05月≪  2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫07月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2015'01.05 (月)

    謹賀新年

    お正月の自由花(拙作)初春のお慶びを申し上げます。
    健康で、安全で、平穏な1年でありますように。
    皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


    12月26日にお正月の花のお稽古をしました。
    私も生徒と一緒に初心に戻り、
    基本的な花材の取り合わせが、
    かえって新鮮で楽しかったです。
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)マツ (花材)シンビジューム (花材)センリョウ (花材)ヤナギ (花材)スイセン 


    17:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2014'01.31 (金)

    近くで見ても遠くで見ても美しい人

    バラの立花新風体生け花の記事を最近書いていないので、
    1月の最後はこれでしめましょう。
    古い写真ですみませんが、
    京都のいけ花研修所での実技作品で、
    立花新風体という形式です。

    本来の研修期日は秋だったのですが、
    その時は仕事の都合で出席できず、
    クラス変更申請して冬に受講しました。
    まわりにクラスメートがいない、
    とても心細い状況でした。
    幸い、担当教授がとても気さくな方だったので、(その後何度かお会いしています→
    おかげで明るい新風体を生けられたのではないかな~と思います。
    「緊張感と春の予感を感じる」と評価をいただきました。嬉しかったです。

    バラの立花新風体人間ですから、いけるときの気分は
    作品にとても影響します。
    それは作品を見る人にも言えることですね。
    楽しいことがあった人には、花は微笑んで見え、
    悲しいことがあった人には、
    花が泣いているように見えるでしょう。

    ところで、その時人は、
    花をどの位置から見ているでしょうか。
    1枚目の写真は、
    あえてアングルを近く、狭くしました。
    見比べてみてください。


    通常生け花の写真を撮るときは、2枚目のように、全体が写るように撮りますよね。
    床の間の生け花であれば、床縁から50cmくらい離れた畳の上に正座して拝見するもの。
    香りを嗅ぐほど顔を近づけて覗き込むのは、ほんとうは不作法に当たります。
    でも実際の環境では、1枚目のように、近い位置から見ることも多いのではないでしょうか。
    近くで見ても遠くで見ても、枝の重なりや花材の陰影が美しいハーモニーを奏でている、
    そんな花を生けられたら、素晴らしいことと思います。
    そして、
    (物理的視点、精神的視点の両方で)
    近くで見ても遠くで見ても美しい人に、なりたいですね。
    (ちょっと飛躍しすぎかな?)
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)立花新風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)バラ (花材)ヤナギ (花材)サンキライ (花材)ヘリコニア (花材)レースフラワー (花材)パイナップルリーフ 


    23:00  |  コメント(12)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2014'01.01 (水)

    慶びが幾重にも

    南天と水仙の生花

    初春のお慶びを申し上げます。

    南天と水仙の生花二種生(拙作)です。
    紅白の彩りが祝儀の席にふさわしく、
    年賀の床の間を飾る花として、オーソドックスなとりあわせのひとつです。
    南天の花言葉は「私の愛は増すばかり」「良い家庭」。
    また南天(ナンテン)は「難を転ずる」に通じ、とても縁起の良い植物です。

    実は、昨年のお正月も同じとりあわせでした。
    理解をより深めようと、今年もあえて同じ花材を選びました。
    確かに理解は一歩前進しましたが、でも新たな疑問も湧いてきて、
    興味はますます募り、実に奥の深い花材であると思いました。
    こういう様式美を創りあげた先人のセンスに、感服するばかりです。
    昨年の作品 → 平成25年1月1日の記事「言祝ぎの花」

    たわわに実った南天を贅沢に2本使い、葉は整理せず重なるままにかませ、
    実り多く慶事の重なる良き1年であれと、願いを込めました。
    皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体二種生 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ナンテン (花材)スイセン 


    06:00  |  コメント(18)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2013'02.12 (火)

    椿の自由花(支部花展作品)

