05月≪  2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2015'01.05 (月)

    謹賀新年

    お正月の自由花(拙作)初春のお慶びを申し上げます。
    健康で、安全で、平穏な1年でありますように。
    皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


    12月26日にお正月の花のお稽古をしました。
    私も生徒と一緒に初心に戻り、
    基本的な花材の取り合わせが、
    かえって新鮮で楽しかったです。
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)マツ (花材)シンビジューム (花材)センリョウ (花材)ヤナギ (花材)スイセン 


    17:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2014'01.01 (水)

    慶びが幾重にも

    南天と水仙の生花

    初春のお慶びを申し上げます。

    南天と水仙の生花二種生(拙作)です。
    紅白の彩りが祝儀の席にふさわしく、
    年賀の床の間を飾る花として、オーソドックスなとりあわせのひとつです。
    南天の花言葉は「私の愛は増すばかり」「良い家庭」。
    また南天(ナンテン)は「難を転ずる」に通じ、とても縁起の良い植物です。

    実は、昨年のお正月も同じとりあわせでした。
    理解をより深めようと、今年もあえて同じ花材を選びました。
    確かに理解は一歩前進しましたが、でも新たな疑問も湧いてきて、
    興味はますます募り、実に奥の深い花材であると思いました。
    こういう様式美を創りあげた先人のセンスに、感服するばかりです。
    昨年の作品 → 平成25年1月1日の記事「言祝ぎの花」

    たわわに実った南天を贅沢に2本使い、葉は整理せず重なるままにかませ、
    実り多く慶事の重なる良き1年であれと、願いを込めました。
    皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体二種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ナンテン (花材)スイセン 


    06:00  |  コメント(18)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2013'01.01 (火)

    言祝(ことほぎ)の花

    南天と水仙の生花

    初春のお慶びを申し上げます。
    本年もどうぞよろしくお願いします。

    今年最初のいけばなは、南天と水仙の生花二種生(拙作)です。
    紅白の彩りが祝儀の席にふさわしく、
    年賀の床の間を飾る花として、代表的なとりあわせのひとつです。
    南天の花言葉は「私の愛は増すばかり」「良い家庭」。すてきでしょう?
    また南天(ナンテン)は「難を転ずる」に通じ、とても縁起の良い植物です。

    こういう語呂合わせ、くらしの中にもけっこうありますよね。
    スルメイカ(寿留女烏賊)のことをアタリメ(当たり目)と言ったり。
    葦=アシ(悪し)をヨシ(良し)と読んだり。
    黒豆(まめに暮らす)昆布(よろこんぶ)鯛(めでたい)など縁起を担ぐお節料理も。

    ただの駄洒落ではありません。
    日本は古来「言霊の幸はふ国(コトダマノサキワウクニ)」
       (言葉の霊力が幸福をもたらす国という意味)
    「声に出した言葉は現実の事象に影響を与える」と神道では考えるそうです。
    物事を良いほうに解釈して声に出すことで、
    その幸せを自分の方に引き寄せる力が、日本語にはあるのです。
    嬉しいときや楽しいこと、感謝の言葉を、今年もどんどん声に出して参りましょう!
    生け花 いけばな 生花 活け花 イケバナ 花 華 はな ハナ フラワー 華道 茶華道 アレンジメント 花活け 花生け はないけ 花器 花瓶 おはな
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体二種生 (伝書)生花別傳 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ナンテン (花材)スイセン 


    06:00  |  コメント(20)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.22 (木)

    立花 水仙一色

    立花 水仙一色(拙作)今日、12月22日(旧暦11月28日)は冬至。
    北半球では1年で一番、昼間が短い日です。
    カボチャの煮物を食べ、
    ゆず湯につかって、健康を願いましょう。

    冬至・夏至は年により日付が変わります。
    国民の祝日である春分・秋分の日も、
    同じように日付が変わるのはご存知ですよね。
    夏至・冬至、春分・秋分は「24節気」のひとつ。
    太陽からみた地球の位置を24分割して、
    洒落た名称をつけたもの、これが24節気です。
    地球は太陽の周りを楕円軌道で回っていて、
    しかも月や金星などの引力の影響を受けたり、
    地球の1年がきっちり365日でないこともあり、
    24節気と暦の日付が多少ずれるのです。
    (これらは図にすると解りやすいのですが…。)

    24節気「陰の花 水仙に限る(インノハナ スイセンニカギル)」
    この言葉は前にもご紹介しました。
    12月7日の記事「生花一種生 水仙」
    12月16日の記事「生花一種生 水仙3本」
    さて、この「陰(イン)」とはなんでしょうか?

