05月≪  2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2014'01.31 (金)

    近くで見ても遠くで見ても美しい人

    バラの立花新風体生け花の記事を最近書いていないので、
    1月の最後はこれでしめましょう。
    古い写真ですみませんが、
    京都のいけ花研修所での実技作品で、
    立花新風体という形式です。

    本来の研修期日は秋だったのですが、
    その時は仕事の都合で出席できず、
    クラス変更申請して冬に受講しました。
    まわりにクラスメートがいない、
    とても心細い状況でした。
    幸い、担当教授がとても気さくな方だったので、(その後何度かお会いしています→
    おかげで明るい新風体を生けられたのではないかな~と思います。
    「緊張感と春の予感を感じる」と評価をいただきました。嬉しかったです。

    バラの立花新風体人間ですから、いけるときの気分は
    作品にとても影響します。
    それは作品を見る人にも言えることですね。
    楽しいことがあった人には、花は微笑んで見え、
    悲しいことがあった人には、
    花が泣いているように見えるでしょう。

    ところで、その時人は、
    花をどの位置から見ているでしょうか。
    1枚目の写真は、
    あえてアングルを近く、狭くしました。
    見比べてみてください。


    通常生け花の写真を撮るときは、2枚目のように、全体が写るように撮りますよね。
    床の間の生け花であれば、床縁から50cmくらい離れた畳の上に正座して拝見するもの。
    香りを嗅ぐほど顔を近づけて覗き込むのは、ほんとうは不作法に当たります。
    でも実際の環境では、1枚目のように、近い位置から見ることも多いのではないでしょうか。
    近くで見ても遠くで見ても、枝の重なりや花材の陰影が美しいハーモニーを奏でている、
    そんな花を生けられたら、素晴らしいことと思います。
    そして、
    (物理的視点、精神的視点の両方で)
    近くで見ても遠くで見ても美しい人に、なりたいですね。
    (ちょっと飛躍しすぎかな?)
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)立花新風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)バラ (花材)ヤナギ (花材)サンキライ (花材)ヘリコニア (花材)レースフラワー (花材)パイナップルリーフ 


    23:00  |  コメント(12)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'10.05 (金)

    立花新風体 つるうめもどき

    立花新風体 つるうめもどき
    写真は、京都のいけばな研修所の最後の年の秋の作品です。
    自分の作品の写真をブログに載せ、つたない屁理屈を書き付けて、
    いけ花に対する思慕のはけ口として、こんな手慰みを1年以上続けてきました。
    それを美しいと言ってわざわざPCを開いて見に来てくださる方がいて、
    実物はもっと美しいだろうと言ってくださる方までいて。
    なんて幸せなこと、ありがたいことです!
    初めていただいたコメントも、いけ花の記事を載せた時だったように覚えています。

    先月、先生からお誘いのあった花展出瓶について、私は1ヶ月間も迷っていました。
    迷っている様子 → 9月7日の記事「ハスの生花新風体」
    ①一番大きなネックは体力の問題。
     今の私は難病を抱えているので、周りに少なからず負担を掛けてしまいそうです。
    ②身体が弱っているとそれなりの花しかいけられないから、機会がもったいない。
     それは取り越し苦労ではなく、経験から学んだ現実です。
    ③どちらかと言えば、今は自分がいけるより人に教えたい。
     ただこれはもう、会員さんが来てくれなければ始まらないこと。
     地理的不利も、不景気の向かい風も、広報活動における体力的弱点も、
     神様のお情けにすがるしかありません。(笑)

    1ヶ月じっくり考えた結果です。
    ①この次のチャンスはもう来ないかもしれない。
    ②写真はいけ花作品のすべてを写してはいない。実物に勝るものはない。
     草花の生気、作品の奥行き、当日の気候など。
     カメラが写し撮れない部分に、重要な要素がいっぱい詰まっています。
    ③主役は自分ではない。いけ花は「自分が何をいけたいか」以上に、
     「見る人に何をいけて差し上げたいか」が大切な、おもてなしの文化であること。

    出瓶することに決めました。
    いただいた温かい励ましに、心から感謝いたします。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)立花新風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ツルウメモドキ (花材)ミラ (花材)カラテア (花材)クルクマ (花材)ヘリコニア (花材)ゲイラックス 


    23:00  |  コメント(18)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'06.01 (水)

    青いガラスの花器

    立花新風体 青いガラスの花器(拙作)この花器、すてきでしょう?
    青いガラスの水盤です。
    日の光が入るお部屋では、
    夕闇直前の碧空あおぞらの碧あお
    ランプの下では深海のブルーです。

    とても大きいので、水を張ると、
    私にはもう持ち上げられません。
    でも大好きで、よく使います。
    (今後も時々出てきますよ。

    この花器自身が、とてもはっきりとした主張を持っているので、
    どういうテーマでお花を生けようか、制作意図の設定に迷っているときは、
    こういう花器の力にとても助けられます。「花器からの発想」というやつですね。

    このいけばなは、立花新風体です。
    紺碧の水面をたっぷり見せたくて、全体に低く生けました。
    花材は、メリー(緑色のもこもこ)、紫陽花(薄緑色)、
    燕子花(紫色)、桔梗(白色)、ラークスパー(青色)、河原撫子(ピンク)。

    池坊の3つの様式のうち、
    立花には当代宗匠の発表された『立花新風体』という様式があり、
    これは、一定の規矩の中でも、創作の自由がかなり許されているので、
    生けていて本当に楽しいです。花材の取り合わせも自由。
    すばらしい花器と美しいお花たちに贅沢に遊ばせてもらう。という感じかな。

    メリーの途中に紫陽花の花がいちりん、飛んでいるのがわかりますか?
    こういうのも、立花新風体ならではの遊び心ですよ
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)立花新風体 (花器)ガラス (花留)剣山 (花材)メリー (花材)キキョウ (花材)カキツバタ (花材)アジサイ (花材)ラークスパー (花材)ナデシコ 


    17:38  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。