    椿の自由花春は名のみの風の寒さよ~♪
    というか、まだまだ真冬ですよねぇ。
    おはなは、寒いのが大の苦手。(暑いのもね)
    ですが、小鳥たちは春を感じているらしく、
    やっと咲きはじめた梅の小枝で、
    ちっちっちって、かわいい声で歌っています。
    近辺の山にも、真っ赤な美しいヤブ椿が
    ほろりほろりと、ほころび始めたところです。

    毎年、椿を見ると思い出す、いけばな作品。
    かなり前の、支部花展出瓶作品(拙作)です。
    写真を眺めていると、花材調達や制作の苦労を
    昨日のことのように思い出します。

    だって見てくださいよ、たったこれだけの作品を生けるために、用意した花材は、

    椿の自由花(花材) こ、この量ですよ!

     ツバキ 白 20本
     グロリオーサ 赤 20本
     アナナス 赤 6鉢
     チョコレートコスモス 黒 4鉢




    田舎では、花屋さんに花材の別注をするには、最小単位が20本でしたから。
    師匠は都会にお住まいで、私のその苦労はまったくご存じなくて、
    「ああ、ここに○○の花があるといいね。」と、いとも簡単におっしゃるのです。
    それをがんばって次の稽古までに用意しても、師匠のダメ出し何十回受けたことか。
    で、大枚はたいて用意したその花材は、他の人の作品に流用されちゃうのですよね。
    思い出してもため息が出ちゃうわ。
    それでもなお、ついて行きたいと思う、すてきな師匠だったんですけどね。
    若いときに、没頭できるものがあるのは幸せなことです。

    椿の自由花(おまけ) おまけの写真。
     元気いっぱい、情熱いっぱい。
     いっぱいいっぱい(笑)だった頃を思い出すなぁ。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)自由花 (花器)金属 (花留)その他 (花材)ツバキ (花材)アナナス (花材)グロリオーサ (花材)チョコレートコスモス (花材)フトイ 


    23:00  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2013'01.01 (火)

    言祝(ことほぎ)の花

    南天と水仙の生花

    初春のお慶びを申し上げます。
    本年もどうぞよろしくお願いします。

    今年最初のいけばなは、南天と水仙の生花二種生(拙作)です。
    紅白の彩りが祝儀の席にふさわしく、
    年賀の床の間を飾る花として、代表的なとりあわせのひとつです。
    南天の花言葉は「私の愛は増すばかり」「良い家庭」。すてきでしょう?
    また南天(ナンテン)は「難を転ずる」に通じ、とても縁起の良い植物です。

    こういう語呂合わせ、くらしの中にもけっこうありますよね。
    スルメイカ(寿留女烏賊)のことをアタリメ(当たり目)と言ったり。
    葦=アシ(悪し)をヨシ(良し)と読んだり。
    黒豆(まめに暮らす)昆布(よろこんぶ)鯛(めでたい)など縁起を担ぐお節料理も。

    ただの駄洒落ではありません。
    日本は古来「言霊の幸はふ国(コトダマノサキワウクニ)」
       (言葉の霊力が幸福をもたらす国という意味)
    「声に出した言葉は現実の事象に影響を与える」と神道では考えるそうです。
    物事を良いほうに解釈して声に出すことで、
    その幸せを自分の方に引き寄せる力が、日本語にはあるのです。
    嬉しいときや楽しいこと、感謝の言葉を、今年もどんどん声に出して参りましょう!
    生け花 いけばな 生花 活け花 イケバナ 花 華 はな ハナ フラワー 華道 茶華道 アレンジメント 花活け 花生け はないけ 花器 花瓶 おはな
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体二種生 (伝書)生花別傳 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ナンテン (花材)スイセン 


    06:00  |  コメント(20)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'10.21 (日)

    花展のためのお稽古

    ベコニアの生花花展のためのお稽古です。でも、まだこれでは
    花に気が宿るところまでは達してませんね。
    素材も形もこれは本番のものではありません。
    遠方からお金と時間を掛けて来てくださるお客様にお見せするには、これでは迫力不足です。

