07月≪  2017年08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫09月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'04.30 (月)

    著莪(シャガ)の花

    シャガの花畑の隅に著莪(シャガ)の花が咲きました。
    きれいな薄紫色!これは一昨年の秋、
    近くの山から取ってきて植えたもの。
    今、3株咲いていますので、どうやら
    この土地を気に入ってくれたようです。
    山の植物は土質や気候が合わないと
    1年で消えてなくなってしまいますから。

    シャガは、いけばなでよく使う花材です。
    この花と葉だけで、涼やかな生花一種生に。
    また、美しい艶のある葉を他の花材に添えると、
    作品がきゅっと締まって、たいした名脇役です。

    昭和初期の池坊の重鎮 後藤春庭先生の
    著書「四季草木の生け方 上巻」には、
    春の野山の植物でいけた、すばらしい作品図といけ方解説があり、
    著莪の生花一種生(シャガノショウカイッシュイケ)も載っています。後藤春庭著
    また、立花の大家 大島立容先生の著書「池坊立華割稽古」には、
    シャガの葉の、自然で美しい切り方が、詳しく描かれています。

    シャガの葉の切り方は、簡単に見えて、とても奥深いものです。
    私も昔、師匠から「切れない花鋏で切ると良い」と教わりましたが、
    いまだにその真髄はつかめません。
    いつかは、上手に切れる日が来るのでしょうか。
    右の写真は、立花燕子花一色にシャガを入れた私の作品。立花 燕子花一色(拙作)
    これからはシャガを山へ取りに行かなくても、畑の隅でどんどん
    増えていくでしょうから、練習が頻繁にできそうです。うれしいな。

    「先生、シャガの葉の切り方を教えてください。」
    ある時、私の師匠の兄弟子が、その上の老師に伺いました。
    老師はたいへんご機嫌よろしく、こう答えられたそうです。
    「よろしい。お弁当を持って3年通っておいでなさい。」
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)カキツバタ (花材)コオホネ (花材)シャガ 


    23:00  |  コメント(16)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'12.22 (木)

    立花 水仙一色

    立花 水仙一色(拙作)今日、12月22日(旧暦11月28日)は冬至。
    北半球では1年で一番、昼間が短い日です。
    カボチャの煮物を食べ、
    ゆず湯につかって、健康を願いましょう。

    冬至・夏至は年により日付が変わります。
    国民の祝日である春分・秋分の日も、
    同じように日付が変わるのはご存知ですよね。
    夏至・冬至、春分・秋分は「24節気」のひとつ。
    太陽からみた地球の位置を24分割して、
    洒落た名称をつけたもの、これが24節気です。
    地球は太陽の周りを楕円軌道で回っていて、
    しかも月や金星などの引力の影響を受けたり、
    地球の1年がきっちり365日でないこともあり、
    24節気と暦の日付が多少ずれるのです。
    (これらは図にすると解りやすいのですが…。)

    24節気「陰の花 水仙に限る(インノハナ スイセンニカギル)」
    この言葉は前にもご紹介しました。
    12月7日の記事「生花一種生 水仙」
    12月16日の記事「生花一種生 水仙3本」
    さて、この「陰(イン)」とはなんでしょうか?

    まず「陰の季(インノキ)」とは、簡単に言うと、
    冬至の前後3ヶ月ずつ、6ヶ月間のことを言います。
    秋分から春分の前日(節分)までです。
    平成23年9月23日~3月19日(旧暦8月26日~2月27日)
    赤道の北側では、秋分の日から昼より夜の方が長くなります。
    春分の日から夜より昼の方が長くなります。
    つまり「陰の季」とは、1年間の中で、暗い方半分の期間のこと。

    更に「陰中の陰の季(インチュウノインノキ)」があり、
    冬至の前後1.5ヶ月ずつ、3ヶ月間のことを言います。
    立冬から立春の前日までです。
    平成23年11月8日~2月3日(旧暦10月13日~1月12日)
    ほらね!水仙が一番美しい季節とみごとに重なっているでしょう?
    「太陽が日本からもっとも遠くて寒い3ヶ月間に、
     水仙よりすてきな花が他にあるだろうか。
     (だからこの季節には水仙をたくさん飾ろう!)」
    という最上級の讃美の言葉が「陰の花 水仙に限る」の意味なのです。
    (今は寒い国から来た花々が、冬でもきれいに咲いてくれますけどね。)

    この伝書ができたのは江戸時代。日本人はみんな旧暦で生活していました。
    旧暦1月12日ころ(立春前日)を過ぎたら「残花」と呼んで、
    もう季節はずれの水仙を、あまり単独では生けません。
    と言うことは、新暦で言えば、
    2月3日ごろ(立春前日)まではいけて良いってことですよね?
    しかし新暦に変わった現在でも、1月後半になって
    水仙の一種生を盛んにいける人は、私の周りには、あまりいません。
    「陰の陰の季(1月12日ごろまで)にもっとも美しい花である」
    という伝書の文言を尊重し、
    暦が旧から新に変わっても、たとえ庭で綺麗に咲いていても、
    あえて1月後半には水仙を単独でいけないのが、ツウ。
    それは、伝承を未来につなぐ、現代華道人の心意気です。(と思います。

    写真は、一昨年の冬至の日にいけた 立花 水仙一色(拙作)。
    冬至の今日は、水仙の花をいけるに もっともふさわしい日ですよ!

