05月≪  2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2013'10.05 (土)

    桜紅葉(サクラモミジ)

    桜紅葉急に冷え込んだ雨の夜の翌朝は、
    公園の桜の木の下に行ってみてください。
    桜の紅葉は紅くなるとすぐ散るので、
    楓のように見上げて楽しむことはできませんが、
    楓より葉に厚みがあるから色持ちがよく、
    部屋に飾ってしばらく楽しめますよ。

    桜紅葉(サクラモミジ)の自由花。
    取り合わせる花、もう庭に花が少ないので、
    白いカーテンに赤い葉をたくさん留めつけて、
    にぎやかにして遊んでみました。

    似たような記事を2年前にも書いてます。
    平成23年10月21日の記事「桜紅葉(サクラモミジ)」

    桜紅葉比較すると京都の研修所の練習作品の方が断然、
    集中力のある花ですけど、実生活の中の花って、
    この位ボケ~ッとしててもいいような気もします。
    お部屋が秋らしくなって、母もとても嬉しそう。

    余った桜紅葉は、両面テープでカレンダーに。
    この100円のカレンダーは
    味気ないけど、文字が大きくて見やすいの。
    そろそろ買わなければ。
    あと、インフルエンザの予防注射も、そろそろ。



    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)自由花 (花器)陶器 (花留)その他 (花材)サクラ (花材)ニチニチソウ (花材)シソ 


    23:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2013'03.03 (日)

    梅 桃 桜

    枝折梅春の花は、菜の花、たんぽぽ、フキノトウ。
    スィートピー、チューリップ、カラー。
    霞草、雪柳、連翹。う~ん♡みんな大好き。
    いえいえ、もっと代表格があるでしょう?
    そう、梅、桃、桜。いけばなにもよく使います。

    福島県三春町は伊達政宗の正室 愛姫のふるさと。
    寒さが厳しく、東北の遅い春が来ると、梅、桃、桜が
    いっぺんに咲くところなので「三春」と言うそうです。枝折桃
    三春の滝桜は、若いときに一度見ました。
    ごく普通の畑の斜面に満開の大木が一本。
    まるで歩き出しそうな老木の生命感の迫力に
    圧倒されました。あの桜は、今も元気かしら・・・。

    梅、桃、桜は、つぼみがポロポロ落ち易いので、
    取り扱う際は細心の配慮が必要です。枝折桜
    ひと昔前は、梅の場合は11月に枝を穫り、
    小枝どうしが絡まないように、1本ずつわらで縛り、
    藁菰で包んで氷室で寝かせたり、ウロで蒸したり、
    開花時季調整をしたうえで、出荷したそうです。
    わらで縛る際、小枝をあえて軽く折るので、
    「枝折梅」(シオリウメ)と言います。
    シオリの工程は、桃や桜の出荷の際も行われます。
    (写真は、上から枝折の梅、桃、桜です。)
    最近は、いけばな材料としての需要が減ったので、
    1本ではなく仲卸が必要とする十本単位くらいに、まとめて枝折られているようです。

    お花の稽古場で、花材を受取って包みを開いたとき、つぼみが落ちるのを極力防ぎ、
    枝折られた小枝を折らずに元の姿に戻すのには、相応のコツがあります。
    こういうのは文章にし得ない、師匠の手から弟子の手に伝えられる技です。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (花材)ウメ (花材)モモ (花材)サクラ 


    23:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'10.21 (金)

    桜紅葉(サクラモミジ)

    自由花 桜紅葉今日、鶴池まで散歩に行ってきました。
    1周して帰ってくると約1時間のコース。
    おはなクラブ発会式の準備で忙しくて、
    その後、体調を崩してしまったので、
    本当に久しぶりの散歩でした。
    9月9日の記事「おはなクラブ発会式」

    鶴池は、江戸中期から続く桜の名所。
    春は桜花と人でいっぱいになります。
    ぼんぼりと屋台店がずらりとならんで、
    カラオケかけ流しが一日中ガンガン。
    少々古いタイプの地方の観光地です。
    地元住民は、めんどうなので、春はあまりそっちの道を通らないの。
    その代わり、秋の静かな湖畔は、なかなかですよ。
    桜の葉、プラタナス、銀杏、雪柳の紅葉がきれいです。

    ♪枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり
     雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない♪

    ちょっと寂しすぎ?でもこの悲哀がけっこう楽しかったりして、しばし女優に。
    秋の昼下がりは湖畔でひとり読書。鴨と赤とんぼを相手に。ポケットにチョコレート。
    桜紅葉(サクラモミジ)は、これが瞬間芸でね、ぱっと赤くなってぱっと散ります。
    楓紅葉(カエデモミジ)より、さらに短いのですよ。
    今日はすでに遅かった~。ちょっとがっかり。
    今年は夏が暑かったから、鮮やかな紅葉を期待してたのにな~。

    気を取り直していきましょう。

    写真の自由花(拙作)は、京都の研修所での初期の作品です。
    朝、ホテルから研修所へ向かう道に、桜紅葉が散り敷いておりました。
    きれいなので、私は何気に数枚拾って、教室に入りました。
    この日の担当講師は、憧れの杉原先生でした。
    池坊教授陣の最高峰のお一人で、私には神様のような存在です。
    午前の講義も午後の実習も、緊張しましたけど、すご~く楽しかったです。
    そして、この桜の紅葉の自由花が、褒めていただけましたよ!自由花の神様に!!

    「仙人(私の師匠)だったら、こんなふうにいけるかもしれない。」
    と考えながら、私はこの自由花をいけました。
    もしかしたら、仙人が、この桜の葉を私の足元に落としてくれたのかもしれません。
    普段めったに弟子を褒めない代わりに、ここ一番でこんな術を使ったのでしょうか。

    そういえば、仙人(信奉する師匠)と、神様(憧れの杉原教授)は、
    作風もお姿もなんとなく似通っています。
    こんなにも大好きな先生方に教えていただける私は、とても幸福者ですよね!
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)自由花 (花器)陶器 (花留)オアシス (花材)ユーチャリス (花材)スイセン (花材)サクラ  (花材)ケヤキ (花材)トウガラシ 


    23:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。