07月≪  2017年08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫09月
    スポンサー広告

    --'--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ


    --:--  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'07.20 (金)

    なでしこの宝船

    入船
    いけばな池坊の伝書には「三船生方の事(サンセンイケカタノコト)」という項があり、
    「出船(デフネ)」「入船(イリフネ)」「泊船(トマリブネ)」のいけ方が説かれています。
    写真の花形は「入船」。花材は夏櫨(ナツハゼ)と撫子(ナデシコ)。5年前の拙作。
    「入船」は別名「宝船」とも称し、魚を満載して帰って来た船を表現します。
    いかにも荷重たげに船尻を少し下げて、床の間に吊るし、
    受賞や還暦など、人生の成果を寿ぐ、祝儀の席に飾ります。
    反対に「出船」は勢いよく出港する船なので、
    前のめりに舳先を下げ、帆にいっぱいの風を孕むように形作ります。
    入学、就職、結婚など、新たな門出を祝うときにいけます。
    「泊船」は以前に載せましたよね。4月23日の記事「燕子花の生花『泊船』」

    20120720180329.jpg  20120720180329 (1)  20120720180329 (2)
    大和撫子(ヤマトナデシコ)は日本古来の川原撫子(カワラナデシコ)の別名。
    川原撫子は、花びらが薄く細かい裂の入った見るからにたおやかな花です。(左)
    対して、唐撫子(カラナデシコ)はちょっとごっつい感じの、セキチクのこと。(中)
    ナデシコとセキチクとカーネーション(右)は、みなナデシコ科ナデシコ属で親戚です。
    撫子(ナデシコ)の名は、万葉集に「形小さく色愛すべき、愛児に擬す」とあり、
    「撫でたいほど愛しい子」に由来します。可愛いらしい女性=恋人の暗示も。
    奥ゆかしい日本女性の代名詞と思われがちですが、
    花言葉には純愛・無邪気の他、才能・大胆・勇敢 などあります。
    なるほど、なでしこジャパン。お宝を持って揚々と凱旋しますように!
    学校はダメでした。ほんとうは今日「出船」を掲載したかったのですが。
    スポンサーサイト
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)夏 (花型)生花正風体一種生 (伝書)五ヶ條 (花器)竹 (花留)花配り (花材)ナツハゼ (花材)ナデシコ 


    23:00  |  コメント(16)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2012'04.23 (月)

    燕子花の生花「泊船」

    とまりぶね燕子花(カキツバタ)の葉が、すくすくと育って
    こいのぼりの季節に、なんて似合う花でしょう!
    艶やかな紫の花もさることながら、
    この緑色の葉の美しさを賞して
    池坊いけばなでは「葉もの」として扱います。
    つまり葉の扱い方が勝負どころの花材。

    写真の花形は「泊船(トマリブネ)」といいます。
    底の平たい小さい川舟が
    翌朝の出船の希望を抱いて、船待ちする姿。
    帆をおろし、物静かな趣を表す生花なので、
    この季節の燕子花には、ぴったりの花形です。
    新葉はまだ柔らかく腰がないので、いける際にはちょっとした工夫が要り、
    剣山より又木の花配りに、葉をⅤの字に折るように差し込むとしっかり立ちます。

    我が家のカキツバタこれは十数年前の作品。
    泊舟のいけ方については恥ずかしながら経験が少ないので、
    語るほどのウンチクを持ち合わせてはいませんが、
    この植物自身の美しさの前には、何をか言わんやでしょう?
    カキツバタ、あぁ燕子花、杜若。大好き!
    我が家の庭の燕子花も、元気はつらつです。
    今年も楽しい季節が始まりました♡

    ※このページの下の方の「いけばな作品タグ」の(花材)カキツバタをクリックすると、
     昨年掲載した私のカキツバタの作品を、全部見ることができます。

    いけばな アレンジメント 花 フラワー 花器 花瓶 立花 生花 自由花 おはなクラブ 池坊 華道 稽古
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)春 (花型)生花正風体一種生 (伝書)五ヶ條 (花器)その他 (花留)花配り (花材)カキツバタ 


    20:00  |  コメント(14)  |  トップへ  |  EDIT
    いけばな

    2011'11.05 (土)