    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)冬 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)スイセン (花材)シャガ (花材)キク 


    01:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'07.27 (水)

    燕子花の夏花

    カキツバタの夏花今日、燕子花の夏花が咲きました。
    え?燕花子の旬って、5月じゃない?

    そう、5月から6月にかけて、美しい
    花をたくさん見せてくれた、
    あの燕子花(カキツバタ)たち。
    ひとつの苞から、つぼみが次々に出てきて、
    6月には、2番花どころか
    4番花まで咲いたのもありましたよ。
    5月15日の記事「燕子花の2番花」
    その後、梅雨も終わって
    しばらくは花が休憩していました。
    燕子花のプランターを庭から畑に移して、
    お礼の肥やしをたっぷりやって、
    お芋が太るように、乾燥ぎみに管理していました。
    ところが先週、台風6号が、ゆっくりゆっくり移動して雨が長く続きましたよね。
    それで、またプランターの水位が上がり。

    たいへんだ たいへんだと咲く 燕子花

    燕子花の生態について → 5月9日の記事「生花一種生燕子花」

    立花 燕子花一色(拙作)燕子花の夏花は春花のように、
    すくすくと素直な姿ではありません。
    花の茎がくねっていたり、
    葉の先がぐるぐる巻いていたり、
    とても変化があります。
    だから、生けるのが難しいけれど、
    その分おしゃれな生花になりますよ。
    また、春より葉が硬いので、
    ワイヤーを通しても切れにくく、
    立花にも向いていますね。

    写真の作品は、立花 燕子花一色(拙作)、
    盛夏の表現。先生のお宅でのお稽古です。
    春の作品の写真と比較して見ると、
    雰囲気の違いがわかりますでしょ?
    5月4日の記事「立花 燕子花一色」
    5月の燕子花が「娘盛り」なら、
    7月のかきつは「女盛り」と言ったところでしょうか。
    何度生けても飽きない、本当に魅力的な花です。

    次回は燕子花の「株分けの生花」の予定です。
    カキツバタ関連の記事を全部見るには、ここをクリックしてください
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)カキツバタ (花材)ナルコユリ (花材)シャガ 


    23:55  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'07.11 (月)

    「蓮一色」今週は蓮づくしです!

    蓮一色梅雨が明けたので
    今週は「蓮」づくしにしようかな~
    と思っていたら、絶妙なタイミングで
    あの、新潟のSさんから、
    「蓮一色」の写真が届きました!
    「お花をいける男性」のイメージ
    で登場してくださったあのSさんです。
    テレパシーが届いたのかな~???
    京都の研修所で、日曜日に生けたそうです。

    Sさんのコメント:
    「専好の蓮一色は直と曲の絶妙な
     バランスがポイントでした!」

    う~ん、のびやかで、すてきな線がでてますね。さすがだな~。
    これはもう、私なんかの解説は不要ですね。
    どうぞゆっくりご鑑賞ください。

    と言いつつ、ひとこと、鑑賞メモ。
    仏前の供華から始まった池坊立花の中で、蓮は特別な意味を持つ存在です。
    「蓮一色」には、
    一瓶のうちに現在・過去・未来を表現する、いかにも仏教的な生け方と、
    他の草を混ぜて、池の自然の風情を表現する生け方があります。
    (それでも「蓮一色」といいます。)
    写真の作品は後者の生け方。ススキやコウホネが入って涼しげですね~。
    「専好宗匠」は、池坊中興の祖と言われる立花の名手。
    その作風を勉強する研修会に、Sさんは参加されたのですね。
    うらやましいな~!!

    次回は私の蓮のいけばな作品です。お楽しみに♡
    ハス関連の記事を全部見るには、ここをクリックしてください
    いけばな 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)金属 (花留)剣山 (花材)ハス (花材)コウホネ (花材)ススキ 


    23:31  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.22 (日)

    紫陽花の季節がやってくる

    紫陽花の立花(拙作)ちょっと気が早いけど、
    紫陽花の立花(拙作)です。
    写真ではわかりにくいのですが、
    ピンクの紫陽花がぐっと前へ出ていて、
    立体感のある、初夏の立花なんですよ。
    立花19ヶ条「牡丹胴」の応用です。
    紫陽花は、たくさんの額花が集まって、
    瑞々しいお菓子みたい。
    色もいろいろ、生けるのが楽しいです。
    私は昔、門標申請するとき、
    雅号を「紫陽花」にしようかと迷いました。

    紫陽花は花もきれいですが、
    4月頃には木物として、
    新芽の美しい枝も生けます。
    水揚げも簡単で、矯めもよく効くので、
    初心者の練習にはうれしい花材。
    小学生のとき、よくこれで生花の稽古をしました。