    まず「陰の季(インノキ)」とは、簡単に言うと、
    冬至の前後3ヶ月ずつ、6ヶ月間のことを言います。
    秋分から春分の前日(節分)までです。
    平成23年9月23日~3月19日(旧暦8月26日~2月27日)
    赤道の北側では、秋分の日から昼より夜の方が長くなります。
    春分の日から夜より昼の方が長くなります。
    つまり「陰の季」とは、1年間の中で、暗い方半分の期間のこと。

    更に「陰中の陰の季(インチュウノインノキ)」があり、
    冬至の前後1.5ヶ月ずつ、3ヶ月間のことを言います。
    立冬から立春の前日までです。
    平成23年11月8日~2月3日(旧暦10月13日~1月12日)
    ほらね!水仙が一番美しい季節とみごとに重なっているでしょう?
    「太陽が日本からもっとも遠くて寒い3ヶ月間に、
     水仙よりすてきな花が他にあるだろうか。
     (だからこの季節には水仙をたくさん飾ろう!)」
    という最上級の讃美の言葉が「陰の花 水仙に限る」の意味なのです。
    (今は寒い国から来た花々が、冬でもきれいに咲いてくれますけどね。)

    この伝書ができたのは江戸時代。日本人はみんな旧暦で生活していました。
    旧暦1月12日ころ(立春前日)を過ぎたら「残花」と呼んで、
    もう季節はずれの水仙を、あまり単独では生けません。
    と言うことは、新暦で言えば、
    2月3日ごろ(立春前日)まではいけて良いってことですよね?
    しかし新暦に変わった現在でも、1月後半になって
    水仙の一種生を盛んにいける人は、私の周りには、あまりいません。
    「陰の陰の季(1月12日ごろまで)にもっとも美しい花である」
    という伝書の文言を尊重し、
    暦が旧から新に変わっても、たとえ庭で綺麗に咲いていても、
    あえて1月後半には水仙を単独でいけないのが、ツウ。
    それは、伝承を未来につなぐ、現代華道人の心意気です。(と思います。

    写真は、一昨年の冬至の日にいけた 立花 水仙一色(拙作)。
    冬至の今日は、水仙の花をいけるに もっともふさわしい日ですよ!

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)スイセン (花材)シャガ (花材)キク 


    01:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.16 (金)

    生花一種生 水仙 3本

    生花一種生 水仙(拙作)「水仙の俵生(タワライケ)」
    と呼ばれる稽古方法があります。
    写真は、私が
    この荒稽古に挑戦した時の作品です。

    私の伯母は戦争未亡人で、
    稽古花の卸をして生計を立て、
    2人の子どもを立派に育て上げました。
    11月15日の記事「花屋さんについて」

    そのころ、水仙の栽培農家が
    市場へ出荷する単位は200本でした。
    刈り取って選別した水仙の花200本を
    藁菰(ワラコモ)に包んで
    縄でしばって市場に出荷します。
    それがちょうど米俵のような形をしています。

    通常、生花市場で競りにかけられた花は、仲買人に競り落とされ、
    10~50本単位に小分けにされて仲卸店に並び、
    それを小売のお花屋が買って行って、一般のフラワーショップに並べます。
    でも、水仙200本を売りさばけるような大手のお花屋は、
    仲買を通さず直接競りで落としていくので、その分安く仕入れる事ができます。
    また、仲良しのお花屋が、数人でいっしょに競り落として分け合うことで、
    安く仕入れるという手もあります。伯母はよくそうしていました。
    房総の漁港から東京の魚河岸に鮮魚を運ぶトラックが
    帰りはカラで帰るのを頼み、仕入れた花を運んでもらいます。
    そうやって、伯母は知恵を絞って、安くて良い花材を、
    いっしょうけんめい 女学生たちに提供してきたのです。

    さて、
    「水仙の俵生」とは、水仙200本を俵の状態のまま安く買い付け、
    一晩のうちに生花70~100瓶を生けるという荒稽古です。
    もちろん、正式な稽古方法というようなものではないでしょう。
    私の師匠の師匠が、かつてやったという伝説です。
    その話をはじめて聞いたとき私は閃光を見た気がしたのです。
    「いつかやってみたい。いや、いつか必ずやってみよう。」

    その後、紆余曲折を経て、実現できたのは15年前の事。
    当時の私は会社員で、休日返上、毎日12時過ぎの帰宅という日々でしたから、
    「正月休みに決行」と心に決め、市場の閉まる27日に水仙の仕入れを頼みました。
    さすがに、友達とふたりで100本ずつ分けましたけどね。
    1日の午後から2日の午前まで、水仙の生花をひたすら生け続けましたよ。
    2本生を20瓶、3本生を20瓶、合計40瓶。食事を挟んで約20時間。
    2本生の参考写真はこちら→12月7日の記事「生花一種生 水仙」

