05月≪  2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'02.29 (水)

    市比賣神社のおひなさま

    おひなさま市比賣神社(いちひめじんじゃ)のおひなさま。
    かつて我が家にあったおひなさまに似ています。
    男雛・女雛の並び方が、関東とは逆ですね。

    その御殿は木製の組み立て式。子供の頃、
    3月1日から3日までのたった3日間のために、
    わくわくしながら、一生懸命組み立てたものです。
    お庭の大勢さんはいなくて、代わりに
    右近の橘・左近の桜と、高砂人形がありました。

    そのおひなさまは、もともと姉のものでした。
    戦前までの上方・京都や関西の一部では
    天皇の御所を模した御殿式の屋形の中に
    男雛・女雛、三人官女を飾り、
    庭に五人囃子、鏡台や茶道具、重箱などの
    精巧なミニチュアなどを飾っていた。とあります。
    まさか戦前ではありませんが。当時の流行?
    私の友達にも御殿飾りを持っている人が居て、やはりお姉さんのものだそうです。
    それから段飾りが流行り、段の数を競うようになり、団地サイズのケース飾りが出て、
    現在は、木目込人形や陶器製や意匠的なものなどとてもバラエティになりましたね。
    飾る期間もだんだん長くなりました。1日から3日へ、1週間へ、今時は1ヶ月くらい?
    でも、さすがに2月後半くらいに出して欲しいと思うのは、私だけでしょうか。
    こういうものは、ヒョイと出してシャッとしまう方が、情緒があるように感じます。
    クリスマスも11月からやられるとどうもねぇ。
    紙袋の花
    桃の節句のウンチクは、またの機会に。(笑)

    市比賣神社には2月の末、
    京都の研修の翌日に行きました。
    女性4人で、本家尾張屋の宝来そばを食べ、
    市比賣神社の女人厄除けのお祓いをうけ、
    宝鏡寺門跡の人形展を見て、
    俵屋吉富の京菓子を買いました。
    そのときのいけばなの実習はこれ。
    アレンジメントのアイデアのパクリ。(笑)
    それでもやっぱり
    「いけばな」風になっちゃってますね~。宝来そば
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)自由花 (花器)その他 (花留)オアシス (花材)ユーチャリス (花材)チューリップ (花材)ブプレリウム (花材)レースフラワー (花材)スイートピー 


    23:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'02.28 (火)

    猫柳(ネコヤナギ)

    生花二種生 柳にチューリップ「猫柳(ネコヤナギ)」
    なんてかわいい響きなんでしょう。
    「柳」に「猫」がついてるんだょっ!
    ふわふわモコモコでナヨナヨなんだょっ!!
    と一人で盛り上がっている、おはなです。

    写真のいけばなは(例によって)
    京都の研修所での作品です。
    生花二種生、猫柳にチューリップ。
    両方、我が家の畑から調達しました。
    「柳にチューリップ」とか、
    「柳に菜の花」という取り合わせは、
    先生が初心者向けに用意してくださる
    代表的な春の花材の組み合わせです。
    今の季節、どこの花屋さんでも手に入ります。

    こんな初心者向きの花材を、わざわざ、
    自分の畑から京都まで細心の注意で運び、
    お家元の偉い教授にご指導願うなんて、
    ばかみたいと思うでしょう?

    これは私の小さな賭けでした。
    「決して初心を忘れませんよ」
    そういう決意をアピールする、花材の選択です。
    当日の担当教授のお人柄を頼んでの挑戦。
    果たしてその意図は教授の心に届いたでしょうか。
    物言わぬ花が、心を伝える第2言語になり得る?

    いけばなの稽古場では、こういう無言の掛け合いがよくあります。
    すでに一度習ったことのある、枝の振り出し方、花を添える角度を、
    先生の手直しを見越して、わざと違う方に挿しておいたり。
    先生が笑いながらその花を捻って見せてくださると、皆もニヤニヤ了解するのです。
    「あれあれ、おぼえてるよね?」「はいはい、おぼえていますよ♡」
    の無言のキャッチボール。余白や行間を楽しむ日本文化の粋。
    こういうの好かない人は、通り過ごしてもらってかまわないですが。
    でもね、せっかく日本人に生まれたんだから…と私は思うのです。

    もちろん、将来、おはなクラブの会員さんに、
    いきなりこういう高度(?)な師弟関係を求めたりはしませんよ。
    私の考えているおはなクラブは、なによりまず、楽しいのが身上です。
    花は心を癒し、励まし、勇気付けてくれます。
    今日仕事で疲れてるあの子、会社で叱られたらしいこの人、
    良い事があってうきうきしているお姉さん、心配事で顔が曇ってるお母さん。
    それぞれの心に寄り添う、花の姿形(スガタカタチ)を、
    その人が自分で生けられるように、私がお手伝いしたいのです。
    そうして、みんなが笑顔になって帰ってくれたら嬉しいなあ。

    前回の記事で、私はかなりへこたれていました。
    みなさんはやさしい!私は嬉しい!
    たくさん、たくさん、コメントありがとうございました。
    おかげさまで、もう大丈夫です。たぶん。
    またダメになったら、ここで助けてくださいね~

    さて、くだんの担当教授ですが。
    手直しの順番が廻って来ると、鋏を持って私のこの作品の前に腰掛けられました。
    しげしげと眺め、私の師匠のことをあれやこれや褒め始め、20分ほど話された後、
    この作品には一度も手を触れず、次の人の席へ移られました。
    みなさんは、これを、どう受とりますか?
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体二種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ヤナギ (花材)チューリップ 


    01:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。