    ちょっとうれしい知らせがありました。
    花展いけこみ当日は、現支部長と、
    師匠の甥御さんがついてきてくれるそうです。
    お二人とも師匠の若いときからの愛弟子で、
    姉弟子、兄弟子、と呼ぶのも憚られるほどの
    大先輩、すでに有名な先生です。鬼に金棒。
    どっちが鬼だか金棒だか、わからない。(笑)
    おまけに京都研修所時代の仲間も、手伝いに
    入ってくれると言うので、もう私は席札を持って
    突っ立っていればOKかも?(それはウソ)
    「チームおはな」の作品 みたいな感じですね。
    なんだかとっても楽しくなってきました。

    大いなる安心。
    でも、ここであぐらを掻いちゃあ女がすたる!がんばりますよォ~。
    どれだけ人を魅了するお花をいけられるか、私の一世一代のステージです。
    花展 いけこみ 出展 出瓶 いけばな いけ花 池坊 華道 お稽古 アレンジメント 花 フラワー 花器 花瓶 生花
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花新風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ベコニア (花材)シャガ (花材)リュウココリーネ 


    23:00  |  コメント(12)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'01.09 (月)

    苔木(コケボク)

    木苔●●●冬来たりなば春遠からじ●●●
    今日のお散歩。ほら、桜の莟が見えますか?
    あれれ?桜の木が病気かな?
    幹にへばりついてるこれ、なんでしょう?

    これはね、「木苔(キゴケ)」という地衣類。
    茨城県以南の太平洋側の、
    低山地の木の幹や岩などに着生し、
    水分や養分は空気中から取り入れています。
    二酸化硫黄濃度に敏感で、大気汚染が進むと
    生育できないので、空気がきれいかどうかの
    指標植物にもなっているんですよ。

    おはなが住んでいるのは房総丘陵のがけっぷち。
    太平洋の黒潮から暖かく湿った海風が、九十九里平野を駆け上がり
    房総丘陵にぶつかって強い上昇気流が生まれ、雲が湧きます。
    湿度の高い空気が吹き付けて、いろんな木にびっしり木苔が生えます。
    (今日の採れたて写真です。クリックすると少し大きく見られます。)
    梅→梅の木苔 杉→杉の木苔 ツツジ→ツツジの木苔 石にも!→石の木苔

    立花の練習♪さざれ石の巌となりて苔のむすまで♪
    「苔が生える」とは実は永く在る物に対する羨望の言葉。
    いけばなの世界でも、苔はとてもおめでたいものです。
    これが着生した枝を「苔木(コケボク)」と呼び、
    主に梅の苔木をお正月の生花に用います。

    私も都会の友人に、取ってきて欲しいとよく頼まれるの。
    場合によっては他の木についている苔をはがしてきて、
    梅の木に針金で縛り付けて使う事もあるんですよ!
    写真はかなり昔の私の作品。習いたての頃の立花です。
    ちょっと恥ずかしい出来ですけど、苔木の参考として。
    左上の方にズボーンと挿してあるのが梅の苔木です。
    今見ると、花材の取り合わせもめちゃくちゃだわ~

    今日、木苔を観察しながらプラプラ歩いていたら、梅の木の剪定に出くわしました。
    まさに棚から牡丹餅。切り落とした大きな枝を、ただでいただきました!
    明日からゆっくり、梅の一種生でも練習しようかな~♡
    上手にいけられたら、またアップしますね!
    こいつぁ春から 縁起がいいわぇ~♪
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)立花正風体 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)ウメ (花材)コデマリ (花材)アイリス (花材)ツバキ (花材)イブキ (花材)コギク 


    23:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'01.01 (日)

    祝いの花「万年青(オモト)」

    生花一種生 万年青(拙作)
    初春のお慶びを申し上げます。
    皆様、今年も元気に参りましょう!!

    写真は、伝花「万年青(オモト)」生花一種生です。今、床の間にいけてあります。
    …ってことは?そうです!やっと!!念願のお稽古に行ってきましたよ~!!!
    懐かしい友達や先輩にも会えたし、大好きな先生も とってもお元気そうでした♡
    「気構えずに、体調の良い日は、時々おいで。」
    と言って下さったので、甘えちゃおうかな~。

    万年青 「陰の実にして至って祝儀にすべき物なり」  生花七種伝より

    万年青は、陰の季の実として、この上なくおめでたい植物。
    (「陰の季」の説明はこちら→12月22日の記事「立花 水仙一色」
    その草姿が、子供たち、若夫婦、親夫婦、年寄夫婦をあらわしており、
    家系が絶え間なく相続されて、代々栄える様子を彷彿とさせるからです。
    万年青は、正月、結婚式、新築・引越しの 祝いの花として品・格とも最高位。
    お友達や親戚のお祝い事に、ぜひ生けてさしあげてください。喜ばれますよ~!

    私のお正月のいけばなは、いつもこれ。斑の無い「大宗冠(タイソウカン)」。
    斑入りの「都之城(ミヤコノジョウ)」も綺麗だけど、大宗冠の方が上位です。
    今回、葉が14枚と実が2個付いて4200円でした。
    高価な花材なので、少しでも長持ちするように石穴で生けています。→石穴
    なぜか解りませんが、経験上、剣山で生けるよりずっと長持ちします。

    明日は、初詣。初売りと初夢宝くじを買いに行きますよん。
    我が家の平穏と、東北と日本の元気回復、世界平和をお願いしてきます。
    ちと欲張りかな?声と話はでっかいほうが、神様の耳に届くかと思って。

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)生花正風体一種生 (伝書)七種傳 (花器)陶器 (花留)石穴 (花材)オモト 


    07:00  |  コメント(12)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.29 (木)

    赤い実はめでたい!

    十両お正月に床の間に飾るいけばなは、千両。
    玄関に置く鉢植えは、万両。 赤い実が美しく、
    呼名も、おめでたい感じがしますよね。
    どちらも浅い山地に育ち、赤い実を付ける低木。
    赤い実は、鳥が空からでも見つけやすくて、
    食べると種子は消化されずに糞に混ざり、
    広範囲にばら撒かれて芽を出します。
    子孫繁栄の意味からもお芽出たい植物です。

    厳冬季、おなかの空いた野鳥たちは、
    この実が熟するタイミングを知っているらしく、
    玄関に置いた鉢植えに たわわに実った千両が
    ある朝突然、30分で丸坊主にされちゃいました。
    周りには、たくさんの置土産。
    翌日、葉牡丹も食べ散らかされて、また置土産。
    きっと小鳥たちには、素敵なレストランだったのでしょうね。葉牡丹

    じゃあ、十両や百両って知ってます?
    昨日、父と山へ行き、写真を撮ってきました。
    最初の写真が、十両=藪柑子(ヤブコウジ)です。
    女性の居室の襖絵のモチーフとして、昔からよく描かれています。
    8月31日の記事「露草」のバックの襖絵は「露芝に藪柑子」。
    十両のある林
    数年前の花展出瓶の際、「野山で調達した花材のみでいける」
    というテーマで、花材を求めて冬の里山を探し回りました。
    荒れ放題の竹林や、忘れ去られた梅林で花材を採取し、
    杉の倒木の影に、この十両を見つけました。
    木留に使って、野趣に富んだ立花を生けることができましたよ。

    万両=藪(ヤブタチバナ)
    百両=唐(カラタチバナ)
    十両=藪子(ヤブコウジ)
     ①これらは、どれも葉の形が柑橘類に似ています。
     ②柑橘類は、古来、不老不死のおめでたい果実とされてきました。
     ③柑橘類に似た葉を持つこれらの植物にも、おめでたい印象が付き、
     ④おめでたい植物だから、更に「一万両」なんて景気の良い呼名が付き、
     ⑤ますます縁起物として珍重されるようになったのです。
    いやぁ、めでたし!めでたし!!

