07月≪  2017年08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫09月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'08.14 (火)

    秋草の生花

    秋草ヤブから ただで取ってきた花材で、
    秋草の生花三種生(ショウカサンシュイケ)です。
    最初は二種生にしようかと思いましたが、
    ススキとコスモスの分量が少なかったので、
    サンジャクササゲの葉で、後ろ体を添えて
    ボリューム感を足しました。
    花形としては生花三種生正風体(ショウフウタイ)。
    手順としては生花三種生新風体(シンプウタイ)。
    方向としては生花二種生の交ぜ生け(マゼイケ)。

    結果的にどっちつかずの花型になりましたが、
    秋草はワイルドにいけるのが身上なので、
    許していただきましょう。
    なにより、触っているだけで楽しい花材でした。
    交ぜ生けのウンチクは昨年も少し書きましたね。

    平成23年9月16日の記事
    「秋の七草」


    平成23年6月7日の記事
    「トルコキキョウの名前の由来」


    でもね、ただほど高いものは無い。(苦笑)
    ススキで腕は傷だらけ、足は蚊に刺されてボキボキです。
    みなさんは「蚊に刺されたらセロテープを貼る」ってご存知ですか?
    私は、蚊に刺されると膿んでしまったり、長く傷が残って、
    痒みもなかなか治らないのですが、
    去年新しくおぼえたこの方法で、今年は快適に過ごしています。
    おかげで夏のガーデニングも怖くなくなりましたよ。

    蚊に刺されたらかかずに、まず皮膚を濡れタオルできれいにぬぐって乾かし、
    蚊に刺された穴に、セロテープ1㎝をぴったり貼り付けます。
    それだけで、1分間くらいで痒みが引きます。
    1~2時間で赤みも消えるので、セロテープをそっとはがします。以上。
    セロテープは目立たないので便利、ステロイドも使わないので安心ですよ。
    よそ様のブログでこの方法を発見したときは、半信半疑でしたが、本当に効きます。
    どういうメカニズムなのかは不明、自己責任でどうぞ とのことです。
    あるとき、忘れてそのままお風呂に入り、翌日気付いてはがしたら、
    セロテープの粘着材にかぶれちゃったので、その点は気をつけてくださいね。
    お試しあれ!
    池坊華道 華道稽古 いけばな 花 花材 フラワー 花瓶 花器 自由花 立花 生花 おはなクラブ いけばな 生け花
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)生花正風体三種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ススキ (花材)コスモス (花材)サンジャクササゲ 


    23:00  |  コメント(12)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'09.16 (金)

    秋の七草

    交ぜ生け(拙作)これは稽古場での写真です。
    稽古中は写真をゆっくり撮れないので、
    まともな写真はめったに残っていません。
    花鋏やノートもいっしょに写っていて、
    懐かしいですね。 郷愁の秋だわ♡
    この障子の向こうには、
    きれいな月と夜景があるんですよ。
    その後、この障子紙を、先生の猫が全部
    破ってしまって、今は桟しかありません。

    秋の七草は、
    萩(ハギ)、桔梗(キキョウ)、葛(クズ)、
    女郎花(オミナエシ)、藤袴(フジバカマ)、
    尾花(オバナ)、撫子(ナデシコ)。
    (種類については諸説あります。)

    池坊に「七夕七種」という生け方があります。秋の七草を全種類取り合わせて、
    旧暦の七夕当日に限り生けることのできる、特殊な生花です。
    (今年の旧暦7月7日は、8月6日でした。)

    「交ぜ生け」は秋らしい草物二種類で生ける生花です。秋の草むらの景色を
    表現するもので、季節も少し幅広く、夏から中秋くらいまで生けられます。

    同じような花材を使っていても、「七夕七種」は意匠的生花、
    「交ぜ生け」は景観描写的生花、と言えるのではないでしょうか。

    今回の写真は、尾花と女郎花の「交ぜ生け」(拙作)です。
    以前、トルコキキョウとオクラレルカで生けた、交ぜ生けの応用作品を載せましたが、
    やはり今回の方が風情がありますでしょう?
    6月7日の記事「トルコキキョウの名前の由来」
    「交ぜ生け」のポイントは、本当の草むらのように生ける事。それでいて、
    ごしゃごしゃと鬱陶しくならないならないように、花材の分量の加減が大切です。

    日毎に空の青が深くなり、陰と日向のコントラストも強くなって来ましたね。
    来週から涼しくなるらしいですよ。
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)生花正風体二種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)オミナエシ (花材)ススキ 


    01:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'08.20 (土)

    水陸生 秋の気配

    3週間ぶりの雨が降りました。乾ききった土が潤い、
    畑の野菜たちも、庭の花たちも、うれしそうです。

    暦の上では、立秋はとうに過ぎています。
    連日酷暑でしたが、一昨夜まで、空にはきれいな月が出ていました。
    藪でこおろぎも鳴き、そこここに、かすかに秋の気配が。
    この雨があがると、一気に秋めいてくるのでしょうか。
    (超希望的観測だったりして…

    暑い中、遠くから訪ねてきてくれる友達のために、
    少しでも涼しくしつらえようと、床の間に花を生けました。

    水陸生(拙作)生花三種生 株分 水陸生(拙作)です。
    読み方は、ショウカサンシュイケ カブワケ スイリクイケ
    花材は、夏櫨ナツハゼ、薄ススキ、燕子花カキツバタ
    ススキが入ると、急に秋らしくなります。

    8月12日の記事の「魚道生」もそうですが、
    株分の生花を生けるのは、
    春夏秋の暑い時期だけのお約束。
    広口の花器で水面をたっぷり見せて、
    見る人に涼しさを感じてもらういけばなです。
    魚道生は、池の中ほどの景色。
    水陸生は池の岸際の景色を写す生花なので、
    花器の水の中に石を置いて
    その向こう側を陸に見立てます。
    秋なので、赤茶色の石を3個使いました。
    春は青、夏は黒。盆石の習いからきています。

    盆景、盆石、盆栽。
    みんな戦乱の室町時代に芽を吹き、太平の江戸時代に発展した芸術。(いけばなも)
    ミニチュアとかフィギュアとか、日本人は昔から小さいものが大好きだったんですね。
    いい大人がちまちまと、なんだかかわいくて、おもしろい世界だと思いませんか。
    小さいものに大自然や大宇宙を観て、余白や行間に夢幻を感じる。
    こんな精神性の高い文化が発達した
    日本に生まれたことを、とってもラッキーに感じます。
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)生花正風体三種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ナツハゼ (花材)ススキ (花材)カキツバタ 


    08:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'07.11 (月)

    「蓮一色」今週は蓮づくしです!

    蓮一色梅雨が明けたので
    今週は「蓮」づくしにしようかな~
    と思っていたら、絶妙なタイミングで
    あの、新潟のSさんから、
    「蓮一色」の写真が届きました!
    「お花をいける男性」のイメージ
    で登場してくださったあのSさんです。
    テレパシーが届いたのかな~???
    京都の研修所で、日曜日に生けたそうです。

    Sさんのコメント:
    「専好の蓮一色は直と曲の絶妙な
     バランスがポイントでした!」

    う~ん、のびやかで、すてきな線がでてますね。さすがだな~。
    これはもう、私なんかの解説は不要ですね。
    どうぞゆっくりご鑑賞ください。

    と言いつつ、ひとこと、鑑賞メモ。
    仏前の供華から始まった池坊立花の中で、蓮は特別な意味を持つ存在です。
    「蓮一色」には、
    一瓶のうちに現在・過去・未来を表現する、いかにも仏教的な生け方と、
    他の草を混ぜて、池の自然の風情を表現する生け方があります。
    (それでも「蓮一色」といいます。)
    写真の作品は後者の生け方。ススキやコウホネが入って涼しげですね~。
    「専好宗匠」は、池坊中興の祖と言われる立花の名手。
    その作風を勉強する研修会に、Sさんは参加されたのですね。
    うらやましいな~!!

    次回は私の蓮のいけばな作品です。お楽しみに♡
    ハス関連の記事を全部見るには、ここをクリックしてください
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)金属 (花留)剣山 (花材)ハス (花材)コウホネ (花材)ススキ 


    23:31  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。