09月≪  2019年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫11月
    いけばな

    2011'05.09 (月)

    生花一種生 燕子花

    生花一種生 燕子花(拙作)「いけばな」の記事が、
    みなさまに喜んでいただいているようなので、
    嬉しくなっちゃった。
    調子に乗って、第4弾です。

    と言って選んだのが、また燕子花。
    だって、好きなんだもの♪

    カキツバタは、普通、水辺に生えていますよね。

    我が家のカキツバタも、
    2年前までは、田んぼで育てていたのですが、
    わけあって田んぼは埋められちゃったので、
    カキツバタは少しだけプランターに残しました。
    近所の用水池にも、内緒で少し植えて来ました。
    そうやって、花材として将来使えるように、
    家の周りの大自然のあっちこっちに、
    私の植物をひそかに育てています。

    カキツバタは、普通、池の中に、水に浸かって咲いていますよね。
    でも、この植物が本当は水に浸かりたくないって、知っていました?

    春になり、地下水位が上がってくると、燕子花は雨期の到来を感じ、
    「たいへんだ、早く花を咲かせないと、水没して子孫が残せない」
    と思って、つぼみを伸ばし始めるのだそうです。
    水かさが増えると、たいへんだ、たいへんだ、とどんどん咲く。

    え~本当?
    私も嘘だと思ったの。
    それで、苗を買って使わない田んぼに植えてみたんですよ。

    本当でした。
    常に水をはっていると、嫌がって、2、3年で株全体が陸の方に移動してしまう。
    そして、そのまま陸にしておくと、花が咲かなくなりました。
    やっぱり水は要るんです。でも水が好きなわけではないらしい。
    微妙な花ごころ…。
    花の季節だけ、田んぼに水をたっぷり入れて、他の季節は水を抜いてやるの。
    水位の調整で、1月に珍花(季節はずれに咲く花の事)を咲かせる事もできました。
    逆境にあって花は美しく咲く。本当に驚かされます。
    それを私に教えてくれた仙人も、若い頃、これをやってみたのではないでしょうか…。

    今回の写真は、5年くらい前の研究会での作品です。
    4月27日の記事の写真とはだいぶ趣が違うと思います。
    5月中旬の表現です。
    季節が進むと、もっと妖艶になったり、老練になったり。
    燕子花は四季を通じて生けられる、楽しみの多い花材。
    だから、私は燕子花が大好きです
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体一種生 (伝書)生花別傳 (花器)竹 (花留)花配り (花材)カキツバタ 


    01:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.04 (水)

    立花 燕子花一色

    立花 燕子花一色(拙作)燕子花、嗚呼カキツバタ、杜若。
    キャーたまらん稽古行きたい~。

    仙人の弟子はまだ修行が足らないので、
    風の渡るような花を生けられませんが、
    燕子花はそれ自体が魔力を持っているようで、
    魅せられます。ふうう
    (昔の写真なのでちょっと暗いですね。)

    下の方の黄色い花はコウホネ。
    7月頃に水面から5センチくらい
    頭を出して咲くかわいい花です。
    コウホネは水揚げがよくないので、
    いけばな専用のポンプで、切り口から水を圧力注入して生けます。
    ギュッと入れると、ピュッと入って、茎や葉が水でパンパンになります。
    それ以上入れるとはじけて先から水が抜けてしまう、直前で止めるのが腕の見せ所。
    はじけたら、すぐ枯れてしまうからです。はじけなければ5日くらいもちますよ。
    空手で言う「寸止め」?アチョー
    (おはな、昔2年間空手習ってました
    よく育ったカキツバタ  花が光ってるカキツバタ
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)カキツバタ (花材)コオホネ (花材)シャガ 


    16:12  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'04.27 (水)

    生花一種生 燕子花

    一昨日のね、つづきを書こうと思ったんだけど、どうしましょう。
    母の脳梗塞の顛末を下書きしたら、小説のようになってしまいました。

    ノンフィクションて難しいですね…。
    病院名など実名を出せないのと、話が長いので読みきりでは無理かも。
    もうちょっとしっかり推敲して、連載ものにしようかと思います。
    母の脳梗塞は、私にとって、人生の大きな方向転換を迫られた重い出来事なので、
    きちんと書いておきたいのです。しばらく待っていてくださいね。


    生花一種生 燕子花(拙作)さて、
    我が家の燕子花がすくすくと美しく育って、
    こいのぼりの季節にぴったりなので、
    燕子花の生花一種生です。
    稽古に行っていないのに出したら、
    先生に叱られるかな。
    でもね、
    かきつはちょっと自信があるんですよ。
    これは4月おわりの燕子花、
    背の高い15歳のお嬢さんです。

    いけばなの作品は、生ける人の
    人生経験とともに深みを増すもの。
    意識すれば
    日常の生活も花の修行になります。
    今は稽古に行けなくても、
    日々たくさん勉強して、
    良い花を生けられるようになりたいです。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体一種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)カキツバタ 


    22:19  |  コメント(0)  |  トップへ  |  EDIT
    PREV  | HOME |