    生花一種生紅葉(モミジ)の絵

    写真が見つからなかったので、代わりに絵です。生花一種生紅葉のぬり絵

    この絵は、いけばな研究会で配られた
    武藤松庵先生の作品図の白黒プリント。
    これに各自、色鉛筆で色を塗って、
    どこにどんな枝を使うのが正しいか
    描きなさいという課題でした。
    正しい=自然の摂理にかなっているという事。
    簡単に言うと、南側の枝は紅葉が進んで、
    日陰側はまだ緑色が残っている状態です。
    実際の景色と比較するとわかりやすいです。
    10月29日の記事「大学のもみじ」
    大学のもみじの写真は、
    1枚目は南側から見た木の姿で、
    2枚目は北側から見た木の姿です。
    池坊伝書「生花五ヶ條七種傳」には、いろんな植物の
    それぞれの生態に根ざした正しい生け方が明文化されています。
    そこに書かれたとおりに生けられれば、大自然の一部を切り取ってきたかのように、
    床の間や玄関に、清涼な風が渡るいけばなを飾る事が、誰にでもできるのです。
    しかし、伝書は文で書かれていて、絵が載っていません。
    そこで、伝書の文を解釈して、明治の大家の絵に、色を塗る勉強をしたのです。

    結果は70点。
    私のこの色塗りは30%間違っています。
    探していた写真というのは、その後、自分で山から
    楓紅葉(カエデモミジ)を切ってきて、ひとりで練習したものの写真でした。
    あまり自信もなかったので、結果的には、こっちの絵の方でよかったのかな~。

    紅葉の生花は、花材の調達がとても困難な事と、
    紅葉の色づき具合により、生けられる期間が非常に限定されるので、
    今時は、めったに本物を生ける機会がありません。
    それを補完するために、先生が考えてくださった勉強法です。
    良い作品の絵を見て雰囲気をつかみ、どこにどんな枝を使うのか、
    しっかり頭に叩き込んでおいて、どこかの庭園の紅葉の剪定など、
    千載一遇のチャンスにめぐり合ったときに実践します。

    また、「花は足で生けろ」とよく言われますよね。
    紅葉の名所にせっせと自分の足で歩いて行って、美しい紅葉をたくさん見て、
    どこがどういうふうに美しいのか、自分の目でよく見て覚えることが大切。
    (実はいけばなは、体力勝負なんですよ!)

    ≪楓(カエデ)について≫
    先週行った大学にあったのは西洋楓(セイヨウカエデ)、
    葉っぱが大きくて大人の手のひらほどありました。
    カナダの国旗は砂糖楓(サトウカエデ)で、メープルシロップが摂れる木。
    葉っぱがでかくて、独特の形ですよね。
    寺社にあるのは、たいてい、イタヤカエデかイロハモミジ。
    赤ちゃんの手のひらの形容詞として使われるのは、
    この楓の小さくかわいい繊細な葉です。
    カエデ科カエデ属の木には、ものすごくたくさんの品種があります。
    日本人は昔からよほど桜と楓が好きだったらしく、
    古い神社仏閣には、これでもかと言うほど植えられてきました。
    美しい楓紅葉をたくさん見に行ってください。

    ≪紅葉(モミジ)について≫
      楓紅葉(カエデモミジ)=楓の紅葉(カエデのコウヨウ)
      桜紅葉(サクラモミジ)=桜の紅葉(サクラのコウヨウ)
      銀杏黄葉(イチョウモミジ)=銀杏の黄葉(イチョウのオウヨウ)
      草紅葉(クサモミジ)=箒草、エノコロソウ、山芋等、草の紅葉(クサのコウヨウ)
    「紅葉(モミジ)」は、秋になって変色した草木の総称なのです。
    ただし、生花一種生で生けるのは楓紅葉だけです。

    ≪紅葉(コウヨウ)のメカニズム≫
    緑色のクロロフィルが日光不足で減少し、夏の間に蓄積したブドウ糖が紫外線で
      赤色アントシアニンに変化するのが紅葉。
      黄色カルテノイドに変化するのが黄葉。

    あ~、やっぱり長くなっちゃった、紅葉(モミジ)のウンチク。
    と言っても、たいした中身じゃなくてゴメンナサイでした。
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ       FC2ブログランキングへ

    いけばな作品タグ
    (季節)秋 (花型)生花正風体一種生 (伝書)五ヶ條 (花器)竹 (花材)モミジ 


    23:00  |  コメント(2)  |  トップへ  |  EDIT
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。