    さて次回は?
    赤い実のなる、めでたい植物の最高峰、伝花「万年青(オモト)」の予定です。
    お楽しみに!

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花材)ヤブコウジ 


    01:00  |  コメント(9)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.22 (木)

    立花 水仙一色

    立花 水仙一色(拙作)今日、12月22日(旧暦11月28日)は冬至。
    北半球では1年で一番、昼間が短い日です。
    カボチャの煮物を食べ、
    ゆず湯につかって、健康を願いましょう。

    冬至・夏至は年により日付が変わります。
    国民の祝日である春分・秋分の日も、
    同じように日付が変わるのはご存知ですよね。
    夏至・冬至、春分・秋分は「24節気」のひとつ。
    太陽からみた地球の位置を24分割して、
    洒落た名称をつけたもの、これが24節気です。
    地球は太陽の周りを楕円軌道で回っていて、
    しかも月や金星などの引力の影響を受けたり、
    地球の1年がきっちり365日でないこともあり、
    24節気と暦の日付が多少ずれるのです。
    (これらは図にすると解りやすいのですが…。)

    24節気「陰の花 水仙に限る(インノハナ スイセンニカギル)」
    この言葉は前にもご紹介しました。
    12月7日の記事「生花一種生 水仙」
    12月16日の記事「生花一種生 水仙3本」
    さて、この「陰(イン)」とはなんでしょうか?

    まず「陰の季(インノキ)」とは、簡単に言うと、
    冬至の前後3ヶ月ずつ、6ヶ月間のことを言います。
    秋分から春分の前日(節分)までです。
    平成23年9月23日~3月19日(旧暦8月26日~2月27日)
    赤道の北側では、秋分の日から昼より夜の方が長くなります。
    春分の日から夜より昼の方が長くなります。
    つまり「陰の季」とは、1年間の中で、暗い方半分の期間のこと。

    更に「陰中の陰の季(インチュウノインノキ)」があり、
    冬至の前後1.5ヶ月ずつ、3ヶ月間のことを言います。
    立冬から立春の前日までです。
    平成23年11月8日~2月3日(旧暦10月13日~1月12日)
    ほらね!水仙が一番美しい季節とみごとに重なっているでしょう?
    「太陽が日本からもっとも遠くて寒い3ヶ月間に、
     水仙よりすてきな花が他にあるだろうか。
     (だからこの季節には水仙をたくさん飾ろう!)」
    という最上級の讃美の言葉が「陰の花 水仙に限る」の意味なのです。
    (今は寒い国から来た花々が、冬でもきれいに咲いてくれますけどね。)

    この伝書ができたのは江戸時代。日本人はみんな旧暦で生活していました。
    旧暦1月12日ころ(立春前日)を過ぎたら「残花」と呼んで、
    もう季節はずれの水仙を、あまり単独では生けません。
    と言うことは、新暦で言えば、
    2月3日ごろ(立春前日)まではいけて良いってことですよね?
    しかし新暦に変わった現在でも、1月後半になって
    水仙の一種生を盛んにいける人は、私の周りには、あまりいません。
    「陰の陰の季(1月12日ごろまで)にもっとも美しい花である」
    という伝書の文言を尊重し、
    暦が旧から新に変わっても、たとえ庭で綺麗に咲いていても、
    あえて1月後半には水仙を単独でいけないのが、ツウ。
    それは、伝承を未来につなぐ、現代華道人の心意気です。(と思います。

    写真は、一昨年の冬至の日にいけた 立花 水仙一色(拙作)。
    冬至の今日は、水仙の花をいけるに もっともふさわしい日ですよ!

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)スイセン (花材)シャガ (花材)キク 


    01:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME |  NEXT
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。