪さざれ石の巌となりて苔のむすまで♪
    「苔が生える」とは実は永く在る物に対する羨望の言葉。
    いけばなの世界でも、苔はとてもおめでたいものです。
    これが着生した枝を「苔木(コケボク)」と呼び、
    主に梅の苔木をお正月の生花に用います。

    私も都会の友人に、取ってきて欲しいとよく頼まれるの。
    場合によっては他の木についている苔をはがしてきて、
    梅の木に針金で縛り付けて使う事もあるんですよ!
    写真はかなり昔の私の作品。習いたての頃の立花です。
    ちょっと恥ずかしい出来ですけど、苔木の参考として。
    左上の方にズボーンと挿してあるのが梅の苔木です。
    今見ると、花材の取り合わせもめちゃくちゃだわ~

    今日、木苔を観察しながらプラプラ歩いていたら、梅の木の剪定に出くわしました。
    まさに棚から牡丹餅。切り落とした大きな枝を、ただでいただきました!
    明日からゆっくり、梅の一種生でも練習しようかな~♡
    上手にいけられたら、またアップしますね!
    こいつぁ春から 縁起がいいわぇ~♪
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)立花正風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ウメ (花材)コデマリ (花材)アイリス (花材)ツバキ (花材)イブキ (花材)コギク 


    23:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。