    私の家の周りの里山には、額紫陽花が自生しています。
    山野草ファンの好きなヤマアジサイも、味があって素敵ですが、
    野生味の強い植物は、植木鉢での栽培がとても難しく、
    我が家では、購入して3年で消えてしまいました。
    湿気があって日当たりが良い、肥えた土地が好きな植物。
    うーん、案外贅沢だなあ。

    最近流行の、白や薄緑色の紫陽花も大好き。
    6月の蒸し暑さを忘れさせてくれる、清涼感がありますね。
    近所に、毎年きれいに咲かせる家があるので、これからの季節が楽しみです。
    園芸種には西洋紫陽花が多いですが、日本古来の
    カシワバアジサイや、ノリウツギも紫陽花の仲間だそうですよ。

    最後にご注意。
    紫陽花には、ごくわずかですが毒があります。
    いけばなに使う植物には、弱毒性のものがけっこうあるんですよ。
    お花を生けた後の、楽しいティータイム。その前に石鹸で良く手を洗いましょうね。

    (予約投稿です。)
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)アジサイ (花材)オクラレルカ (花材)カラー (花材)グラジオラス (花材)ナルコユリ 


    15:00  |  コメント(0)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.12 (木)

    立花19ヶ条 檀のつつじ

    立花19ヶ条いけばなを勉強すると、御家元より、
    立花19ヶ条という伝書をいただきます。
    私の大好きな「燕子花一色」も
    その中に載っている伝花のひとつです。
    ですが、今日は別の伝花の話。

    「檀のつつじ」
    私はまだ生けたことがありません。
    花展でも、めったに見かけなくなりました。
    時代の変遷とともに花材の入手が困難になり、
    最近は解説書でもあまり多くは
    取り上げられていないこの条ですが、
    この季節ならではのモチーフなので、
    私は以前から興味があります。

    幼いころ、家の裏山に、すばらしい山つつじが懸崖で咲いていました。
    私にとって、つつじといえば、小ぶりな花がいっぱいに咲く、あの山つつじです。
    新緑に朱色が映えて、きれいったらなんの、そりゃあ、もう。

    「檀のつつじ」は、江戸時代後期の天保11年、専明宗匠48歳の作品。
    京都北山の檀野山のつつじの景観を立花に写したものです。
    古い図からも、つつじが山を染めて咲き乱れる様が目に浮かびます。
    真に燕子花が入っています。それがまた、私の心をくすぐるの。

    さて、そんなすごいつつじの名所、
    京都北山の檀野山というところを、私は是非見たくなり、
    7年前、5月に京都へ研修に行く機会に、思い立って場所を探しました。

    ところが、これが見つからないのです。
    地図、文献、インターネット。檀、壇、ダン…。現地の観光案内所もわからない。
    江戸時代の話ですから、まあ、今はつつじの名所ではないのかもしれない。
    でも、そういう地名自体が全く引っかからない。なぜだろう???

    唯一、インターネットで
    京都、北山・廃村八丁に「ダンノ峠」なる地名を発見しました。
    しかし、写真から見ると全くつつじの気配もなく、
    かなり体力の必要なトレッキングになりそうなので、この時は断念しました。
    いつかME/CFSが治って体力が戻ったら、行ってみたいなあ。

    ここにかつて鄙びた山村があって、つつじが咲き乱れ、
    仙人の一人がおむすびを食べながら、花をスケッチした姿を想像し、
    その空気を、身に感じてみたいものだと思います。

    ただ、ダンノ峠=檀野山かどうかはいまだ不明。
    壇野山に関する情報をお持ちの方がおられましたら、是非教えてください。
    よろしくお願いします。

    京都北山・廃村八丁についてのHP

    山つつじに似てる  たいへんだ たいへんだ と咲くかきつばた
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (伝書)立華十九ヶ條 


    15:28  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'05.04 (水)

    立花 燕子花一色

    立花 燕子花一色(拙作)燕子花、嗚呼カキツバタ、杜若。
    キャーたまらん稽古行きたい~。

    仙人の弟子はまだ修行が足らないので、
    風の渡るような花を生けられませんが、
    燕子花はそれ自体が魔力を持っているようで、
    魅せられます。ふうう
    (昔の写真なのでちょっと暗いですね。)

    下の方の黄色い花はコウホネ。
    7月頃に水面から5センチくらい
    頭を出して咲くかわいい花です。
    コウホネは水揚げがよくないので、
    いけばな専用のポンプで、切り口から水を圧力注入して生けます。
    ギュッと入れると、ピュッと入って、茎や葉が水でパンパンになります。
    それ以上入れるとはじけて先から水が抜けてしまう、直前で止めるのが腕の見せ所。
    はじけたら、すぐ枯れてしまうからです。はじけなければ5日くらいもちますよ。
    空手で言う「寸止め」?アチョー
    (おはな、昔2年間空手習ってました
    よく育ったカキツバタ  花が光ってるカキツバタ
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)立花正風体 (伝書)立華十九ヶ條 (花器)陶器 (花留)剣山 (花材)カキツバタ (花材)コオホネ (花材)シャガ 


    16:12  |  コメント(8)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。