03月≪  2017年04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫05月
    いけばな

    2012'06.19 (火)

    フラワーカクテル(自由花)

    フラワーカクテルもしかしたら
    「きれい」と「おいしい」は
    限りなく近いのかもしれない。
    「楽しい」と「嬉しい」だって
    大差無いような気がする。

    おいしいものを見て不愉快になる人は
    めったにいないだろうから、
    より多くの人に愉快な気分に
    なってもらうには、おいしそうなものを
    並べて見せるのが、手っ取り早い。

    という理念で、京都の研修所でこんな花をいけました。暑い季節でしたから。
    アクリルアイスをたくさん入れて、冷たくておいしそうな感じに仕上げました。
    これ、フラワーアレンジメントではありませんよ。れっきとした生け花です。(笑)
    生け花をまだよく知らない人に、上手く説明するのがなかなか難しいのですけど、
    池坊の生け花には、こういうのもあるんです。自由花(フラワーアート)と言います。
    自由花は規矩やルールが無く自由な花。そして花を生かしてあれば、生け花です。
    ただし造形作品は、見た人の心を なにがしか ゆり動かしてこそ意味のあるもの。
    例えば前衛芸術であれば、見て嫌悪感を感じるのもひとつの効果ですが、
    生け花芸術は、できれば快い感動で、多くの人の共感を得たいものです。

    この花がどこかのカウンターの隅にでも置いてあって、だれかの目に触れたとき
     ちょっと涼しく感じてもらえたなら。
     待ち時間を少しでも、短く感じてくれたなら。
     汗が引いて、おなかがキュウと鳴ったなら。
    それで作者冥利に尽きる言うもの。題名も能書きも名札も不要です。
    どうでしょう、これをあなたの傍に置きたいと、感じていただけたでしょうか?

    関連記事:
    7月の花 7月の花
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)自由花 (花器)プラスチック (花留)その他 (花材)バラ (花材)アジサイ (花材)ポトス (花材)サンキライ (花材)センニチコウ (花材)フトイ 


    18:00  |  コメント(25)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.11 (日)

    黒い花の魅力

    チョコレートコスモスの自由花昨夜の皆既月食をご覧になりましたか?
    満天の星空にダークレッドの月が
    とても怪しげに浮かんでいました。

    先日、ある方から「黒い花」の
    リクエストをいただきましたので、
    予定を変更してこれを載せました。
    チョコレートコスモスの自由花(拙作)です。
    黒い瞳のガーベラ姫。
    クリスタルの城、ベルベットのドレス。
    脇を固める強者の侍女たち。
    黒いチョコレートコスモスは、
    作品をきゅっと引き締めてくれます。

    黒百合、黒いクリスマスローズやチューリップ。
    黒い花はきりりとした気品と共に、
    どことなく、危険な魅力を宿していますよね。
    でも現在、本当の意味の黒い花は、存在しません。
    黒っぽく見える花は、よく見ると実は濃紫や濃紅。
    植物はメラニン色素を持つことができないので、
    真っ黒な花は存在し得ないのだそうです。

    昔「ラ・セーヌの星」というアニメがありました。
    フィクションですが、マリーアントワネットが、
    黒バラを縫い付けたドレスの美しさで、ライバルに勝つという一話がありました。
    すでに地位も名誉もあるフランス王妃が、美しさでも人の上に立ちたいと願い、
    花屋の一家を不幸に突き落としてしまうお話です。

    NHK人形劇では、死の商人ランカーに仕える 美人秘書ヘドロ が歌っていました。
      ♪私はヘドロ 世界で一番いい女 好きな色は赤と黒 
       レッド&ブラック 赤は血の色 黒は罪の色 オレィ♪
    (ちなみに、ヘドロは女を磨くために、茶道と華道をたしなんでいるそうです。)

    やっぱり悪のイメージの強い黒。
    でも、ちょっと待って。
    この女性たち、明確な夢を持ち、並外れた向上意欲とけなげな努力、
    とてもチャーミングなキャラクターではありませんか?
    いけばな フラワーアレンジメント はな 花 フラワー 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)ガラス (花器)プラスチック (花留)その他 (花材)ガーベラ (花材)チョコレートコスモス (花材)スイセン 


    12:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'11.01 (火)

    カクテル マム

    こんなのはいかがでしょう。カクテルマム
    「カクテル マム」 菊の自由花(拙作)です。

    10月5日、旧暦の重陽の節句に生けた菊の花。
    約1ヶ月の間、黄金色の花弁を徐々に開き、
    大輪の花が高貴な香りを放ってくれました。
    昨夜くらいから葉の色艶が鈍くなって、
    水を吸い上げる力が弱ってきたようです。
    そこで思い切って茎を短く切り、
    カクテルグラスに入れてみました。
    これでまた、2、3日は楽しめます。
    グラスはアクリル製で1個100円。
    あれば、ライムポトスを添えるともっときれいね。
    千両の赤い実をパラパラ乗せても楽しいかな。

    菊は丈夫で扱い易く、とても良い花材。
    いけばなの稽古に使って、相当傷んでしまっても、
    水切りすれば、翌日にはまたしゃんとした姿を見せてくれます。
    小手捻り、押し倒し、サバ折り、うっちゃり。
    いつも、私の乱暴な稽古の相手をしてくれてありがとう。
    (何の稽古でしょう???)
    最後まで、ちゃんときれいに飾ってあげるからね。

    「菊」の学名はChrysanthemum morifolium
    Chrysanthemum(クリサンセマム)=「菊属」の意味。
     ギリシャ語の「chrysos anthemon(黄金色の花)」が語源です。
    最近は省略形mum(マム)で「菊」を指します。
    「ポットマム」=鉢植えの菊
    「スプレーマム」=放射状に咲く菊
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)自由花 (花器)プラスチック (花材)キク 