    真冬の夜中に(花が傷まないように)暖房もつけず
    水の中に手を入れていると、指が痺れて頭がボーっとしてきます。
    乱暴な生け方になると思うでしょう?
    それがね、だんだん上手に早く生けられるようになるものなんですよ。
    花が手の一部になってくるような感覚。悟りの境地?(笑)
    やってみたらわかることですが。
    やってみると良いですよ~、一度。
    「陰の花 水仙に限る」 生花七種伝より
    何でも、へ~と思ったら自分でやってみるのが一番ですね。

    昨年、伯母は95歳で他界しました。師匠の師匠もすでにあちらのお方です。
    伯母が永く仕入れに通っていた浅草橋生花市場は、5年前に閉場になったようです。
    時代はたゆまなく流れてゆきます。
    若いときの鍛錬は私の大切な財産。
    今やりたいことで、今できることは、今残さずやっておきましょう。
    活花 活け花 生け花 いけばな お花 花器 花瓶 生花 池坊 華道 お稽古

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体一種生 (伝書)七種傳 (花器)竹 (花留)花配り (花材)スイセン 


    06:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.11 (日)

    黒い花の魅力

    チョコレートコスモスの自由花昨夜の皆既月食をご覧になりましたか?
    満天の星空にダークレッドの月が
    とても怪しげに浮かんでいました。

    先日、ある方から「黒い花」の
    リクエストをいただきましたので、
    予定を変更してこれを載せました。
    チョコレートコスモスの自由花(拙作)です。
    黒い瞳のガーベラ姫。
    クリスタルの城、ベルベットのドレス。
    脇を固める強者の侍女たち。
    黒いチョコレートコスモスは、
    作品をきゅっと引き締めてくれます。

    黒百合、黒いクリスマスローズやチューリップ。
    黒い花はきりりとした気品と共に、
    どことなく、危険な魅力を宿していますよね。
    でも現在、本当の意味の黒い花は、存在しません。
    黒っぽく見える花は、よく見ると実は濃紫や濃紅。
    植物はメラニン色素を持つことができないので、
    真っ黒な花は存在し得ないのだそうです。

    昔「ラ・セーヌの星」というアニメがありました。
    フィクションですが、マリーアントワネットが、
    黒バラを縫い付けたドレスの美しさで、ライバルに勝つという一話がありました。
    すでに地位も名誉もあるフランス王妃が、美しさでも人の上に立ちたいと願い、
    花屋の一家を不幸に突き落としてしまうお話です。

    NHK人形劇では、死の商人ランカーに仕える 美人秘書ヘドロ が歌っていました。
      ♪私はヘドロ 世界で一番いい女 好きな色は赤と黒 
       レッド&ブラック 赤は血の色 黒は罪の色 オレィ♪
    (ちなみに、ヘドロは女を磨くために、茶道と華道をたしなんでいるそうです。)

    やっぱり悪のイメージの強い黒。
    でも、ちょっと待って。
    この女性たち、明確な夢を持ち、並外れた向上意欲とけなげな努力、
    とてもチャーミングなキャラクターではありませんか?
    いけばな フラワーアレンジメント はな 花 フラワー 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)ガラス (花器)プラスチック (花留)その他 (花材)ガーベラ (花材)チョコレートコスモス (花材)スイセン 


    12:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.07 (水)

    生花一種生 水仙

    生花一種生 水仙(拙作)我が家の畑の水仙が、やっと咲き始めました。
    この季節になると、
    必ず1回は稽古しておきたい水仙です。
    写真は、生花一種生水仙2本を生けました。

    「陰の花 水仙に限る」 生花七種伝より

    清楚な姿、高貴な香、冬季最高の花。
    寒風に耐え、北国では雪の下からも
    凛として可憐な花を咲かせる日本水仙は、
    別名 雪中花とも言います。
    昔は冬に咲く花は少なかったので、
    本当に貴重な存在だったんですね~。

    水仙の生花は、
    花、葉、袴をいったんバラバラにして、
    理想的な姿に組みなおして生けます。
    11月中は2本、12月に入ると2~3本生けます。
    花の数や位置など、季節が進むごとに細かな法則があり、
    憶えるのはたいへんですが、それは自然の摂理にかなっていて
    とても奥深く、何度習っても興趣の尽きない花です。
    あ~それにしても、良い香りだわ~~~。

    日本水仙(ニホンスイセン)
     ヒガンバナ科スセイン属
     学名 :Narcissus tazetta var. chinensis
     (ギリシャ神話の美少年ナルキッソスが化身した花で、ナルシストの語源。)
     原産地は地中海沿岸。室町時代に中国を経由して渡来、野生化した。
     弱い毒があるので、たまねぎやニラと間違えて食べないこと!

    「水仙の俵生(タワライケ)」と呼ばれる稽古法があります。
    一晩に200本の水仙を生ける荒稽古です。
    私がこの荒稽古に挑戦した時の作品をひとつ、
    次回アップしますので、どうぞお楽しみに。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体一種生 (伝書)七種傳 (花器)竹 (花留)花配り (花材)スイセン 


    19:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'11.29 (火)

    クリスマスオーナメントでいけばな

    11月下旬の街は、X'mas飾りでいっぱい!クリスマスオーナメントで自由花
    せっかく飾るなら長く楽しみたいですものね。
    クリスチャンじゃないけど、綺麗なのは大好き♡
    安上がりなリースでも作ろうかと思い立ち、
    病院の帰り道、100円ショップに寄りました。

    色とりどりのモールやガーランド。
    リボン、ベル、りんごの作り物。
    金銀のクリスマスボールがきれいだわ。

    クリスマスオーナメントを使った自由花(拙作)。
    数年前の京都研修所での作品です。
    師走の忙しいさなか、自由花のネタを探し、
    このときも、100円ショップでウロウロ、
    アイデアをひねり出した窮余の策です。
    最近のクリスマスボールは、赤や紺やピンク、
    きれいな色のものがいろいろ出ていますが、
    いけばなの主役は花なので、あえて地味に、
    ステンレス花器の質感に合わて銀の玉を使いました。
    光物は手っ取り早く華やかになるので便利。花材も少なくて済んで経済的だしね。

    最近、病院通いが忙しかったので、お久しぶりのいけばなシリーズになりました。

    子供の頃、家にあった小さなクリスマスツリーのセットには、
    5色の電飾が付いていて、もうかなり古かったから、点滅がすごくゆっくりでした。
    パッとついて消えて、1分くらい沈黙…。
    次、早く光らないかな~って、じっと見つめて、ネコみたいに待っていたの。
    ケーキもチキンも、コタツの上でおとなしく。お父さんが帰ってくるのを待ってるの。
    子供の頃って、1分、1秒があんなに長く感じるのはなぜかしらね。
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)金属 (花留)その他 (花材)ピンクッション (花材)スイセン (花材)スイートピー (花材)サンキライ 


    23:00  |  コメント(10)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'10.21 (金)

    桜紅葉(サクラモミジ)

    自由花 桜紅葉今日、鶴池まで散歩に行ってきました。
    1周して帰ってくると約1時間のコース。
    おはなクラブ発会式の準備で忙しくて、
    その後、体調を崩してしまったので、
    本当に久しぶりの散歩でした。
    9月9日の記事「おはなクラブ発会式」

    鶴池は、江戸中期から続く桜の名所。
    春は桜花と人でいっぱいになります。
    ぼんぼりと屋台店がずらりとならんで、
    カラオケかけ流しが一日中ガンガン。
    少々古いタイプの地方の観光地です。
    地元住民は、めんどうなので、春はあまりそっちの道を通らないの。
    その代わり、秋の静かな湖畔は、なかなかですよ。
    桜の葉、プラタナス、銀杏、雪柳の紅葉がきれいです。

    ♪枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり
     雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない♪

    ちょっと寂しすぎ?でもこの悲哀がけっこう楽しかったりして、しばし女優に。
    秋の昼下がりは湖畔でひとり読書。鴨と赤とんぼを相手に。ポケットにチョコレート。
    桜紅葉(サクラモミジ)は、これが瞬間芸でね、ぱっと赤くなってぱっと散ります。
    楓紅葉(カエデモミジ)より、さらに短いのですよ。
    今日はすでに遅かった~。ちょっとがっかり。
    今年は夏が暑かったから、鮮やかな紅葉を期待してたのにな~。

    気を取り直していきましょう。

    写真の自由花(拙作)は、京都の研修所での初期の作品です。
    朝、ホテルから研修所へ向かう道に、桜紅葉が散り敷いておりました。
    きれいなので、私は何気に数枚拾って、教室に入りました。
    この日の担当講師は、憧れの杉原先生でした。
    池坊教授陣の最高峰のお一人で、私には神様のような存在です。
    午前の講義も午後の実習も、緊張しましたけど、すご~く楽しかったです。
    そして、この桜の紅葉の自由花が、褒めていただけましたよ!自由花の神様に!!

    「仙人(私の師匠)だったら、こんなふうにいけるかもしれない。」
    と考えながら、私はこの自由花をいけました。
    もしかしたら、仙人が、この桜の葉を私の足元に落としてくれたのかもしれません。
    普段めったに弟子を褒めない代わりに、ここ一番でこんな術を使ったのでしょうか。

    そういえば、仙人(信奉する師匠)と、神様(憧れの杉原教授)は、
    作風もお姿もなんとなく似通っています。
    こんなにも大好きな先生方に教えていただける私は、とても幸福者ですよね!
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)自由花 (花器)陶器 (花留)オアシス (花材)ユーチャリス (花材)スイセン (花材)サクラ  (花材)ケヤキ (花材)トウガラシ 


    23:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。