    09:00  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'09.08 (木)

    秋は月

    鳥のモビール秋です。
    葛の花、虫の声、空にはきれいな月。

    秋月さん、お元気でしょうか…。

    私が、今のいけばなの先生のところに
    通い始めたとき、彼はその稽古場にいて、
    飛ぶ鳥を落としていました。
    たぶん、ふたつくらい年上。
    お育ちが良いのに、眼光鋭く強気、
    色白で長身、傾いてタバコを吸っていて、
    ちょっと危なげな大学生でした。

    もう時効でしょうから、打ち明けます。
    私、秋月さんが好きでした。
    でも、雲の上の月に、ほのかな片思い。
    彼には私なんか見えてなかった。
    と思います。

    その頃、私に初めて、東京の大きな花展出品の声がかかりました。
    彼は前期、私は後期。
    秋月さんの花は、黒格子の鳥かごの中に、赤いバラが1輪咲いていて、
    周りにスワロフスキーがキラキラ光っていました。
    前期のあまたの作品の中で、彼の花は衆目を独占していました。
    私はそれを見に、会場へせっせと通って疲れてしまい、
    肝心の自分の作品に力を発揮できなかった…。
    生け込み当日は、先生に全部いけ直していただく始末。
    おまけに、帰り道は先生の自動車の助手席で眠りこけてしまい、
    気がついたら自宅前。(先生のご自宅と私の自宅は、50㎞離れています。)
    なんという大失態!!

    秋月さんは、大学を卒業すると外資系の会社に就職し、音信不通になりました。
    憧れて見ていただけの私も、連絡先など知らないから、それきり。

    でもね。
    私の作品をいくつか見てくださった方には、この話、ピンとくるんじゃないかな。
    自由花のアイデアに詰まったとき、考えるともなく湧いてくるんです。
    こういうものが。
    思い出は昇華されてアイデンティティの一部になるのですね。
    先生がおっしゃっていた
    「年を取らなければ花は生からない。」とは、このことなのでしょうか。
    8月23日の記事「ブロッコリーの湖」

    この自由花(拙作)は、つり花、モビールと言う形態。
    ベースの鳥の部分もPPシートで自作です。(鳥かごは既製品)
    私の白い鳥かごは、扉が開いています。
    鳥は自由になって、自分の空を探しに飛んでゆきます。
    いけばな 花 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)自由花 (花器)プラスチック (花留)オアシス (花材)コチョウラン (花材)ポトス (花材)レザーファン (花材)トルコキキョウ (花材)サンキライ (花材)バラ 


    23:50  |  コメント(4)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.29 (日)

    雨に歌えば

    自由花 雨に歌えば(拙作)5月に台風だなんて、まあ!
    今、外はすごい雨が降り始めましたよ。
    恐いくらいですが、こういうときは、
    逆手にとって楽しんじゃいましょう

    雨のしずくがひとつ落ちると、
    花がいちりん生まれる。
    こんな雨だったら、いかが?
    今日のように、すごい雨の翌日は、
    どんなにたくさんの花が咲くのかな~

    写真の自由花のテーマは『雨に歌えば』です。
    花材は、ユーチャリス、紫陽花、ラークスパー、
    モルセラ、オクラレルカ、グリーンアスパラです。
    花器はアクリルシャーレを細工したもの。
    敷板はカラーアクリル板を、大小円形カットしてあります。

    池坊いけばなの様式は、立花、生花、自由花の3種類ですが、
    自由花は特に造形芸術の要素も濃いので、作っていて、楽しくてたまらないです。

    私の場合は、自由花制作のとき、出来合いの花器はほとんど使いません。
    ひと様の心のこもった花器では、私には自由な創作が難しいと感じるから。

    これを作っている間、ずーっと私の頭の中に、
    『雨に歌えば』のメロディがぐるぐる流れていましたよ。
    ほら、聞こえますか?
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)自由花 (花器)プラスチック (花留)その他 (花材)ユーチャリス (花材)グリーンアスパラ (花材)モルセラ (花材)オクラレルカ (花材)アジサイ (花材)ラークスパー 


    18:02  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.07 (土)

    自由花 てっせん

    自由花 てっせん(拙作)いつもの散歩道の途中に、
    てっせんがきれいに咲く家があります。
    これからの季節は、
    道沿いのお宅の、お庭の花が楽しみです。
    いけばなでは「花は足で生けろ」と教わりました。
    自分で歩き回って、咲いている姿をよく観察すること。
    生態や風情を知る重要な勉強です。

    切花のてっせんは、水揚げが難しい花材です。
    切口に塩をもみこむのもひとつの方法。
    仙人から伝授された秘策がいくつかあります。
    花材を、命あるものとして慈しむ、技術の勉強です。

    この自由花は、京都の研修で生けたもの。
    「自分で決めたテーマを
    いかに説得力を持って作品に表現できるか」
    という課題の実習でした。
    植物という素材を通して表現をする勉強。
    私が掲げたこの作品のテーマが、わかりますか?
    うふふ。
    わかってくれるとうれしいなあ。漢字一文字です。

    明日3時ころ発表します。


    追記(5月8日15:00)
    それでは答えです。
    「光」でした。
    なーんだ期待はずれ?ゴメンなさい。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)自由花 (花器)プラスチック (花留)オアシス (花材)テッセン (花材)オクラレルカ (花材)アスチルベ 


    17:20  |  コメント(0)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME |